スイカは便秘対策に適した食べ物です


スイカは、夏を彩る食べ物として欠かせない存在です。正確には野菜ですが、果物のような甘みを楽しむことができ、大人から子供まで好きな人は少なくないでしょう。

そしてそんなスイカは、事実便秘対策にも効果的といわれています。涼を感じることのできる人気の味わいを楽しみながら、便秘改善も期待できるとなれば、何よりではないでしょうか。

もちろん、そこには理由があります。便秘解消に適している理由を知って、効果的に役立ててみてはいかがでしょう。

スイカが便秘解消に適しているのには理由があります

スイカに水分が多いイメージはあっても、栄養面については薄そうに思えるかもしれません。ところが実際は便秘解消をはじめとした、健康に適した成分を多数含んでいます。

つまり、良好な健康状態を目指す上で、食べない手はないといったところなのです。特長を正しく理解して、健康増進につなげてみてはいかがでしょう。

便秘解消につながる栄養素を解説します

スイカがなんとなく便秘にいい、ただそれだけの知識では、効果的な摂取はできないかもしれません。スイカの何が、どのように期待できるのか、そこまでしっかり把握できてこそです。

一般的に、便秘を治すともなると決して楽ではありません。運動や便秘薬の服用などを、長期間かけておこなわなければならない場合もあるほどです。

おいしく楽しめるスイカで、ぜひ楽に便秘解消を目指してみてください。

スイカの赤色のもととなっている栄養素

水気が多く、どちらかといえば薄味な食べ物だけに、スイカが栄養を摂れる魅力的な野菜と知っている人は少ないでしょう。ですが、野菜全体の中でも突出しているといっても過言ではないほどの有効な栄養を含んでいるのもまた事実です。

たとえば、リコピンです。リコピンといえば、トマトに含まれる栄養素としておなじみでしょう。

赤い色素の元でもあり、活性酸素の除去による美容効果やダイエットに適しているといわれています。それこそ、トマトダイエットなるものが考えられたり、リコピンを使ったサプリメントが登場しているほどです。

そんな中、スイカもまたリコピン豊富な食べ物となっています。多いどころか、トマトより1.5倍多くすらあるため、何とも健康的です。

活性酸素除去は細胞の若返りにつながるため、それこそ腸などの内臓の活性化にも期待できます。

スイカならではといえる貴重な成分

もうひとつ忘れてはならないのが、シトルリンです。1930年にスイカの果汁から発見された成分で、スイカをはじめとした一部のウリ科の植物だけに含まれる貴重な成分です。

これには、血管の若返り・血流改善・冷え性やむくみの改善・疲労回復・滋養強壮といったあらゆる効能が備わっているといわれており、リコピン同様サプリメントなどとしても注目を集めています。便秘への有効性においては、めぐりを良くする有効性が挙げられます。

これにより、代謝が高められ、便通の後押しに繋げられるのです。

スイカに含まれる豊富な水分

スイカと便秘の関係性を考えるとき、栄養以上に水分面に目がいくことでしょう。便秘解消の定番といえば水分補給ですし、スイカはみずみずしい味わいでおなじみです。

もちろん、この点も大いに関係があります。快適な便通を維持するためには、1日に1,500~2,000ミリリットルの水分補給が重要といわれています。

スイカであれば、食事から無意識に豊富な水分が摂れるため、便秘解消に効果的です。さらにはリコピンやシトルリンが含まれる水分でもあるわけですから、なおさら魅力的です。

また合わせて、普段からのお水の摂取を意識することもおすすめします。日常的なしっかりとした水分摂取とスイカの活用が合わされば、なおさら効果的といったところでしょう。

とくに、腸への刺激が穏やかで便秘解消に適した、赤ちゃんでも飲めるくらいに不純物の含まれないピュアウォーターがおすすめです。スイカと合わせて、こだわってみてはいかがでしょう。

リコピンやシトルリンが豊富なスイカで楽に便秘解消できます


便秘を解消する方法は、数多く存在するでしょう。ですがその多くが、結構大変なのも事実です。

その点、スイーツのような甘みが楽しめ、さらに食欲がないときでも食べやすい涼やかな食べ物であるスイカが役立てられれば、何よりでしょう。トマト以上に多く含んでいるリコピンや、貴重なシトルリンの効果によって、腸機能や代謝の活性化が期待できます。

またもちろん、水分補給の意味合いでも魅力的です。楽な便秘解消を目指すなら、おすすめの食べ物といえるでしょう。

スイカで楽に便秘解消を目指しましょう

スイカは、夏の風物詩ともいわれる人気の食べ物です。そんなスイカには、味や印象だけでなく、健康に適した栄養も豊富に含まれています。

便秘解消にも適しているので、ぜひ進んで摂ってみてはいかがでしょう。