水分によっては、ダイエットに逆効果などのデメリットがあります


水分には、血液やリンパの流れを改善するなどの効果が期待できます。そうすることによって各細胞に栄養を運ぶことができるでしょう。

つまり美白になる、消化が良くなる、快便になるなどの効果が得られると言われています。そのため水分はダイエットや美容にとって必要不可欠なものです。

ただし冷たい水分の場合、代謝を低下させる恐れがあります。また体質によっては、下痢などの症状を招く場合もあるでしょう。

自分の体質にあった水分をウォーターサーバーなどを活用し補給してください。

適した水分であれば、ダイエット効果を高めるでしょう

水分は、私たちの体の中には必要不可欠なものです。水分がなければ、生きていくことが難しくなるでしょう。

水分補給するメリット

水分を補給することによって血液の流れを改善します。そのため酸素や栄養素などを各細胞に運ぶことができるでしょう。

その結果、細胞を活性化し代謝を上げる効果が期待できます。さらに老廃物も運ぶことができるため、体外に出しやすくなるでしょう。

つまりダイエットがしやすい体へと変化します。ほかにも水分は、体温調節機能も担っているでしょう。

そのため水分はダイエットにとって、かなり重要です。

水分補給する量

水分を補給する量は、どの程度体内から水分が失ったか考えましょう。汗や尿、呼吸などによって、多くの水分が失われています。

失われる水分の量は個人差が大きいです。そのため一概に量を言うことはできません。

ただし一般的に2L以上もの水分を体外に出していると言われています。そのため水分は2L以上補給する必要があるでしょう。

しかし水分は、食事からも補給することが可能です。また人間には水分量を調節する仕組みが備わっています。

つまり直接飲料水から補給する量は、1.5L前後で構わないでしょう。ただ明らかに汗が多いなどの場合、さらに多い水分を補給するようにしてください。

十分な量を補給することによって、体内に多くのメリットを与えることができるでしょう。

冷たい水分は代謝を落とし、太りやすい体質に導きます


水分補給を正しく行えば、体により良い効果をもたらすでしょう。ただ間違った補給方法であれば、体へのデメリットが多くなってしまいます。

代謝を低下させる

冷たい水分の場合、内臓の温度を下げてしまう可能性があります。その結果、代謝を低下させ痩せにくい状況に陥ってしまうでしょう。

代謝を低下させないためにも温かな水分を補給してください。温かな水分であれば、体温を低下させる心配はないでしょう。

臓器に負担をかける

多量の水分を一度に補給すると、臓器がオーバーワークとなり負担をかける可能性があります。臓器が衰える、損傷するなどのリスクに繋がるでしょう。

そのため臓器に負担をかけないためにも、一度に補給しないようにしてください。定期的に水分補給の時間を割き、時間をかけて補給しましょう。

時間をかけて補給することで、臓器のオーバーワークを起こすリスクを低下させます。つまり必要な水分をうまく吸収することができるでしょう。

低ナトリウム血症を招く

多量に水分を摂取する、運動時にお水だけを補給するなどの場合、体の中のナトリウムの濃度が薄くなってしまう可能性があります。ナトリウム濃度が薄くなれば、めまいなどの症状を引き起こし、最悪の場合は命に関わる状態に陥ってしまうでしょう。

低ナトリウム血症を引き起こさないためにも、水分は1日2000㎖程度を目安にしてください。また発汗時には、ナトリウムも失われます。

そのためナトリウムも一緒に補給しましょう。

これらのデメリットを引き起こさないためにも対策を行うことは重要です。デメリットを知って、水分のメリットを十分に得るようにしてください。

水分によっては、下痢などの症状を招く恐れがあります

体質に合わない水分を補給すると、水分のデメリットを感じてしまう可能性があります。そのため、どのような水分を補給するのか、体調を見ながら検討してください。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターには、その名前の通りミネラルが含まれている水分です。ミネラルの含有量は商品によって様々なので、胃腸が弱い方は必ずチェックしてください。

ミネラル分の働きによって、お腹をゆるくさせる恐れがあります。そのためミネラルウォーターを補給し、腹痛などの症状がある場合には、その水分は控えた方がいいでしょう。

その水分よりもミネラル含有量が少ない水分を選んでください。

ピュアウォーター

ピュアウォーターとは特殊な膜を使用し、ミネラル分などを除去したお水です。そのため胃腸が弱い方でも安心して補給することができるでしょう。

乳児や高齢者など、どんな方でも安全に飲めるお水と言われています。

スポーツ飲料

スポーツのときの水分補給に特化した水分です。糖分やナトリウムなどの含有量が比較的多い特徴があります。

そのためダイエット中、普段の水分補給にはオススメできません。発汗量が多い時に補給するようにしましょう。

お茶

お茶には、美容効果が高いものも多くあります。そのためダイエットにおすすめの水分です。

ただしカフェインが含まれているものも多いため、夜の補給にはオススメできません。カフェインの作用によって、睡眠を妨げる可能性があるでしょう。

どのような成分が含まれているかチェックして、補給するタイミングを考えてください。

ウォーターサーバーで気楽にダイエットを継続しましょう


水分補給は、どのようなアイテムを使っても構いません。ウォーターサーバーであれば、ダイエットに最適なアイテムと言えるでしょう。

いつでも補給できる

ウォーターサーバーは、基本的にすぐ補給することができます。水分をボトルでストックしているため、買い忘れる心配はほとんどありません。

さらに目の届く範囲にウォーターサーバーが設置されているため、自然と水分を補給する回数も増えるでしょう。

温かな水分を補給できる

ウォーターサーバーは、温かな水分と冷たい水分をスイッチ一つで出すことが可能です。そのためダイエットに最適な水分を補給することができるでしょう。

またお茶などもすぐにいれることができます。そのため自分の好きな水分を補給できるでしょう。

これらのメリットがあるため、ウォーターサーバーはダイエット中に特におすすめです。気になる方は、一度検討してください。

(まとめ)ダイエットで水分を飲むことのデメリットとは?

1.水分によっては、ダイエットに逆効果などのデメリットがあります

水分は血流を改善し、各細胞に栄養を運びやすくする効果が期待できます。美肌や快便などに繋がるため、水分はこまめに補給しましょう。

冷たい水分は代謝を落とす原因になります。体質によっては、水分で下痢を招くことがあるでしょう。

2.適した水分であれば、ダイエット効果を高めるでしょう

水分を補給することで血液の流れを改善し、細胞に栄養を運ぶことができます。細胞の活性化によって代謝を上げ、ダイエットしやすい体に導くでしょう。

1日に2L以上の水分が失われています。食事からも補給できるため、1.5L前後の水分を補給しましょう。

3.冷たい水分は代謝を落とし、太りやすい体質に導きます

間違った水分補給はデメリットを招きます。冷たいお水での水分補給は、代謝を低下させる恐れがあります。

一度に多量の水分を補給すると、臓器に負担をかけるでしょう。発汗時にお水だけを補給すると、低ナトリウム血症を引き起こすリスクが高まるでしょう。

4.水分によっては、下痢などの症状を招く恐れがあります

ミネラルウォーターは人によって、お腹を緩めてしまう可能性があります。何らかの症状が現れた場合には、ミネラルの含有量が少ない水分を選びましょう。

ピュアウォーターなら誰でも安心して補給できます。

5.ウォーターサーバーで気楽にダイエットを継続しましょう

ウォーターサーバーは、ダイエットにオススメのアイテムです。自分の好きなタイミングで気軽に補給できるでしょう。

ダイエットに最適な温度の水分を補給することもできます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。