ダイエット中も入浴前は水分を摂ることが大切です


カラダの中の水分は汗や息などからも失われています。入浴時も大量の汗をかくため、体内の水分が減ってしまうでしょう。

そのため入浴前にも水分を摂るようにしてください。就寝前や起床時なども水分を摂ることが大切です。

水分が不足すると、カラダに様々な害を及ぼす恐れがあります。運動時には塩分を含むものなどタイミングに適したものを選ぶようにしてください。

ウォーターサーバーならタイミングに適した水分が気軽にとれるでしょう。そのためダイエットを行う場合には、一度検討してください。

体内の水分が失われる前後に水分を摂りましょう

体内の水分は常に一定に保たれているわけではありません。様々な影響で水分を失ってしまいます。

水分が失うタイミング

水分は基本的に尿や便、息、汗などによって失われます。そのため発汗が増えたタイミングで、水分が減ってしまうでしょう。

屋外の活動であれば1リットル以上も汗で失われる場合もあります。そのため汗の出方には注意してください。

また下痢や嘔吐などがあっても、水分は減りやすくなります。そのため、それらの症状がある場合にも水分を多めにとるようにしてください。

水分摂取をいつするのか?

水分摂取は基本的にいつするとは決まっていません。摂取しやすいタイミングで摂ると良いでしょう。

ただし水分が失われる前後には、必ず水分を摂取してください。

  • 起床時
  • 食事
  • 運動
  • 入浴
  • 就寝前

上記は、多くの水分が失われやすいタイミングです。そのため、このタイミングは忘れずに摂取しましょう。

入浴前に水分が必要な理由

入浴中、大量の汗をかくと言われています。場合によっては入浴中に脱水が起こり、意識消失するケースもあるでしょう。

そうなれば溺死になってしまうリスクがあります。そのリスクを少しでも下げるために、水分摂取は重要です。

コップ1杯程度の水分をゆっくり摂取してください。そうすることで、脱水の予防に繋がるでしょう。

もちろん入浴後にも同様に水分を摂取してください。また入浴時間が長い方は、浴槽に水分を持っていく方が良いでしょう。

入浴中にも水分を摂取すれば、より体内の水分量を維持しやすくなるでしょう。

水分不足が起こると、カラダに害を及ぼします


人間のカラダは、体内の水分バランスを調整する働きがあります。たとえば摂取する水分量が少なければ、濃い尿を排出するなどの調整を行います。

反対に摂取する水分量が多ければ、尿の量を増やし水分を排出するように働きます。しかし調整可能な水分量の範囲を超えれば、カラダに害を及ぼすでしょう。

カラダに及ぼす害とは

暑い日や発熱時など多くの水分が失われる場合があります。その際、カラダに必要な水分が不足しやすくなるでしょう。

  • 2%減少:喉が渇く
  • 3%減少:喉が強く渇く、ぼーっとする、食欲不振
  • 4%減少:皮膚が紅潮する、イライラする、体温上昇、強い疲労感、尿量が減る、尿が濃縮
  • 5%減少:頭痛
  • 8~10%減少:けいれん
  • 20%以上減少:尿が出ない、生命の危機

上記のような症状を招く恐れがあります。つまり喉が渇いたと感じれば、すでに水分が失っている証拠です。

そのため喉が渇くと感じる前に、水分を摂取してください。

水分摂取量が多い場合

一方、水分の摂取量が過度に多すぎても問題です。基本的には水分摂取量2,000㎖/日と言われています。

しかし2~3倍以上摂取すれば、カラダに悪影響を及ぼすでしょう。

  • 食欲低下
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 体重増加
  • むくみ
  • 全身のけいれん
  • 傾眠・昏睡

