ダイエットをしている時の水分は、適量であればコーヒーでも大丈夫です


コーヒーにはカフェインだけではない成分が豊富に含まれています。その成分の働きによって脂肪燃焼を促進させたり、生活習慣病を予防するなどの多くの効果が得られます。

しかしカフェインが入っているのは事実です。そのため夜間、コーヒーを摂るのは控えた方が良いでしょう。

覚醒作用によって、睡眠を妨げる恐れがあります。コーヒー以外にも、お水や麦茶などの飲み物も摂るようにしましょう。

妊娠している方や授乳中の方は、コーヒーではなくピュアウォーターがおすすめです。

コーヒーは脂肪を燃焼させる効果が期待できます

コーヒーを嗜好品にしている人は多くいます。コーヒーには、ダイエットにとって嬉しい効果が豊富です。

脂肪燃焼の促進効果

これはコーヒーに入っているカフェインの働きによるものです。カフェインは、リパーゼと呼ばれる脂肪を分解するための酵素の働きを活性化すると言われています。

さらにポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も入っています。クロロゲン酸も脂肪燃焼を促進させる効果が期待できます。

つまりダブルの作用によって、ダイエットしやすい体に導くことができると言われています。

生活習慣病の予防

クロロゲン酸は、血糖値を低下させる作用があると言われています。食事と一緒にコーヒーを摂ることで、糖尿病の予防に効果的でしょう。

アンチエイジング

クロロゲン酸などポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

リラックス効果

コーヒーが好きな方は、コーヒーの香りを嗅いだだけで落ち着くという人もいるでしょう。コーヒーにはカフェ酸が入っています。

カフェ酸は脳にα波を出す作用があり、リラックスさせてくれる効果が期待できるでしょう。

風邪やアレルギーの予防

免疫細胞の7割は、腸にあると言われています。コーヒーによって腸にある免疫細胞を活性化させる効果が期待できます。

その作用によって風邪の予防やアレルギー症状の緩和に繋がるでしょう。

コレステロール値の低下

コーヒーの中にはニコチン酸が入っています。ニコチン酸はコレステロールを下げる効果が期待できます。

さらにコーヒーを摂り続けることによって、善玉コレステロールを増やす作用があると言われています。

ほかにも肝硬変のリスク低下やがん予防など多くの効果が期待できます。そのため適量のコーヒーを摂ると良いでしょう。

夜間は、カフェインのない水分を摂りましょう


コーヒーには豊富な効果がある反面、カフェインによるデメリットもあります。カフェインは適量であれば、体に多くのメリットをもたらします。

カフェインの主な作用
  • 覚醒作用
  • 血管拡張作用
  • 基礎代謝の促進
  • 胃酸分泌の促進
  • 利尿作用

上記のような作用があると言われています。つまり適量であれば、カフェインは体にプラスの作用があるので、上手に作用を活用しましょう。

カフェインによるリスク

カフェインは適量以上に摂ってしまうと、体に悪い影響を及ぼすと言われています。その一つが睡眠の阻害です。

カフェインは覚醒作用があるため、寝る数時間前に摂ることで覚醒してしまい睡眠を阻害する恐れがあります。そのため夜間は、カフェインが入っていない水分を摂りましょう。

さらに、むくみや冷え症の悪化、中毒症状などをきたす恐れがあります。カフェインを過剰に摂取することは、危険なので覚えておきましょう。

カフェインの適正量

国際的なカフェインの適正量は、400mg以下と推奨されています。コーヒーであれば、1日5杯以内に留めましょう。

ただしコーヒー以外にもカフェインが入っている水分を摂る場合、コーヒーの量は調整しましょう。トータル的に適正量を守るようにしてください。

ただ妊娠中や授乳中の場合、胎児や乳児に影響を及ぼす恐れがあるため、カフェインは控えた方が良いでしょう。

ダイエットのためには、色々な種類の水分を摂りましょう

コーヒーだけで水分を補うことは難しいです。そのため、色々な種類の水分を摂りましょう。

お水

お水はカロリーもなく、比較的安心して摂ることができます。ただ、お水の種類によっては下痢などを招く恐れがあります。

体調に合ったお水を選ぶことが重要です。

麦茶

麦茶はカロリーも少なく、カフェインが入っていないお茶です。そのため乳児も安心して摂ることができます。

ミネラルも多く入っているため熱中症の対策にも効果的と言われています。

炭酸水

炭酸水の最大のメリットが、お腹を膨らませる点です。炭酸によって胃を膨らませて食事量を減らすことができるため、ダイエットに良いでしょう。

色々なお水を摂り、それぞれのメリットを活かしてください。水分の特性で摂るタイミングなどを考慮しましょう。

妊娠している方は、ピュアウォーターがおすすめです


妊娠中や授乳中の方は、コーヒーは控えた方がいいと言われています。それはカフェインによって胎児や乳児に影響をきたす可能性が高いからです。

そのため妊娠中や授乳中は、ピュアウォーターが良いと言われています。

ピュアウォーターを摂るメリット

ピュアウォーターは99%以上、不純物が除去されたお水のことです。純度の高いお水なので、乳児も安心して飲むことができます。

さらにピュアウォーターは、調乳や離乳食作りにも用いることができます。妊娠中や授乳中の方には、とっても使えるお水と言えるでしょう。

ピュアウォーターを摂るために

ピュアウォーターは、水道水から摂れる訳ではありません。基本的にはウォーターサーバーを契約する、ペットボトルを購入することで摂ることができます。

ただペットボトルの場合は、一度蓋を開けたら早めに使い切るようにしましょう。蓋を開けた後は、空気から菌が侵入してしまいます。

そのため安全なお水とは言えなくなってしまいます。安全性を高めるためにも、新鮮なピュアウォーターを摂ってください。

(まとめ)ダイエット中の水分は、コーヒーでも大丈夫?

1.ダイエットをしている時の水分は、適量であればコーヒーでも大丈夫です

コーヒーは脂肪燃焼を促進する、生活習慣病を予防するなどの効果が期待できます。覚醒作用があるため、夜はコーヒーを摂るのは控えましょう。

麦茶やお水、炭酸水などの水分を摂るようにしてください。妊娠中や授乳中の方はピュアウォータがおすすめです。

2.コーヒーは脂肪を燃焼させる効果が期待できます

コーヒーには様々な効果があると言われています。脂肪燃焼の促進効果によって、ダイエットにおすすめの水分と言えるでしょう。

コレステロールの低下やリラックス効果など様々な効果を得るためにも、適量を守るようにしてください。

3.夜間は、カフェインのない水分を摂りましょう

カフェインは覚醒作用や血管拡張作用があると言われています。夜間は覚醒作用によって、睡眠を阻害する恐れがあるでしょう。

成人であれば400mg以下が適正量です。適正量を超えないように水分を摂りましょう。

4.ダイエットのためには、色々な種類の水分を摂りましょう

お水はカロリーもないのでダイエットにオススメですが、種類によっては下痢を招く可能性があります。麦茶はカフェインが含まれていないため、どなたでも飲むことができます。

炭酸水はお腹を膨らませることでダイエット効果が期待できるでしょう。

5.妊娠している方は、ピュアウォーターがおすすめです

妊娠中や授乳中は、コーヒーは控えましょう。ピュアウォーターなら、どなたでも安心して飲むことができます。

ペットボトルの蓋を開けた後は、菌が侵入する恐れがあります。新鮮なうちに早めに使い切るようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。