便秘の種類によってはとうもろこしが解消に役立ちます


とうもろこしは、日本人にとって身近な食材ではないでしょうか。各国で主要な穀物として扱われていることを考えれば、人類全体にとって欠かせない野菜ともいえるかもしれません。

そしてそんなとうもろこしを食べることは、事実便秘解消にも繋げることができます。とうもろこしは、そのまま食べる方法はもちろん、加工食品としても広く役立てられています。

それだけに、身近に手に入れやすい存在ではないでしょうか。有効性を知って、お腹の健康維持にうまく役立ててみてください。

とうもろこしは食物繊維が豊富です

便秘解消に適した食事を考えるとき、食物繊維は真っ先に頭に浮かぶような代表的な有効成分でしょう。とうもろこしには、これが豊富に含まれています。

だからこそ、とうもろこしが便秘解消に適しているといえるのです。ですが、食物繊維が豊富だからこその注意点も伴うのが実際のところです。

食物繊維にも種類があり、とうもろこしに含まれるものはとくに気をつけるべきタイプに他なりません。

とうもろこしを適切に摂って便秘を和らげることができます

とうもろこし、もしくはそれを原料にした食品は、多数存在しています。多くの人が好む、人気の味わいだからに他なりません。

そんなとうもろこしを食べるだけでツライ便秘を和らげられるとすれば、何よりでしょう。その仕組みや注意点を理解した上で摂取すれば、効果はまたさらなるものとなるはずです。

特徴を押さえて、役立ててみてください。

とうもろこしの食物繊維の種類

食物繊維には、2つの種類があります。不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維です。

どちらも食物繊維であるため、便の通りの改善に期待できる成分に他なりません。ですが、性質は大きく違って気ます。

前者が、消化されず腸まで届き便を押し出す働きにつながる一方、後者は潤滑油のようにゲル状になって作用するためです。そんな中、とうもろこしに含まれる食物繊維は、前者の不溶性食物繊維となります。

とうもろこしの皮や繊維は、かみ砕いても残る感じがするのではないでしょうか。あれは消化されず、排便されるまで形が残ります。

これにより得られるのが、便のかさまし効果です。不溶性食物繊維により便がふくらむと、その分腸壁が刺激されます。

これにより、腸の蠕動運動を活発化させる効果に繋げられるのです。

とうもろこしを便秘解消に活かすときの注意点

前述の情報をみると、不溶性食物繊維がとても効果的に感じられるでしょう。ですが、だからといってとうもろこしを食べるとすべての便秘に効果的かといえば、そうでもありません。

便秘の種類によっては、むしろ苦しさを増してしまう可能性もでてきます。注意すべき便秘の種類、それはけいれん性便秘です。

基本的に、便秘は食事の乱れや筋力低下が影響しておこります。ですが、ストレスや緊張、睡眠不足といった、精神的な面から引き起こされるケースも存在しています。

これこそが、けいれん性便秘です。神経系の乱れから腸がけいれんを起こし、スムーズに便が運べなくなっている状態です。

そこへきて、腸壁に刺激を与えて活動を促す不溶性食物繊維は不向きといえます。刺激が余計な負担となり、よりいっそう便秘解消を送らせてしまうかもしれないためです。

とうもろこしは便秘解消に有効ですが、神経系の負担が原因になっていると感じる場合は、あまり理想的といえません。

不溶性食物繊維の不得意をカバーする

けいれん性便秘に不溶性食物繊維が適さない一方、もうひとつの水溶性食物繊維は効果的となります。ゲル状になった食物繊維が、便を穏やかに流そうとするためです。

とはいえ、だからといってかならずしも水溶性食物繊維を含む食事を用意しなければならないわけでもありません。水分摂取にこだわることで、同様に流動性を高めることに繋げられます。

毎日、1時間おきにコップ1杯ほどのペースで、しっかりとお水を摂りましょう。刺激がより穏やかな、軟水よりの低ミネラル水だとなお理想的です。

とうもろこしの不溶性食物繊維ではカバーできない流動性の面を、効果的に後押ししてくれるはずです。

とうもろこしは神経系の便秘以外に効果的です


とうもろこしには、不溶性食物繊維が豊富に含まれています。便をかさましして排便を後押しする作用が期待できるため、便秘解消に役立てられるでしょう。

便秘時は腸の活動がにぶっているので、かさましされた便で腸壁を刺激することにより、機能を高めることに繋げられるためです。ですが、けいれん性便秘の場合は、むしろ刺激を避けた方が良いのであまり適しません。

水溶性食物繊維を多く摂る、もしくは水分摂取にこだわるなど、また別の角度から解消を促すべきでしょう。

とうもろこしをおいしく食べてお腹もすっきりさせましょう

とうもろこしを食べたとき、歯ごたえが印象的ではないでしょうか。あれこそが、食物繊維が豊富である証です。

停滞した便への、心強い後押しとなることでしょう。注意点に気を付けて、うまく役立ててみてください。