上記のような症状を引き起こすリスクがあります。つまり症状が進行すれば意識障害が起こり、死に至る危険性もあるでしょう。

そのためカラダに必要な最適な量を摂取してください。

水分はタイミングに適したものをとりましょう

水分は、どのようなタイミングで摂るかによって最適なものが変わってきます。

発汗時

運動時や入浴時には、多くの汗が出ています。そのためミネラルを含む水分が良いでしょう。

麦茶などを摂取してください。ハードな運動を行った場合には、スポーツ飲料の方がいい場合もあります。

運動の強度によって、摂取する水分の種類を変更してください。

起床時・就寝時

起床時や就寝時は、お水が適していると言われています。特に起床時にお水を摂取することによって、胃腸を目覚めさせるなどの効果が期待できるでしょう。

時間をかけてゆっくり摂取することを心がけてください。

集中力を高めたいとき

集中力を高めたいときには、カフェイン入りのコーヒーが最適です。カフェインには、集中力を高める、作業効率を上げるなどの効果が期待できます。

そのため仕事を行うときなどにコーヒーを摂取すると良いでしょう。ただし睡眠を妨げるなどのデメリットもあるため、睡眠前には摂取しないようにしてください。

食事のとき

食事のときは、何を摂取しても構いません。ただ緑茶であれば、脂肪の吸収を妨げるなどの効果が期待できます。

そのため緑茶などを一緒に摂取すると、ダイエットに良いでしょう。

ウォーターサーバーならタイミングに適した水分を摂れます


ウォーターサーバーならタイミングに適した水分を簡単に摂ることが可能です。

簡単に摂れる理由

ウォーターサーバーは基本的に90度前後のお湯を給水できます。そのため、お湯を沸かすなどの手間をかけずにお茶やコーヒーも簡単にいれることができるでしょう。

さらに冷水も給水できます。そのため適温に調整するのも簡単です。お好みの温度で水分を摂取できる点は大きなメリットでしょう。

ウォーターサーバーがダイエットに良い理由

ウォーターサーバーはダイエットを行うにあたって、非常に便利なアイテムでしょう。それは水分を好きなタイミングで摂取できるからです。

またウォーターサーバーであれば、お水を買い忘れる心配も少ないでしょう。お水のボトルは、自宅まで配達されます。

そのため買い物や重たいお水を運ぶなどの労力も削減することが可能です。つまり、ウォーターサーバーなら気軽に水分摂取の習慣を身に着けることができると言えるでしょう。

(まとめ)ダイエット中、入浴前の水分って大切?

1.ダイエット中も入浴前は水分を摂ることが大切です

カラダの中の水分は、汗や息などからも失われています。体内の水分が失われる前後に水分を摂りましょう。

水分不足は、カラダに害を及ぼします。タイミングに合った水分を摂るようにしましょう。

ウォーターサーバーがあれば便利に水分を摂ることができます。

2.体内の水分が失われる前後に水分を摂りましょう

体内の水分は尿や便、汗、息などによって失われます。発汗が起きそうなタイミングの前後には水分を摂取しましょう。

入浴によっても多くの汗を失います。入浴前後にはコップ1杯程度の水分を摂取してください。

3.水分不足が起こると、カラダに害を及ぼします

人間のカラダは、水分量を調整する作用があります。水分が極端に少なければ、喉の渇きやイライラ、頭痛などの症状が起こりやすくなるでしょう。

一方、摂取量が過度に多くてもカラダに悪影響を及ぼします。最適な水分量を摂取するようにしましょう。

4.水分はタイミングに適したものをとりましょう

発汗時にはミネラルを含む水分が良いでしょう。麦茶やスポーツ飲料を摂取しましょう。

食事のときは脂肪分解効果が期待できるため、緑茶が最適です。集中力を高めたいときには、カフェイン入りのコーヒーが良いでしょう。

5.ウォーターサーバーならタイミングに適した水分を摂れます

ウォーターサーバーなら90度前後のお湯を給水することが可能です。冷水も給水できるため、温度調整も簡単でしょう。

お水を買い忘れる心配もなく、買い物などの労力も削減できます。ウォーターサーバーならお水を摂取する習慣を身につくでしょう。