ダイエット中、水分を摂るタイミングによっては塩分入りが最適です

ダイエット中、水分を摂るタイミングによっては塩分入りが最適です
水分には色々なタイプがあります。その中には塩分が含まれているものもあるでしょう。

塩分は生命を維持するうえで必要不可欠な栄養素です。しかし現代人の多くは摂り過ぎと言われています。

そのため塩分が含まれる水分を摂りすぎてしまうと、塩分過多状態に陥ってしまうでしょう。その結果、高血圧などのリスクを高めると言われています。

普段は塩分が含まれない水分を摂るようにしましょう。ただし発汗時には水分だけでなく、塩分も失われています。

そのため発汗時には、塩分が含まれる水分が適していると言えるでしょう。

水分には塩分などの栄養が多く含まれるものがあります

水分の中には色々なタイプがあります。水分のタイプによって、メリット・デメリットがあるでしょう。

塩分などの成分をほとんど含まれまないお水

水分の中には、H2O以外の成分が含まれていないものがあります。いわゆる純水と呼ばれるものです。

何も成分が含まれていないため、臓器に対して負担をかける心配は少ないでしょう。つまり持病を抱えている方や赤ちゃんに対しても安心して与えることができます。

塩分などのミネラル成分を含まれむお水

塩分などのミネラルが多く含まれむお水は、含まれる量によって軟水・硬水と呼ばれます。硬水の方がミネラル成分が多いお水です。

このお水を摂るメリットは、ミネラルの効能が得られることでしょう。たとえば便通改善などの効果が期待できると言われています。

一方デメリットは、ミネラルによって臓器に負担がかかる心配がある点です。そのため赤ちゃんには不向きなお水でしょう。

また人によっては、お腹を壊すなどの症状が現れる可能性があります。

お茶

お茶
お茶にはカテキンなどの成分が多く含まれています。それらの成分によって、身体に良い効果が期待できるでしょう。

ただし、お茶の種類によって効果も変わってくるので、どのようなものが良いか検討してください。

ジュース

糖分が多く含まれる水分です。カロリーも高いため、ダイエットには適しているとは言えません。

糖分が少ないと感じた際に適している水分でしょう。

スポーツ飲料

糖分や塩分などの成分が含まれる水分です。スポーツなどをする際に摂る水分として、開発されたものになります。

バランスよく栄養が含まれているため、効率的に水分を摂ることができるでしょう。

普段は塩分が含まれない水分を摂りましょう

塩分は生命を維持するためには、必要不可欠な栄養です。塩分によって、電解質のバランスを整えるなどの作用があります。

しかし現代人の多くは、塩分過多傾向でしょう。

塩分過多による悪影響

塩分を多く摂りすぎてしまうと、血管や心臓に負荷をかけてしまう恐れがあります。そのため高血圧や腎臓病、心疾患などに繋がるでしょう。

元々、高血圧などの持病がある方は尚更注意が必要です。必要以上に塩分を摂らないように心掛けてください。

普段摂る水分は?

水分は1日1.5~2.0L程度摂った方が良いと言われています。どのような水分を摂るかによって、体調は大きく左右されるでしょう。

その量を塩分が含まれる水分で摂ってしまえば、塩分過多に陥りやすくなります。そのため普段の水分には、塩分が含まれるものは適していません。

つまり普段摂る水分は、塩分が含まれないものが良いでしょう。できれば純水や麦茶などを選択してください。

もちろん少量であれば、塩分が含まれる水分でも構いません。体調をみながら、どのような水分を摂るか考えましょう。

発汗時には塩分が含まれむ水分の方が適しています

タイミングによっては、塩分が含まれるお水の方がいい場合があります。それは発汗が多い時です。

発汗時に塩分が必要とされるのは?

