ダイエット中は、野菜たっぷりスープで水分を補給することが大切です


スープに置き換えるようなダイエットが注目されています。スープに置き換えることで、栄養や水分も摂れるため一石二鳥です。

しかしスープの内容によっては栄養が偏ってしまう可能性もあります。そのため具だくさんのスープを摂るようにしましょう。

またタンパク質が不足しやすくなるので、スープだけでなくお肉なども摂ってください。置き換えダイエットをする場合には、期間を設定しましょう。

無理のない範囲でダイエットを実行してください。

スープなら水分補給も行えるので一石二鳥です

野菜などの具をたっぷり使ったスープは、食材の旨味が溶け込み非常に美味しいと評判です。近年、そんなスープを摂取するダイエット法が注目を浴びています。

野菜スープで痩せるって本当?

結論から言えば、野菜スープで痩せるのは本当です。しかし間違った方法で行えば、痩せることはできません。

また不調に陥る原因になることもあります。そのため野菜スープでダイエットする場合には注意しましょう。

野菜スープを置き換えることで、基本的に摂取カロリーを減らせる効果が期待できます。さらに野菜の栄養がスープに溶けているため、汁まで飲み干すスープは栄養を十分に摂ることができるでしょう。

食生活が炭水化物が多い人にとって、スープダイエットはリセットするのに最適な方法と言えるでしょう。

スープダイエットの注意点

スープダイエットは、基本的に短期間で行うダイエットです。摂取カロリーを制限しているため、ガクッと体重が下がることがあります。

しかし体重減少は、一時的なものです。元の食生活に戻れば、体重も戻ってしまうでしょう。つまり長期的な視野でダイエットを行いたい人には、あまり向いていないといえるでしょう。

その場合には置き換えるのではなく、普段の食事にスープを加える方法が良いでしょう。毎日摂ることで、スープに含まれる栄養を補給することができます。

また前日食べすぎた場合にも調整役としてスープを用いても良いでしょう。状況に合わせて、スープの摂り方を検討してください。

具だくさんのスープを摂るようにしましょう


野菜スープは、自己流で作っても大丈夫です。好みに応じて、スープを作ってみましょう。

野菜スープの材料

スープにいれる野菜は、まずニンジンです。ニンジンにはビタミンAがたっぷり含まれています。

ビタミンAはターンオーバーや肌の潤いを保つ重要な成分です。そのため積極的にいれたい材料でしょう。

次にトマトです。トマトには脂肪増加を抑制する働きがあると言われています。

またキャベツや玉ねぎもいれるようにしましょう。キャベツは低カロリー食材です。

さらに腹持ちも良いためダイエットにはオススメの食材でしょう。

野菜スープの作り方

野菜スープは非常に簡単です。

1.野菜を一口大に切る
2.鍋に切った野菜とお水を加え煮込む
3.野菜に火が通ったら、コンソメやチリソースなどで味付けしましょう

作り方はこれだけです。簡単なので、スープダイエットは実行しやすいダイエットと言われています。

ただタンパク質は含まれていないので、スープと一緒にお肉やお魚を摂るようにしてください。タンパク質不足になると、身体に悪い影響を与えるため注意してください。

また数日間、野菜スープを摂るようになります。そのため飽きが来ないように工夫しましょう。

コンソメやチリソース、キムチなどアレンジを加えてください。

置き換える場合には、期間を決めて行いましょう

野菜スープを置き換える場合には、正しいやり方があります。

野菜スープダイエットのやり方
  • 1日目:スープと果物だけを摂る
  • 2日目:スープと野菜だけを摂る
  • 3日目:スープと果物と野菜だけを摂る
  • 4日目:スープとバナナ、スキムミルクを摂る
  • 5日目:スープと肉とトマトの日を摂る
  • 6日目:スープと牛肉と野菜を摂る
  • 7日目:玄米と野菜とフルーツジュースを摂る

野菜スープダイエットには上記のようなスケジュールが指定されています。できる限りスケジュール通りに行うようにしましょう。

お肉を摂るスケジュールのときは、多めに摂って下さい。タンパク質をしっかり補いましょう。

注意点

野菜スープに置き換えるダイエットは、7日間で実行します。そのため、勝手にダイエットの期間を延長しないでください。

延長することで、栄養不足を招く恐れもあります。また7日目が終わったからと言って、暴飲暴食が即OKな訳でもないでしょう。

ダイエット期間が終わっても、少量の食事から摂るようにしてください。徐々に体調を回復させてください。

身体の状況をみながらダイエットを実行しましょう


野菜スープで置き換えるダイエットは、長期間行うダイエットではありません。そのため野菜スープに頼り過ぎるダイエットは良くないでしょう。

水分をしっかり摂る

ダイエットを実行するためには、水分は欠かすことができません。そのため水分を積極的に摂るようにしましょう。

できれば1日2L前後摂ると良いとされています。どの程度、水分が摂れているか確認してください。

エクササイズを実行する

食事だけに頼ったダイエットでは、リバウンドしやすいと言われています。そのためエクササイズも欠かさずに実行しましょう。

できれば負荷が強いエクササイズと、負荷が弱いエクササイズを実行して下さい。そうすることで脂肪を燃えやすくするでしょう。

またエクササイズを行うことによって、内側から引き締める効果が期待できます。そのため、よりスタイルを良く見せられるでしょう。

体調を確認する

無理なダイエットを実行すれば、体調に変化がみられます。そのため不調がないか常に確認しましょう。

少しでも不調がある場合には、かかりつけ医を受診してください。

自分にあったダイエットを行いましょう

ダイエットのやり方は人それぞれです。人によって、向いているダイエット法が異なります。

ストレスがとてもかかるようなダイエットは継続できません。そのため、自分にあったダイエット法を実行することが大切です。

自分にあっていれば、過度にストレスがかかる心配もないですし継続しやすいため、理想の体型を手に入れやすくなります。

様々なダイエットを試し、自分にあった方法をみつけましょう。

(まとめ)ダイエット中の水分補給は、スープでも良いの?

1.ダイエット中は、野菜たっぷりのスープで水分を補給することが大切です

スープを摂ることによって、栄養や水分も同時に補給することができます。ただし栄養が偏らないように、タンパク質なども摂ってください。

置き換える場合には期間を設けるようにしましょう。無理のない状態でダイエットを実行してください。

2.スープなら水分補給も行るので一石二鳥です

野菜スープには、たっぷりの栄養や旨味が含まれています。置き換えることで短期的なダイエットに繋がるでしょう。

元の食生活にすれば、体重は戻ってしまいます。普段の食事に追加するなど、状態に応じて水分を補給しましょう。

3.具だくさんスープを摂るようにしましょう

ニンジンやキャベツ、タマネギなどの野菜をスープに入れましょう。野菜を切って煮込むだけなので、簡単にスープが作れます。

自分の好みでコンソメなど味付けを行いましょう。タンパク質が不足しないように注意してください。お肉なども一緒に摂りましょう。

4.置き換える場合には、期間を決めて行いましょう

野菜スープダイエットは、スケジュールが決められています。7日間で実行しましょう。

ダイエット後は、徐々に普段の食事に戻して下さい。安易な判断でダイエット期間を延長するのは避けましょう。

5.身体の状況をみながらダイエットを実行しましょう

野菜スープに頼り過ぎると良くありません。ダイエットを成功させるためには水分をしっかり摂るようにしてください。

エクササイズを行い、内側からもアプローチしましょう。無理なく継続出来るダイエットを実行してください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。