バナジウムが配合されたお水のダイエット効果は医学的根拠がありません


バナジウムはワカメなどに配合された成分のことです。血糖値を下げる、糖尿病予防・動脈硬化の予防などの効果があると言われています。

しかしこれらの効果は人間に対し、どの程度の効果があるのかハッキリわかっていません。そのため過剰に期待をするのはやめましょう。

人によっては、副作用を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。バナジウムはサプリでも摂取できるので、自分に合った方法でバナジウムを摂取するようにしてください。

宅配されるお水の中には、バナジウムが配合されたお水があります

バナジウムとはワカメやアサリ、ひじきなどに豊富に含まれている栄養素です。近年ではバナジウムが配合されたお水も多く宅配されています。

バナジウムを摂取することで、いろいろな効能があると言われています。

血糖値を低下させる

バナジウムを継続的に摂取することで、インスリンと同様の働きをすると考えられています。その結果として血糖値を下げる効果が期待できるでしょう。

糖尿病予防

バナジウムと食事を併用することで、血糖値の上昇を予防する効果が期待できます。つまり血糖値の上昇が起こりにくいので、糖尿病予防に繋がるでしょう。

ダイエット効果

血糖値が下がると、血液がサラサラになると言われています。そのため血流が良くなる効果が期待できるでしょう。

血流が良くなれば、老廃物を排出できるなどデトックスに繋がっていくと考えられています。

ただ上記のような効果は、実際に人間に対し得られるのかハッキリわかっていません。そのためどの程度摂取したらよいのか医学的にわかっていないのが現状です。

そのためそれらの効果を過剰に期待しすぎないほうがよいでしょう。

バナジウムは富士山付近で採れる成分で配達することが可能です


天然のバナジウムは富士山近郊で採掘することができます。つまりバナジウムのミネラルウォーターは、ごく一部の地域でしか採ることができません。

ミネラルウォーターに含まれるバナジウムの量

ミネラルウォーターに含まれるバナジウムの量は、ごく少量です。1リットルあたり、50~180ug程度と言われています。

多くのミネラルウォーターが100ug以下です。干しひじきであれば、100gあたり520ugとされています。

そのためミネラルウォーターだけで、どれほど効果が得られるのかはわかりません。ただ手軽に採れるという点では、ミネラルウォーターはメリットがあるでしょう。

バナジウムの副作用

バナジウムのミネラルウォーターを検討する場合、副作用に注意する必要があります。とくに糖尿病の治療を行っている方は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。

糖尿病の治療を行っている場合、極端に血糖値を低下させ、低血糖を招く恐れがあります。そのため少量であっても医師に意見を仰ぐ方がよいでしょう。

主な副作用として下痢などの症状があります。ただ副作用は過剰に摂取した場合に起こるため、一般的な量を摂取していれば副作用は起こりにくいと言えるでしょう。

バナジウムはサプリで摂取することもできます

バナジウムはミネラルウォーターだけでなく、別の方法でも接種することができます。

バナジウムをとる方法

・食材
・サプリ

上記のような方法でバナジウムを摂取できます。サプリなら比較的簡単に摂取することができるでしょう。

ただバナジウムの含有量は、商品によってさまざまです。そのため一概にサプリがよいとは言い切れません。

またどの程度バナジウムが体内に吸収できるのかもハッキリしません。そのため安易にサプリを選択するのはやめてください。

どうしてもバナジウムのサプリをとりたい場合には、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

バナジウムを効果的にとる方法

バナジウムをしっかり摂取するためには、食材から摂る方が最適でしょう。バナジウムが多く含まれる食材を積極的に摂るようにしてください。

・アサリ
・ひじき
・海苔
・ホタテ
・ホヤ
・いわし
・エビ
・カニ
・マッシュルーム
・パセリ
・黒コショウ

上記のような食材に多く含まれていると言われています。さまざまな食材と組み合わせてとるように心がけましょう。

赤ちゃんに与えても大丈夫?

食事の中に含まれているバナジウムの量であれば、とくに問題はないと言われています。ただバナジウムを過剰摂取は、副作用の面からおすすめできません。

赤ちゃんの健康のためにも、過剰摂取は控えるようにしてください。

ウォーターサーバーなら、さまざまなお水を選ぶことができます


私たちの健康にとって、バナジウムなどのミネラルは欠かすことができません。ただミネラルの過剰摂取による副作用もあるため注意するようにしてください。

お水を選ぶ際は、ミネラルの含有量だけでなくいろいろな選び方があります。自分に合ったお水を選ぶためにもチェックするようにしましょう。

味・風味

お水にも好みの味があります。とくにミネラルの含有量が多いものはクセが強くなるため、苦手と感じる人も多くいるでしょう。

口に合わないお水なら、継続的に摂取することができません。そのため味や風味は一番重要なチェック項目です。

誰が摂取するのか

摂取する人も、お水を選ぶ際には重要になってきます。健全な人が摂取するのであれば、どのようなお水を選んでも問題ないでしょう。

赤ちゃんや高齢者、病気を患っているなどの人が摂取するのであれば、ミネラルが少ない軟水やピュアウォーターを選ぶようにしてください。

価格

継続して摂取するのであれば、価格も気になるポイントでしょう。ただ安ければよいわけではありません。

採水地や管理体制などをチェックし、安全なお水を選択するようにしてください。ウォーターサーバーであれば、ペットボトルよりもリーズナブルでお水を手に入れることができるでしょう。

ウォーターサーバーにも色んな種類のお水があるため、一度チェックしてください。状況にあったお水を上手く摂取するようにしましょう。

お水を積極的に取り入れたいと考える方は、ウォーターサーバーを検討してください。

(まとめ)バナジウムのお水は、ダイエット効果が高いの?

1.バナジウムが配合されたお水のダイエット効果は医学的根拠がありません

バナジウムはワカメなどに含まれる成分のことです。バナジウムによって血糖値を下げる、動脈硬化の予防などの効果があると言われています。

バナジウムの効果については、まだハッキリわかっていないため過剰に期待するのはやめましょう。

2.宅配されるお水の中には、バナジウムが配合されたお水があります

バナジウムはワカメやひじきなどに豊富に含まれています。バナジウムを摂取することで血糖値を低下させる、ダイエットなどの効果が期待できるでしょう。

バナジウムの効果については、全く医学的根拠がありません。そのため過剰に期待するのはやめましょう。

3.バナジウムは富士山付近で採れる成分で配達することが可能です

バナジウムのミネラルウォーターは、富士山近郊で採掘されます。ミネラルウォーターに含まれるバナジウムの量は、ほとんどの場合ごく少量です。

糖尿病治療を行っている方は、医師に相談してからバナジウムを摂取するようにしてください。

4.バナジウムはサプリで摂取することもできます

バナジウムはサプリでもとることができます。含有量や吸収量が異なるため、サプリを安易に使うのはやめましょう。

バナジウムをとりたい場合には、食材から摂るようにしてください。赤ちゃんに積極的に与えるのは避けるようにしましょう。

5.ウォーターサーバーなら、さまざまなお水を選ぶことができます

ミネラルの過剰摂取は副作用をあるため注意しましょう。自分が飲みやすい味のお水を選ぶようにしてください。

赤ちゃんが飲む場合には、軟水やピュアウォーターを選択しましょう。状況に合わせたお水を上手に摂取してください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。