スポーツなどを行うと、発汗量が増えるでしょう。その汗の中には水分だけでなく、塩分も含まれています。

そのため汗をなめると塩辛いと感じるのは、このためです。塩分が失われたまま放置すると、低ナトリウム血症を招く可能性があります。

その結果、足がつる、動作緩慢、意識がなくなるなどの症状が現れてしまうでしょう。つまり発汗時には、塩分も摂ることが大切です。

スポーツ飲料が適している理由は?

スポーツ飲料は身体に必要とされる塩分などがバランスよく含まれています。そのため発汗時には最適な水分と言えるでしょう。

さらにスポーツ飲料には糖分も含まれています。糖分が含まれることによって、水分を効率よくカラダに吸収させることができるようです。

つまり失われた水分を効率的に補うことができるでしょう。そのため発汗時には、スポーツ飲料を摂るようにしてください。

ただし摂りすぎると、太ってしまう可能性があるため注意が必要です。どうしてもカロリーが気になる方は、麦茶などが良いでしょう。

麦茶には適度なミネラルが含まれており、カロリーもほとんどありません。そのため太りにくい水分と言えます。

カラダに合った水分を上手に摂りましょう

カラダに合った水分を上手に摂りましょう
どのような水分を飲むかは、タイミングや体調によって変える方が良いでしょう。

便通を促進したいとき

便通を促進するためには、ミネラル成分が多く含まれる水分が適しています。つまり硬水を摂ると良いでしょう。

ただ硬水は、やや苦みを感じる人が多くいます。無理して摂れば、腸の動きを低下させる恐れがあるため、苦手と感じる方は摂るのを止めましょう。

体調が悪い時

体調が悪い時は、カラダに余計な負荷をかけない方が良いでしょう。そのため純水が適しています。

食欲が低下している場合には、糖分が含まれるようなスポーツ飲料などでも良いでしょう。ただ水分を摂ることで、嘔吐がある場合には早めに医療機関を受診してください。

集中力を高めたい時

集中力を高めるときは、カフェインが含まれるものが適しています。コーヒーや緑茶などを摂るようにしてください。

ただカフェインは、睡眠に影響を与える成分と言われています。そのため夜は控えた方が良いでしょう。

水分を摂って、体調が悪くなった場合には、その水分は控えてください。水分に含まれる成分がカラダに合わない可能性があります。

別のタイプの水分を選んで摂りましょう。水分が不足しないように、しっかり摂るように意識してください。

(まとめ)ダイエット中の水分は、塩分が含まれた方が良いの?

1.ダイエット中、水分を摂るタイミングによっては塩分入りが最適です

塩分は生命を維持するうえで必要不可欠です。現代人の多くが塩分摂取量が過多傾向にあります。

普段の水分は塩分が含まれないものが良いでしょう。発汗時には塩分も失われるため、塩分を含まれむ水分が適していると言えます。

2.水分には塩分などの栄養が多く含まれるものがあります

水分のタイプによって、メリット・デメリットがあります。H2O以外の成分が含まれないお水なら、赤ちゃんや持病を抱えている方に最適です。

スポーツ飲料は、スポーツに特化して開発された水分になります。失われた水分を効率よく吸収できるでしょう。

3.普段は塩分が含まれない水分を摂りましょう

塩分は電解質のバランスを整えるなどの作用があります。現代人の多くが塩分過多傾向のため、水分で塩分を摂る必要はないでしょう。

塩分過多の場合、血管や心臓に負荷をかける恐れがあります。普段は塩分の含まれまない水分を摂るようにしてください。

4.発汗時には塩分が含まれむ水分の方が適しています

発汗すると、水分だけでなく塩分も失われます。塩分が失われると低ナトリウム血症に陥るリスクがあります。

スポーツ飲料は塩分をバランスよく含まれんでいます。糖分も含まれているため、体内に効率的に水分を吸収することができるでしょう。

5.カラダに合った水分を上手に摂りましょう

水分は体調やタイミングで種類を変えることが大切です。便通を促進したい場合には、硬水が適しています。

体調がすぐれない場合には、純水が良いでしょう。集中力を高めたい場合にはカフェインが含まれる水分を摂ってください。