もち麦は便秘を解消する食材と言われています


もち麦は便秘の解消やダイエット効果があると言われ、話題になっている食品です。もち麦に含まれる水溶性食物のβ-グルカンが、胃の中の食べ物を包み込み、消化器官をゆっくりと移動するので糖質の吸収がゆるやかになるとともに、内臓脂肪が溜まりにくくなります。

さらにβ-グルカンには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えることで便秘を解消してくれるのです。このような働きを含むもち麦は、ダイエットにもなり便秘の解消にも役立つのです。

もち麦は注意点を守らないと便秘になります

もち麦ダイエットをしたらお腹がパンパンになってしまった、便秘になってしまった、という声もあります。その原因はもち麦の特性を把握せず、摂取する際の注意を守らずに、ご飯に混ぜて食べるだけ、という方法で摂取しているからです。

もち麦ダイエットして効果を出したい、便秘を解消したい、というなら、もち麦を摂取する際の注意を守らなければ便秘をしてしまうことになります。

もち麦を正しく摂取し便秘を解消しましょう

もち麦は白米よりも低カロリーで、食物繊維が豊富です。水溶性食物繊維のβ―グルカンには、食べ物の消化・吸収を抑える働きがあり、インスリンが過剰に増えるのを防ぎ、脂肪の蓄積を防いでくれる作用があります。

もち麦には善玉菌を増やし、腸内環境をよくするという働きがあるため、便秘や下痢などを改善してくれる効果が期待できるのです。ただし、正しい方法で摂取しないと逆効果になります。

もち麦で便秘の解消やダイエットをするには、どういった点に注意が必要なのか、解説しましょう。

よく噛んで食べる

一つはよく噛んで食べることです。もち麦はよく噛まずに食べると、消化不良を起こします。

よく噛まずに食べると、もち麦はそのまま胃から小腸、大腸まで運ばれ、腸に溜まってしまいます。腸内にいる善玉菌も、よく噛まずに運ばれてきたもち麦を分解することができないのです。

もち麦を食べるときには、意識してよく噛むことです。噛むことで満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎを防ぐこともできます。

早食いはもってのほかです。噛む回数を増やし、ゆっくり食べるようにしましょう。

また、もち麦の量が多いと消化不良を起こしやすいので注意が必要です。最初は白米に少な目のもち麦を入れて炊くといいでしょう。

水分をしっかり摂る

もち麦に含まれるβ―グルカンは水溶性食物繊維で、水分を吸収しながら腸内を移動します。そのため、水分が足りないと便が硬くなり便秘を引き起こしやすくなります。

もち麦を食べる際には、水分も一緒に摂るようにしましょう。スープや味噌汁などを一緒に食べることをおすすめします。

もともと、便秘になりやすい人は水分不足になっている場合があります。水分が足りていないため、便が硬くなりスムーズな排便ができないのです。

喉が渇いたと感じるときには、すでに体内では水分が不足しています。喉の渇きを感じなくても、こまめに水分補給をするようにしましょう。

水分は冷たいものだと、血行不良を引き起こす原因になり、また胃腸への負担もかかるので、常温のお水か温かいドリンクを飲むようにしましょう。

悪玉菌を増やさない生活をする

もち麦が腸内環境をよくしてくれる働きがあっても、腸内環境を悪化させる生活をしていれば、意味がありません。腸内環境を整えるというもち麦の働きを高めるためにも、腸内環境を悪化させないようにしましょう。

腸内環境を悪化させる要因の一つが、食物繊維をあまり摂らないことです。食物繊維は善玉菌のエサとなりますので、それが少ないと善玉菌が増えません。

もち麦だけではなく、野菜や海藻類、キノコ類などを食べる必要があります。また、肉類は消化に時間がかかり、悪玉菌のエサとなりやすいので、食べ過ぎないようにすることが大事です。

また、ストレスも腸内環境を悪化させる原因です。人間関係や恋愛、残業の多い仕事、睡眠不足などストレスの原因となるものは数多くあるでしょう。

ストレスのない生活は難しいものなので、ストレスを溜めないようにすることが必要です。”

腸内環境を整える努力も必要です


もともと腸内環境が悪いと、もち麦の効果も出にくいと言われています。便秘をしている、口臭や体臭がある、お腹が張っている、風邪をひきやすいなど病気になりやすい、といった人は腸内環境が悪い状態かもしれません。

そういった人はもち麦を摂取しても、余計に症状が悪化してしまう可能性があります。正しい方法でもち麦を摂取しても便秘になるという場合は、まずは野菜や海藻類などを食べ、規則正しい生活をして腸内環境をよくする生活を心がけましょう。

もち麦はよく噛んで水分を摂りながら食べましょう

もち麦は便秘解消やダイエット効果が期待できる食品ですが、注意点を守って食べることが大切です。よく噛んで食べる、水分補給をしっかりする、なとどといった注意点を守りながら、もち麦を摂取するようにしましょう。