ダイエットの停滞期は水分摂取で乗り切りましょう


ダイエットを行うと、順調に体重が減少していたとしても、全く変わらない時期が訪れます。これが停滞期です。

停滞期は、カラダが危険信号を送っているサインです。体重を落とさないように、身体が現状を維持しようと働きます。

その結果、痩せない状態に陥ってしまいます。しかし停滞期は自然に終わるでしょう。

その間は、焦らず今まで通りのダイエットを継続してください。停滞期を最小限に抑えるためにも、急激に体重を落とさないようにしましょう。

ダイエットで停滞期は、必ず起こります

ダイエットを長期間継続して行うと、体重が落ちない時期が訪れます。これが停滞期です。

停滞期は何故起こるの?

停滞期は、人間の生理現象の一つです。ホメオスタシスと呼ばれる現象になります。

この現象は生命を維持させるために重要で、この現象があるからこそ危険信号を送ることができます。体温の調節や血糖値の維持など様々な生理現象に深く関わっています。

ダイエットの場合には、体重が急激に減ってしまうとホメオスタシスが作動しやすくなるでしょう。作動することで、エネルギーを維持しようと働きます。

つまり体重が落ちない状態になってしまうでしょう。これが停滞期のメカニズムです。

停滞期は、どの程度続くの?

停滞期が続く期間は、人によって違います。そのため数日で終わる人もいれば、数か月以上継続する場合もあるでしょう。

停滞期は元の体重よりも5%程度減らしたときに起きやすいと言われています。もしくは、ダイエットを開始して1か月程度経ったときです。

この時期には停滞期が起こる可能性が高いことを前もって把握してください。そうすることで、停滞期に入ったとしても慌てることなく対処できるでしょう。

停滞期は焦らずに乗り切りましょう


停滞期は基本的にどのようなダイエットでも起こります。停滞期が起こったとしても焦らず、やり過ごすことが大切です。

体重が落ちないからと言って、ダイエットを辞めるのは良くありません。根気強くモチベーションを維持しましょう。

摂取カロリーを見直す

1日、どの程度摂取しているのか計算しましょう。停滞期ではなく、摂取カロリーのオーバーかもしれません。

今の体重にあったカロリーなのかを考えましょう。

とりあえず2週間ダイエットを辞めてみる

飢餓状態と感じたため、ホメオスタシスが起きています。そのため飢餓状態と感じなければ、停滞期は脱却できるでしょう。

つまり2週間程度ダイエットを辞めて、停滞期を過ごしましょう。

有酸素運動などを行う

今までとは異なる運動をするのも一つの手です。刺激を加えることによって、飢餓状態ではないとサインを送ると言われています。

ただ確実に停滞期を脱却できるわけではありません。つまり停滞期を確実に脱却できる手段はないと言えるでしょう。

そのため停滞期に入ったら、いつか終わると気にしすぎないことが大切です。ある程度期間が経てば、また徐々に体重が落ちていきます。

そのときに停滞期から脱却したと考え、さらにダイエットを行いましょう。

停滞期を少なくするためには、無理なダイエットは禁物です

どのようなダイエットでも停滞期は起こります。しかし停滞期をできる限り起こさないことも大切でしょう。

急激に体重を落とさない

体の変化に伴い、ホメオスタシス機能が働きます。つまり身体の変化を感じさせなければ、ホメオスタシス機能は起こりにくいと言えるでしょう。

つまり急激に体重を落とすことで、停滞期は起こりやすくなります。一方、徐々に体重を落とせば、停滞期が起こらない可能性があるでしょう。

極端な食事制限をしない

食事制限は飢餓状態を生み出す原因です。極端に食事を制限することによって、わずかな栄養素でも吸収しやすいカラダになるでしょう。

しっかり栄養を摂取することによって、体重が落ちたとしても飢餓状態とは感じにくいと言われています。そのため停滞期を起こさない予防として、無理なダイエットを避けてください。

停滞期を起こしにくいダイエット

健康的なダイエットを行うことが大切です。長期的な視野で、徐々に体重を落とすようにしましょう。

また健康的なダイエットを行うことで停滞期を予防するだけでなく、肌のトラブルなどを招かずにダイエットすることができます。そのため、よりキレイな状態で体重を落とすことが可能でしょう。

水分にはリラックス効果が期待できます。


水分は生きるために必要なものです。それ以外にも水分の効果によってダイエットが成功しやすくなるでしょう。

水分がダイエットに必要な理由

水分を摂取することで、汗や尿などが多く排出できます。それによって汗や尿などと一緒に老廃物を排出する効果が期待できるでしょう。

さらに便も水分を含むため排出しやすくなります。その結果、体重を減らす効果に繋がります。

そのため水分は、ダイエット中も積極的に取り入れるようにしてください。また停滞期であっても水分は、必ず摂取しましょう。

ただしダイエットしやすい水分のとり方があります。正しいとり方をしなければ、マイナスに働くため注意してください。

温水を取り入れる

ダイエットのためには温水が最適です。温水なら臓器の温度が低下することはありません。

その結果、代謝をアップしやすくなります。代謝がアップすれば、無理なく痩せる状態に変わっていくでしょう。

また代謝をアップすることによって、免疫力の向上にも繋がります。免疫を高めるためにも温水が良いでしょう。

ノンカロリーを摂取しましょう

水分にはジュースやスポーツ飲料、お茶など種類が豊富です。しかしカロリーのあるような水分はダイエットには適していません。

それは糖分が多く含まれるため、太ってしまうリスクが高まります。できればノンカロリーのお水やお茶などを選んでください。

つまりダイエットのためには、カロリーなども考えながら、最適な水分を選びましょう。水分を摂ることで、リラックス効果も期待できます。

そうなれば、ダイエットのストレスを緩和しやすくなるでしょう。

(まとめ)ダイエットの停滞期を水分で乗り切る秘訣とは?

1.ダイエットの停滞期は水分摂取で乗り切りましょう

停滞期はカラダが危険信号を送っているサインです。正常な生理現象なので、焦らないようにしましょう。

停滞期の間は、今までのダイエットを継続してください。停滞期を起こさないためにも、急激に体重を落とさないようにしましょう。

2.ダイエットで停滞期は、必ず起こります

停滞期は人間の生理現象の一つです。ホメオスタシスと呼ばれる現象になります。

急激に体重が低下することで危険を感じ、エネルギーを蓄えようとします。停滞期の期間は、人によって様々です。数日から数か月続く場合があるでしょう。

3.停滞期は焦らずに乗り切りましょう

停滞期は、どのようなダイエットでもおこります。摂取カロリーを見直す、2週間ダイエットをやめる、有酸素運動を行うなどしましょう。

停滞期に入ったとしても焦らず、ゆっくりやり過ごしましょう。停滞期から脱却すれば、またダイエットを再開してください。

4.停滞期を少なくするためには、無理なダイエットは禁物です

停滞期を予防するためにも急激に体重を落とすのは避けましょう。長期的視野で徐々に体重を落とすことが大切です。

また極端に食事制限をするダイエットも良くありません。栄養はしっかり摂りながら、飢餓状態を招かないようにしましょう。

5.水分にはリラックス効果が期待できます。

ダイエットのためには水分を積極的に摂りましょう。老廃物を排出するなどの効果が期待できます。

温水であれば代謝アップや免疫力アップにも繋がるでしょう。カロリーのない水分を選ぶようにしましょう。