ダイエット中の水分に、スポーツドリンクは適していません


スポーツドリンクは名前の通り、スポーツをする時に飲むものです。スポーツドリンクの中には塩分や糖分がバランス良く含まれています。

そのバランスによって、より体内に吸収しやすい状態になっているでしょう。スポーツをすると多くの汗が出ます。

そのためスポーツドリンクが適していると言えるでしょう。しかし普段から飲んでいると塩分や糖分が多すぎです。

ダイエットのためには、普段はお水をメインに飲むようにしてください。お水にも硬度の高いお水や低いお水があるので、お好みのものを選びましょう。

スポーツドリンクは、スポーツをする時に飲みましょう

スポーツドリンクとして豊富な種類が市販されています。そもそもスポーツドリンクにどのような成分が含まれているか知っていますか?

スポーツドリンクは、その名の通りスポーツをする時に特化した飲料です。そのため脱水をきたさないように工夫がされています。

スポーツドリンクに含まれる成分

市販されている商品によって成分が違います。一般的な成分は以下の4つです。

  • エネルギー
  • 炭水化物
  • ナトリウム
  • アミノ酸

スポーツドリンクのエネルギーは、比較的少なめに作られています。商品によっては、ほとんどエネルギーがないものもあります。

炭水化物やナトリウムを含むことによって、体内の水分吸収率を上げる働きがあると言われています。さらに塩分があれば、多汗による低ナトリウム血症を予防できるでしょう。

またスポーツドリンクにはアミノ酸が豊富です。アミノ酸には、筋肉の疲労を回復させる働きがあります。

そのためスポーツドリンクは、スポーツ時に最適な飲み物と言えるでしょう。

スポーツドリンクが普段向かない理由

日常の水分として、スポーツドリンクは向いていないと言われています。それはスポーツドリンクに含まれる炭水化物やナトリウムの影響があるからです。

スポーツドリンクを飲み過ぎれば、炭水化物やナトリウムを過剰にとることと同じです。そうなればダイエットを順調に進めることができなくなります。

またナトリウムの副作用でむくみなどの症状をきたしやすくなるでしょう。そのためスポーツをしていないときは、スポーツドリンクは飲まないようにしてください。

ダイエット中の水分は、お水が最適です


ダイエット中であれば、最適な水分はお水と言われています。

ダイエット中にお水がいい理由

お水が良い理由は、まずカロリー面でしょう。お水は、基本的にカロリーがありません。

そのため幾ら飲んだとしても、体重が増えるリスクは低いでしょう。さらに、お水は排便を促す効果が期待できます。

そのため身体から不要なものを排出し、健康的なダイエットに繋がるでしょう。

お水の正しい飲み方

ダイエットを行うためには、いくつかのポイントを押さえた飲み方を心がけましょう。まずは氷を入れたお水はNGです。

キンキンに冷やしてしまえば、胃腸に負担をかけてしまいダイエットに良くありません。ダイエットのためには、少し温かいと感じる程度の温度で飲みましょう。

次に飲む頻度です。お水はとりすぎれば体内から尿として排出されます。

そのため多めの頻度で、お水を与えるようにしましょう。最後のポイントが一日の摂取量です。

一般的な生活を過ごしている場合、1,500~2,000ミリリットル前後の水分を飲むようにしましょう。屋外での作業を行っている方などは、もう少し多めのお水を飲んだ方が良いと言われています。

ダイエットをスムーズにすすめるためにも、日々水分は意識してください。つい忘れがちの方は、お水を持ち歩くと良いでしょう。

いつでも飲める環境を整えてください。

⇒ダイエットにほうじ茶を取り入れたい場合には、こちらの記事ダイエット中の水分は、ほうじ茶でも良いの?をお読みください。

お水の特性を考えてから、お水を選びましょう

お水を選ぶ際、何を基準にしていますか?お水には硬度やPH値など様々な違いがあります。

それらの違いを知ることで、より適したお水をチョイスできるでしょう。

硬度の違い

硬度はマグネシウムとカルシウムの含有量で決定されます。含有量が多ければ、硬度の高いお水とされ硬水と呼ばれます。

一方、含有量が少なければ硬度の低いお水、軟水となるでしょう。マグネシウムなどの効果をより得たければ硬水を選ぶようにしてください。

もともとお腹を壊しやすい方は、軟水を選んだ方がいいでしょう。

PH値の違い

水溶液の中に、水素イオンがどの程度含まれているかによって決められます。0に近いほど酸性となり、14に近いほどアルカリ性です。

身体の中は弱アルカリ性に保たれています。しかしストレスなどの影響を受けると酸性に傾いてしまうと言われています。

ほかにも採掘地域の違い、処理方法などの違いがあります。それぞれの特徴を把握することで、お水が選びやすくなるでしょう。

最適なお水を選ぶためにも、ラベルを一度確認してください。

ウォーターサーバーは、いつでも水分を飲むことができます


ダイエットをするためには、お水をいつでも飲める環境を整えることが大切です。そのためにはウォーターサーバーは最適でしょう。

ウォーターサーバーが最適な理由

ウォーターサーバーがあれば、いつでも新鮮なお水を飲むことができます。さらにダイエットに最適な温度のお水を飲めるのも魅力でしょう。

温かいお水を飲むためには、一度お湯を沸かす手間がかかります。ウォーターサーバーがあれば、沸かす手間を短縮できます。

ウォーターサーバーを設置する際の注意点

ウォーターサーバーを設置する場合、まずはどこに設置するかシミュレーションしましょう。どうしても設置する場所が確保できない場合には、卓上型などを選択してください。

また機能面も検討しましょう。お子様がいる家庭であればチャイルドロック機能はあった方がいいかもしれません。

ほかにも節約や掃除に特化した機能を備えているサーバーもあります。どのようなウォーターサーバーにするか事前に検討することによって、設置してから後悔することがないでしょう。

(まとめ)ダイエット中の水分ってスポーツドリンクでも良いの?

1.ダイエット中の水分に、スポーツドリンクは適していません

スポーツドリンクには塩分や糖分がバランス良く入っています。スポーツで汗が出るときには、スポーツドリンクが最適です。

普段はお水をメインで飲むようにしましょう。お水を飲むときは、硬度などをチェックしてください。

2.スポーツドリンクは、スポーツをする時に飲みましょう

スポーツドリンクには炭水化物やナトリウム、アミノ酸などが入っています。スポーツ時に水分の吸収率を高めてくれるでしょう。

アミノ酸には筋肉の疲労を回復させる作用が期待できます。スポーツをする時以外にスポーツドリンクを飲むのは控えましょう。

3.ダイエット中の水分は、お水が最適です

ダイエット中は、お水が最適な水分です。お水にはカロリーがないため、飲み過ぎても太る心配はいりません。

お水は冷えたものよりも温かいお水を飲むようにしましょう。1,500㎖前後の水分を頻回に飲むようにしてください。

4.お水の特性を考えてから、お水を選びましょう

硬度はマグネシウムとカルシウムの含有量で決定されます。硬度が高ければ硬水、低ければ軟水です。

PH値も水素イオンの量で決まります。体内は弱アルカリ性に保たれていますが、ストレスなどの影響で酸性に傾くことがあるでしょう。

5.ウォーターサーバーは、いつでも水分を飲むことができます

ウォーターサーバーならダイエットに最適です。いつでも最適な温度のお水を飲むことができます。

ウォーターサーバーを置く場合は、事前にシミュレーションを行ってください。ウォーターサーバーを設置してから後悔しないようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。