ダイエットのため、お水を飲むタイミングは食事以外にも数回に分けることが大切です


お水は普段の水分摂取だけでなく、ダイエット中にもおすすめです。ダイエットのためであれば、食事中や食事前にもお水を飲むようにしましょう。

またHOTを飲むことで、胃腸を温めダイエットの効果をさらにアップすることが期待できます。純水であれば身体に負担をかけないにくいので、おすすめのお水です。

ウォーターサーバーのお水の中にも純水があります。純水なら、妊娠している方や乳幼児がいる家庭でも利用することができるでしょう。

お水は腸に負担をかけにくい温度があります

お水は普段から多めに摂取することが大切です。多めに摂取することで血流が良くなるなど、健康を維持する効果が期待できます。

ダイエットのためだけでなく、普段のお水も適切な方法で摂取するようにしましょう。

お水を飲むタイミング

お水は、一回で多く飲んでも意味がありません。むしろ臓器のオーバーワークが起こるため、マイナスに働く可能性もあります。

そのためこまめに飲むようにしましょう。

・起きたとき
・寝る前
・エクササイズの前後
・入浴の前後
・食事中

上記のようなタイミングは忘れずに摂取してください。これらのタイミングは、体内の水分量が減っている、または減る直前です。

そのためお水を飲むことで、体内の水分量をキープしやすくなるでしょう。

お水の適温

基本的にお水は温かい方が望ましいでしょう。温かなお水であれば、副交感神経を優位にする作用があると言われています。

そのため寝る前に飲むことで、リラックスした気分になり睡眠の質が良くなる効果が期待できるでしょう。また温かければ、内蔵の温度を下げることがありません。

そのため体温の低下を防ぎ、代謝をアップできるでしょう。ただし10度前後のお水を飲んだ方がよい場合もあります。

それは入浴後やエクササイズ後です。10度前後のお水は、体内への水分吸収率が高いと言われています。

そのため早く体内に水分を取り込みたい場合には、やや冷たいお水を摂るようにしましょう。

また寝起きも冷たいお水の方がよいと言われています。それは冷たいお水で刺激するので、ガストリンと呼ばれるホルモンが多く分泌されるでしょう。

その結果として胃を活発に働かせ便通が良くなる効果が期待できます。つまり状況に合わせて、お水の温度を調整するようにしましょう。

お水の飲み方によって身体によい効果をもたらします


お水はタイミングや温度以外にも、飲む量を意識するようにしましょう。

お水の適正量

お水をたくさん飲んだからと言って、健康によいわけではありません。むしろ適正量以上に飲めば、めまいや吐き気などの症状を招く恐れがあるため注意してください。

基本的には約2.5リットルが必要です。しかしすべて飲料水から摂取する必要はありません。食材からも水分を摂ることができます。

一般的に食材から約800ミリリットル摂取できると言われています。そのため飲料水としては1.5リットル前後摂取するようにしましょう。

適正量よりお水が足りない時

体内にお水が足りていない場合、身体を健全に保つことができません。

・めまい
・頭痛
・悪心
・意識障害
・けいれん
・昏睡
・幻覚

上記のような症状があらわれてきます。場合によっては生命を脅かす場合もあるため注意が必要です。

また血液の流れが悪くなり、脳血管の疾患も起こりやすくなるでしょう。そのため水分は、しっかり摂るように心がけてください。

喉が渇いたと感じたときは、すでに脱水状態と言われています。そのため喉が渇く前に、水分を摂取することが大切です。

純水ならストレスをかけずに飲めるのでおすすめです

お水にはたくさんの種類があります。分類する方法もいろいろです。

硬度の違い

お水のラベルを見ると、硬度が記載されています。

・軟水
・硬水

この2つに大きく分類されるでしょう。この違いは、ミネラルの配合量です。

配合量が多ければ硬水、少なければ軟水と言えます。

ミネラルが多い方が、ややクセもあり飲みにくさを感じてしまいます。ただ消化機能を活発にさせる効果も期待できるでしょう。

軟水はクセが少なく飲みやすい特徴があります。さらにミネラルが全く含まれていないものは、純水です。

純粋なら、どなたでも安心して摂取することができます。内蔵への負担も少ないので、体調に不安がある方や、乳幼児にはおすすめのお水です。

その他の分類

他にもお水は天然水、RO水に分類することができます。天然水とは、自然に採られたお水のことです。

RO水はRO膜を用いて濾過したお水のことで、ミネラルなどの物質を除去しています。ただRO水の中には、除去したあとでミネラルを調合し加えている場合もあるため注意してください。

ウォーターサーバーで、上手に体重をコントロールしましょう


適温のお水をこまめに摂取するのは大変です。温かなお水を飲むためにはお湯を沸かすなどの手間がかかります。

ウォーターサーバーならお水を手軽に飲むことができるでしょう。

お湯を沸かす必要がない

ウォーターサーバーは温水と冷水が給水できます。そのため睡眠前には温水、入浴後には冷水を簡単に選択できるでしょう。

また温水と冷水を混ぜることで、常温に近いお水に調整することも可能です。お湯を沸かす手間がなければ、楽に摂取できるでしょう。

必要な量が飲める

ペットボトルの場合、開封した後は早めに飲みきる必要があります。それは開封後より雑菌が繁殖してしまうからです。

ウォーターサーバーなら必要な量のお水を供給することができます。そのためムリして必要以上に飲むことはないでしょう。

生活にあったお水が選べる

妊娠している・授乳している・調乳している・持病がある・内服薬があるなどの場合、ミネラルが入っていない純水がおすすめです。ウォーターサーバーには、純水を選択することもできます。

つまりライフスタイルにあったお水を楽に摂取できるでしょう。ウォーターサーバーを活用して、普段から水分を意識的に摂取するようにしてください。

(まとめ)ダイエットに効果的なお水を飲むタイミングとは?

1.ダイエットのため、お水を飲むタイミングは食事以外にも数回に分けることが大切です

ダイエットであれば、食事中や食事前にもお水を飲んでください。HOTを飲むことで、胃腸を温める効果が期待できます。

純水であれば、どなたでも安心して摂取することができるでしょう。ウォーターサーバーの中にも純水を提供してくれる機種があります。

2.お水は腸に負担をかけにくい温度があります

お水は、こまめに飲むようにしましょう。一気に飲むと、臓器のオーバーワークを招く恐れがあります。

日頃は胃腸に負担をかけないように、温かめのお水を飲みましょう。起床時や入浴後などは、10度前後のお水を飲むようにしてください。

3.お水の飲み方によっては身体によい効果をもたらします

お水の摂取量は、2.5リットル程度が必要です。ただ食材からも水分は補えるので、飲料水としては1.5リットル前後を摂取するようにしましょう。

水分不足になると、意識障害を招く恐れがあります。喉の渇きを感じる前に水分を摂るようにしましょう。

4.純水ならストレスをかけずに飲めるのでおすすめです

お水には、ミネラルの含有量の違いによって軟水と硬水に分けられます。また天然水とRO水に分類することも可能です。

純水は、RO膜でミネラルを除去したお水を言います。純水なら、どなたでも安心して飲むことができるでしょう。

5.ウォーターサーバーで、上手に体重をコントロールしましょう

ウォーターサーバーであればお湯を沸かす必要がないため、楽に水分を補給出来ます。ペットボトルの場合、開封した後早めに飲みきることが大切です。

ウォーターサーバーなら好きな量を飲めるでしょう。ライフスタイルにあったお水を選ぶようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。