ウォーターサーバーにカビが生えることがあるのは本当です


ウォーターサーバーには、定期的な清掃が必要となります。その清掃を欠かしてしまうと、カビが生えてしまう恐れがあります。

カビを生やさないためにも定期的な清掃や専門家によるメンテナンスが重要です。カビが生えた状態でウォーターサーバーを使用してしまうと、せっかくの安全なお水が身体にマイナスとなるため注意が必要となります。

安全なお水を飲むためにも説明書通りに清掃を行う様にしてください。メーカーによっては、自動清掃機能が付いているものもあるため、ウォーターサーバーを選ぶ際の参考にしましょう。

ウォーターサーバーには定期的な清掃が大切です

ウォーターサーバーは、気軽にお水が飲めるアイテムとして人気になっています。ウォーターサーバーのボトルを交換するだけで、安全なお水を飲むことができます。

密閉性も高いため、ボトル自体にカビが繁殖する可能性は低いと言われています。しかしウォーターサーバー本体の状況によって、カビが生える恐れがあるため注意しましょう。

カビは、条件が揃うと発生しやすくなると考えられています。そのためカビを生えさせないためにも、まずカビが生える条件を知っておきましょう。

水滴

ウォーターサーバーは、水受けや本体にお水が残ってしまいがちと言われています。そのため水滴が残っている場所では、どうしてもカビが生える環境に陥ります。

温度

カビは20~30度程度の温度で最も生えやすいと言われてます。そのためウォーターサーバーを置く場所の室温を調整することが大切となります。

ホコリ

ホコリの中には、カビなどの菌が多く潜んでいます。そのためホコリが舞っている場所でウォーターサーバーを置けば、ホコリがウォーターサーバーに付着してしまいます。

その結果、ウォーターサーバーにカビが繁殖する恐れがあります。

カビが生えたままのウォーターサーバーは身体に良くありません


カビが生えてしまったウォーターサーバーを使用すると、どんなデメリットがあるのでしょうか。ウォーターサーバーは、安全にお水を飲むためのアイテムです。

しかしカビが生えてしまえば、安全なお水とは言えません。

黒カビ

高温やアルコールでの消毒に弱いため、除菌しやすい菌と言われています。喘息やアレルギーなどの症状を引き起こす恐れがあります。

赤カビ

基本的には、人体への影響は少ないと言われています。しかし赤カビによって、黒カビが発生しやすくなるため注意が必要です。

ススカビ

一年中発生しやすいカビと考えられています。アレルギーを引き起こしやすいカビとされています。

またプラスチックを溶かす働きもあると言われているため、ウォーターサーバー内に発生した場合、さらにお水に悪影響を与える恐れがあるため注意が必要です。

他にもウォーターサーバーに発生しやすいカビは多くあります。カビによって、せっかくの安全なお水も水質を損なう恐れがあるため定期的にお手入れをするように心がけましょう。

ウォーターサーバーは説明書通りの清掃を行いましょう

ウォーターサーバーの清掃は、各サーバーによって異なります。そのため説明書に記載されてある手順通りに行うようにしましょう。

一般的にカビが発生しやすい部位について紹介します。

ボトルの差し込み口

交換時などに水滴が最も付着しやすい部位の一つです。交換時にチェックしていないと、水滴が溜まったままになってしまい、カビの温床になるため注意しましょう。

注水口

お水が出る部位です。外側は、しっかり吹き上げている人が多いですが、つい内側は忘れがちになります。そのため水滴が残っている恐れがあります。

受け皿

お水を出すときに、少しこぼれてしまうなどが起こると、受け皿に水が溜まります。清掃を行わなければ、水が溜まり続け、カビが生えやすい環境が整うため注意が必要です。

これらの部位は、自分での清掃が重要です。ボトルの差し込み口の場合は、ボトルを交換する際に必ず拭くようにしましょう。

また注水口は、毎日拭くことが大切です。最も水滴が残りやすい場所のため、しっかり内側の水分も忘れずに拭き上げるようにしてください。

最後に受け皿についてですが、毎日水滴を拭き取ることも大切です。しかし忙しく時間がない場合などは、1週間に1度のペースで行うように心がけてください。

ウォーターサーバーの清掃を欠かさずに行えば、カビの発生も抑えられ、いつまでも安全なお水を飲むことが可能になります。

ウォーターサーバーは専門家によるメンテナンスも重要です


ウォーターサーバーの内部までは、自分で清掃することができません。そのため、専門家によるメンテナンスが必要となります。

専門家によるメンテナンスが必要な理由

サーバーの内部は、できるだけ空気が入らないように工夫されています。しかし全く空気が入らないことはありません。

空気に触れてしまうことによって、どんなに安全なお水でもカビが生えるリスクが高くなります。そんなお水が通った配水管を長期間使用し続けることによって、配水管の汚れも溜まっていきます。

