ダイエット中の水分は、ほうじ茶を選んでも大丈夫です


ほうじ茶にはビタミンやカテキン、ポリフェノールなど美容に良いと言われている成分が豊富に含まれています。そのためダイエットにオススメのお茶と言えるでしょう。

カフェインの量も少なめなので、安心して飲むことができます。ただ少ないと言ってもゼロではありません。

そのため飲み過ぎには注意しましょう。お水や麦茶など他の飲み物と併用してください。

ほうじ茶の場合、熱中症対策も効果的と言われています。屋外での活動を行う前に飲むと良いでしょう。

ほうじ茶のパワーを最大限に利用してください。

ほうじ茶は肥満や生活習慣病の予防などの効果が期待できます

ダイエットでほうじ茶を飲もうと考えていませんか。ほうじ茶にはダイエットに良いとされる成分が豊富に含まれています。

肥満を予防する

ほうじ茶に含まれるカテキンの作用によるものです。カテキンには脂肪の吸収を抑制する効果が期待できます。

さらに脂肪の分解を促進させる作用もあるため、脂肪を身体につきにくくします。

生活習慣病を予防する

カテキンとクロロフィルと呼ばれる成分による働きです。血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。

その結果、生活習慣病の予防に繋がるでしょう。

リラックス作用

ほうじ茶の香ばしい香りは、脳に伝わるとα波を発生する働きがあるとされています。そのα波にはリラックス効果があると言われています。

殺菌作用

ほうじ茶に含まれるポリフェノールの一つであるカテキンの作用によるものです。細菌やウイルスを攻撃する作用があるため、風邪予防や口臭対策にも効果があるでしょう。

また食中毒を引き起こすO157にも効果的と言われています。そのため食中毒予防のためにも、ほうじ茶を飲むと良いでしょう。

綺麗な肌をつくる

ビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。これらのビタミンは抗酸化作用があり、肌の酸化を予防する効果が期待できます。

さらにビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養素です。コラーゲンを作ることによって、肌のハリを上げる効果もあるでしょう。

冷え症対策

ほうじ茶の香りに含まれるピラジンによるものです。ピラジンには血管を拡張させる作用があると言われています。

そのため血管を拡張することで、血流が改善し冷え症の対策になるでしょう。

これらの作用によって、ほうじ茶はダイエットに良いとされています。

ほうじ茶はカフェインが少ないと言われています

多くのお茶の中には、カフェインが含まれています。その中でも、ほうじ茶に含まれるカフェインの量は少なめです。

ほうじ茶にカフェインが少ない理由

ほうじ茶にカフェインが少ない理由は二つあると言われています。

まず、成長した茶葉を用いているからです。茶葉は成長するにつれカフェインの量が少なくなります。

二つ目は、高温で茶葉を炒って作られているからです。高温で炒ることによって、カフェインがさらに少なくなるでしょう。

これらの理由から、ほうじ茶はカフェインが少ないお茶なのです。しかしカフェインがゼロという訳ではありません。

そのため飲む量に注意する必要があります。

ほうじ茶に含まれるカフェインの量

ほうじ茶に含まれるカフェインの量は、100mlあたり20mg程度と言われています。

  • インスタントコーヒー:40mg程度
  • 緑茶:30mg程度
  • 玉露:110mg程度
  • 煎茶:20mg程度

つまり、ほうじ茶はインスタントコーヒーと比較すると1/2程度しか含まれていません。ただ全く含まれていない訳ではないため、カフェインの量には注意が必要です。

カフェインのとりすぎによる注意点

ほうじ茶を数杯程度であれば、カフェインのとりすぎにはなりません。ただコーヒー好きや他のお茶もよく飲む人の場合、カフェインをとりすぎてしまう可能性があります。

  • 情緒不安定
  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 頭痛
  • めまい
  • 尿が近い
  • 寝付きが悪い

上記のような症状がある場合には、とりすぎの疑いがあります。カフェインの許容量は、人によって違います。

ただ妊娠中や幼い子どもの場合、カフェインが体に悪影響をきたす恐れがあるため、カフェインを含む飲み物のとりすぎには注意してください。

発汗時には、ほうじ茶や麦茶がおすすめです

ほうじ茶は、どのタイミングで飲んでも問題はありません。ただ発汗時には、ほうじ茶を飲むと良いと言われています。

ほうじ茶が良い理由

発汗時は、体内のミネラルも少なくなっています。ほうじ茶であればカテキンなどの栄養素が豊富に含まれています。

つまり、熱中症などの対策に繋がるでしょう。

ほうじ茶以外におすすめの水分

熱中症対策のために麦茶もおすすめです。麦茶には、一切カフェインが含まれていません。

そのため妊娠中の人でも安心して飲むことができます。またミネラルも豊富です。

発汗によって失われたミネラルを上手く補えます。できれば発汗する前に麦茶やほうじ茶を適量飲むようにしてください。

また休憩の間も、少量飲むようにしましょう。そうすることで水分やミネラルを補え、熱中症の対策になります。

ほうじ茶はホットで飲みましょう


ほうじ茶はアイスでもホットでも美味しく飲めますが、ダイエットのためにホットで飲むのが望ましいでしょう。

ホットで飲む効果

ホットで飲むことで、体温の低下を防ぐことができます。そのため、代謝を下げずによりダイエットがしやすくなるでしょう。

ほうじ茶の煎れ方

1.急須に茶葉を入れます
2.90度から100度程度のお湯を注ぎます
3.30秒程度待ち、湯飲みに注ぎましょう

1人あたり3g程度の茶葉を目安にすると良いでしょう。美味しいほうじ茶を煎れ、ダイエットの効果を高めてください。

ほうじ茶だけでなく、お水や麦茶などの水分も併用すると良いでしょう。

(まとめ)ダイエット中の水分は、ほうじ茶でも良いの?

1.ダイエット中の水分は、ほうじ茶を選んでも大丈夫です

ほうじ茶にはビタミンやカテキンなどの栄養が豊富に含まれています。カフェインは少なめですが、飲み過ぎには注意しましょう。

熱中症対策としても、ほうじ茶はおすすめです。屋外での活動前に飲むようにしましょう。

2.ほうじ茶は肥満や生活習慣病の予防などの効果が期待できます

カテキンの作用によって脂肪の吸収を抑制、脂肪の分解を促進する効果が期待できます。カテキンとクロロフィルによって悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。

他にもリラックス効果や美肌効果など美容に嬉しい作用があります。

3.ほうじ茶はカフェインが少ないと言われています

ほうじ茶は成長した茶葉を用いて高温で炒るため、カフェインの含有量が少なくなります。ほうじ茶は、インスタントコーヒーの半分程度の含有量です。

カフェインをとりすぎると情緒不安定などの症状をきたします。

4.発汗時には、ほうじ茶や麦茶がおすすめです

発汗時にはミネラルも多く失われます。ほうじ茶や麦茶でミネラルを補うようにしましょう。

発汗する前に麦茶やほうじ茶を適量飲みましょう。こまめに飲むことで熱中症対策になります。

5.ほうじ茶はホットで飲みましょう

ダイエットを意識している方は、体温を下げないためにも、ほうじ茶はホットで飲むようにしましょう。90~100度程度のお湯で煎れると、美味しいほうじ茶を飲むことができます。

茶葉は1人3g を目安にしましょう。ほうじ茶以外にも、お水や麦茶などを併用して飲むと良いでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。