水泳ダイエットは、こまめな水分補給とムリのない頻度が大切です


水泳はダイエットに最適な方法と言われています。関節にも負担をかけずにカロリーを消費することができるでしょう。

水泳を行う前やあとにも水分を補うようにしてください。そうすることで攣るなどの症状を防止することができると言われています。

泳ぐだけではなく、お水の中で歩いても構いません。急に距離を泳ぐのではなく、徐々に身体を慣らすようにしましょう。

ダイエットのためには全身を大きく動かすように意識してください。消費カロリーを増やし、徐々に体重をコントロールしましょう。

水泳はムリのない程度のメニューから行いましょう

ダイエットを行う際、どのような方法を行うかは自由です。水泳も全身を動かすため、ダイエット効果は高いと言われています。

水泳でダイエットするメリット

水泳はお水の中で動く運動です。そのため関節への負荷は全くかかりません。

ウエイトが重めの方であれば、膝や腰に痛みを感じている人も多いでしょう。また今は痛みがなくても、地上での運動で痛くなる場合もあります。

水泳であれば関節を気にすることなく、ダイエットに取り組むことができます。そのため関節に負担がある方におすすめのダイエットと言えるでしょう。

さらに地上で同じ動きを行うよりも、水中の方が水の抵抗を感じます。そのためよりエネルギーを消費しやすくなるでしょう。

また可動性を上げる効果も期待できます。地上であれば痛みが出てしまうような動きであっても、お水のサポートによって動かしやすくなるでしょう。

そうなればより代謝向上が期待できます。

水泳でダイエットする方法

とくに決まった方法はありません。自由に泳ぐことでエネルギーを燃やすことができるでしょう。

ただ急にムリをするのは良くありません。水泳で痩せるためには継続が大切です。

ムリをすれば、怪我をしてしまい運動の継続は難しくなるでしょう。そのため徐々に身体を慣らすようにしてください。

またプールに入る前は念入りにストレッチを行うようにしましょう。筋肉が硬いまま泳いでしまうと、アキレス腱損傷などのリスクが高くなります。

そのため時間をかけて準備運動を行うことが大切です。

水の中でウォーキングするのも効果的です


水泳でダイエットを行う際いくつかのポイント押さえることで、より効率的ダイエットを行うことができます。

クロール

息継ぎが苦手という方も多いのではないでしょうか。全身を大きく動かしながら泳ぐようにしてください。

クロールが苦手な方は、バタ足だけでも十分カロリーを増やすことができるでしょう。

平泳ぎ

関節を大きく動かすことができます。そのため関節の可動性を向上しやすくなるでしょう。

ウォーキング

全く泳げなくても大丈夫です。水中の中で歩くだけでも十分エネルギーは消費されます。

歩く際は、大股を意識してください。そうすることで水の抵抗を強く感じられ、筋肉向上にもつながるでしょう。

ダイエットのためには、泳ぎ方以外にも押さえておきたいポイントがあります。

30分から1時間行う

水着に着替えたからと、つい長く行ってしまいますが基本的には30分程度で十分消化できています。張り切りすぎて時間を長くすれば、翌日身体に影響を及ぼす可能性が高くなるでしょう。

そうなれば運動を継続することができません。ムリをしないことを肝に銘じて取り組みましょう。

週4回実施する

毎日行う必要はありません。しかし間隔があきすぎてもダイエットの成果は見えてこないでしょう。

できれば2日に1度のペースで、水中での運動を行うようにしてください。どうしても時間的都合がつかない場合には、週に1回でも構いません。

プールに来られない日には、家の中で違う運動を行うようにしましょう。そうすることでダイエットが成功しやすくなるでしょう。

ダイエットを成功させるためにも水分を欠かさずに摂取しましょう

水泳でダイエットを行う場合には、注意しなければいけない点があります。

水分をきちんと補う

水泳は水中の中で活動しているため気がつきにくいですが、多くの汗が蒸発しています。そのため体内は水分が足りていない状態です。

水分が足りていなければ、ふくらはぎが攣るなどの症状が出てくる場合があります。そのため水中に入る前やあとに1度軽く水分を補いましょう。

食べすぎないようにする

水泳のあと、ものすごく空腹になることありませんか?実は水泳は、他の競技に比べエネルギーの消費が高いと言われています。

そのため誘惑に負けて食べてしまえば、せっかく泳いだエネルギー消費もムダになってしまいます。そのため誘惑に負けないように食べすぎないでください。

野菜やたんぱく質などをきちんと取り入れるようにしましょう。

プロテインも検討する

プロテインはたんぱく質のことです。水泳はハードな運動と言えます。

たんぱく質を十分に摂取しなければ、筋肉向上することができません。たんぱく質を日頃から十分に補うことが大切です。

たんぱく質を食材から十分に補える場合は問題ありません。しかし食材からたんぱく質を補うのが難しい場合には、プロテインなど市販のアイテムも検討してください。

徐々に泳ぐ距離を伸ばし、消費カロリーを増やしましょう


水泳は非常にダイエットの効果が期待できる運動です。そのため焦ることは控えましょう。

距離は少しずつ伸ばす

距離を伸ばせば、もちろんエネルギー消費も上がります。ただムリをしてしまえば、動作が小さくなってしまうでしょう。

そうなればダイエットの効果は下がってしまいます。大きく動かせる状態で、少しずつ泳ぐ距離も伸ばすようにしましょう。

腹筋などの運動も追加する

ダイエットのためには筋肉をつけることが大切です。水泳も筋肉はつきますが、肩周りがメインで鍛えられます。

そのため腹筋などは別途鍛えるようにしましょう。そうすることで基礎代謝も向上しやすいと言われています。

どんなダイエットであれ、自分のペースで行うようにしましょう。回数や距離などは運動経験などを考慮し検討してください。

(まとめ)水泳ダイエットの適切な水分の取り方と運動頻度とは?

1.水泳ダイエットは、こまめな水分補給とムリのない頻度が大切です

水泳はダイエットに最適な方法と言われています。関節にも負担をかけずにカロリーを消費することができるでしょう。

泳ぐだけではなく、お水の中で歩いてもダイエットにはなります。水分を補給しながらダイエットをムリなく行いましょう。

2.水泳はムリのない程度のメニューから行いましょう

水泳は浮力があるため、関節への負担がほとんどありません。そのためウエイトが重めの方でも安心して運動を行うことが可能です。

エネルギーの消費も高く、関節を動かせる範囲も拡大するなどダイエットにとって嬉しい効果が期待できます。

3.水の中でウォーキングするのも効果的です

クロールや平泳ぎは、動きを丁寧に大きく動かすようにしましょう。泳げない場合には大股で歩くことで代謝が良くなると言われています。

30分から1時間程度プールに入るようにしてください。週に4回のペースで水泳を継続するようにしましょう。

4.ダイエットを成功させるためにも水分を欠かさずに摂取しましょう

水泳は思っている以上に汗が出ています。そのため水泳を行う前後で水分を補うようにしましょう。

エネルギー消費が高いので、水泳後の空腹による誘惑に負けないようにしてください。野菜やたんぱく質をきちんと取るようにしましょう。

5.徐々に泳ぐ距離を伸ばし、消費カロリーを増やしましょう

泳ぐ距離を伸ばせば、エネルギー消費もアップします。ムリすればフォームが乱れるので、徐々に距離は伸ばすようにしてください。

水泳だけではなく筋トレも併用しましょう。腹筋やスクワットを行うことで基礎代謝が上がりやすくなると言われています。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。