そのためウォーターサーバーの内部も定期的なメンテナンスが必要と言われています。

とくにミネラルが多く含まれる硬水の場合、ミネラル分がウォーターサーバー内部に蓄積してしまう恐れが高いと言われています。

そのため硬水の方が、より多くのメンテナンスが必要となるでしょう。しかし軟水であっても、ウォーターサーバーの内部にカビが発生しない訳ではありません。

各サーバーが定めたメンテナンスをきちんと行うようにしましょう。費用や回数などはサーバーによって異なります。

数年に一度のメンテナンスを無料で行っているところもあります。また、メンテナンスの内容もサーバーによって異なります。

主なメンテナンスの内容

基本的には、汚れたタンクや配水管の清掃を行います。サーバーによっては、洗浄されたウォーターサーバーと交換するところもあります。

また異音や水漏れなどないかの確認も行っています。

ウォーターサーバーを置く前に、どのようなアフターケアを行っているかについても調べるようにしてください。アフターケアにきちんと対応してくれるサーバーを選びましょう。

自動清掃機能が付いているサーバーもあります

数年に1度のメンテナンスでは不安という方もいるでしょう。その場合には、自動清掃機能が付いているウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

自動清掃機能とは

ウォーターサーバーによって呼び方は異なります。しかし基本的には、定期的にウォーターサーバーの内部を自動で清掃してくれる機能です。

自分では手の届かない部位の清掃を行ってくれるため、より安全なお水を提供することができます。

自動清掃機能の仕組み

使用していない時間帯にウォーターサーバーが自動的に熱湯を循環させます。数時間かけて行うため、多くのカビを殺菌する効果があると言われています。

使用していない時間に行ってくれるため、基本的に消費者に負担がかかることはありません。またお水のことを考えたら、毎日行ってくれる点も嬉しいポイントではないでしょうか。

自分にあったウォーターサーバーを選びましょう

ウォーターサーバーの使い方を間違えると、カビを発生させる原因になることもあります。

ウォーターサーバーの電源を切る

ウォーターサーバーの電源を切ってしまうと、内部にカビが発生しやすい状態となります。そのため使用していないときでも必ず電源を落とさないようにしましょう。

電気代が気になる方は、エコ機能が付いているタイプもあります。

置き場所が良くない

ウォーターサーバーは置き場所も大切です。

・高温多湿の場所
・ホコリが多い場所
・直射日光が当たる場所

これらの場所は、カビが生えやすくなります。ウォーターサーバーを置く前にこれらの条件に当てはまらないかもチェックしてください。

清掃を怠る

ウォーターサーバは、消費者によるこまめな清掃と専門家によるメンテナンスが重要です。毎日使うものだからこそ、しっかり清掃を行うように心がけましょう。

きちんと管理を行うことで、毎日安全なお水を飲むことができます。

(まとめ)ウォーターサーバーにカビが生えるって本当?

1.ウォーターサーバーにカビが生えることがあるのは本当です

ウォーターサーバーの清掃を欠かしてしまうと、カビが生える恐れがあります。カビを生やさないためには、定期的な清掃と専門家のメンテナンスが必要です。

カビが生えたウォーターサーバーであれば、安全なお水を飲むことができないため注意しましょう。

2.ウォーターサーバーには定期的な清掃が大切です

ウォーターサーバーは密閉性が高いため、ボトル内にカビが生える可能性は低いと言われています。カビは条件が揃うと発生しやすくなります。

水滴や温度、ホコリなどによってカビは生えるため、置く場所にも注意が必要です。

3.カビが生えたままのウォーターサーバーは身体に良くありません

黒カビやススカビは、喘息やアレルギーを引き起こす恐れがあります。赤カビは人体に影響は少ないですが、黒カビを発生させやすくなるため注意が必要です。

せっかくの安全なお水の水質もカビの発生によって損なう恐れがあります。

4.ウォーターサーバーは説明書通りの清掃を行いましょう

ボトル差し込み口や注水口、受け皿などはカビが発生しやすい部位です。ボトル交換時には、差し込み口を毎回拭くようにしましょう。

注水口や受け皿も毎日水滴を拭き取るように心がけましょう。定期的な清掃によって、安全なお水を飲むことができます。

5.ウォーターサーバーは専門家によるメンテナンスも重要です

ウォーターサーバーの内部は空気が触れることによって、カビが生える恐れがあります。専門家のメンテナンスは配水管やタンクの清掃などを行います。

ウォーターサーバーを置く前に、どのようなアフターケアを行っているのか確認しましょう。

6.自動清掃機能が付いているサーバーもあります

定期的にウォーターサーバー内を清掃してくれるウォーターサーバーもあります。数時間かけ熱湯を循環させることで、カビを死滅させる効果が期待できます。

使っていない時間帯に毎日行うことで、消費者に負担をかけることなく美味しいお水を提供できます。

7.自分にあったウォーターサーバーを選びましょう

ウォーターサーバーの電源は切らないようにしましょう。高温多湿や直射日光を避け、ホコリが少ない場所にウォーターサーバーを設置しましょう。

しっかりケアを行うことによって、毎日美味しいお水が飲めるようになります。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。