ダイエット中は正しいやり方で水分を飲むことが大切です


水分は生命を維持のために必要です。水分がなければ、命を脅かす可能性があるでしょう。

水分は、ゆっくりと補うようにしてください。ゆっくり補うことで、水分を体内にストレスなく吸収することができます。

またダイエットのためにも温かい飲み物を摂るようにしましょう。できればお水が望ましいと言われています。

清涼飲料水などはカロリーが高いため注意してください。ウォーターサーバーなどを上手に利用しましょう。

ダイエットのためにも、水分の効果を上手く取り入れてください。

水分は、ゆっくり適量を飲みましょう

大人であれば、体の水分はおよそ60%を占めていると言われています。(女性の場合は、脂肪量などの関係から男性よりも少なめです。)

水分が足りなければ、めまいや筋肉の痙攣など症状が現れるとされています。そのため水分を効率的に補うことがとても大切です。

水分を効率的に補うためには

水分はガブガブ大量に摂っても、上手く吸収できないと言われています。それどころか余計にストレスがかかり、マイナスになってしまいます。

そのため水分は、ゆっくり適量を補ってください。そうすることで、上手く水分を吸収することができます。

さらにストレスもかからないので、効果を効率的に得ることができるでしょう。

水分の効果

水分を補うことで、血液循環が良くなる効果が期待できます。血液循環が良くなれば、毛細血管など末端部まで血液を運ぶことができるでしょう。

そのため冷え症やむくみの改善、肌トラブルの軽減など色々な効果が期待できます。さらには脳血管障害などの病気の予防にも繋がると言われています。

ドロドロ血液では、血管にストレスがかかり脳梗塞などの病気を発症しやすくなります。水分を補うことで、サラサラな血液に変えられるとされています。

サラサラな血液は、血管のストレス軽減に繋がります。ほかにもうんちが出やすくなるなどのメリットもあります。

そのため水分はダイエットや病気予防のためにも、しっかり補うようにしてください。

水分を正しく摂ることでダイエット効果がアップします


水分の正しい補い方は、目的によって変わってきます。

ダイエットが目的の場合

ダイエットが目的の場合、代謝を落とさないことが最も重要です。代謝は体温と密接に関係していると言われています。

そのため体温を落とさないように水分を補うことが大切です。冷たすぎる水分を補えば、体温の低下に繋がってしまいます。

その結果、代謝を落とす原因となるでしょう。ダイエットのためにも温水を補うようにしてください。

熱中症の対処が目的

熱中症は、あらゆる季節で起こると言われています。そのため適切に対処することが重要です。

軽度

立ちくらみや脚がつるなどの症状が起こります。意識はしっかりしており、体温の上昇もみられない状態です。

軽度の場合は、涼しい環境で休むようにしましょう。水分や塩分を補い、保冷剤などで体を冷やします。

そのまま様子をみて、症状が改善しなければ医療機関を受診しましょう。

中等度

激しい頭痛や吐き気、意識が朦朧とするなどの症状が起こります。体温上昇もみられ、コミュニケーションが図りにくい状態です。

このような状態であれば、速やかに医療機関を受診してください。

高度

全身が痙攣する、40度以上の高温になるなどの症状が起こります。この場合には、救急車を呼ぶなどの対処が必要です。

至急、適切な対処を行わなければ命に関わるでしょう。

熱中症になった場合には、やや冷たい温度の水分を補ってください。冷たすぎると、お腹をゆるめ、さらに水分が不足してしまうので注意しましょう。

ダイエットのためにもカロリーの少ない水分をとりましょう

水分にはカロリーのあるものも沢山あります。ダイエットのためには、カロリーの少ないものを選びましょう。

ダイエットに良い水分

ダイエットに向いている水分は、お水やコーヒーなどです。ただコーヒーはカフェインが配合されています。

そのため夜、補う水分には不向きです。つまり基本的には、お水を中心に補う方が良いでしょう。

ゼロカロリーの飲み物でも良いの?

ゼロカロリーの飲み物は、あまりダイエットに良いとは言えません。勿論カロリーはないので、ダイエット中の方で愛用している人もいるでしょう。

ただデメリットも多くあります。それはゼロカロリーには人工甘味料が使用されていることです。

人工甘味料は、インスリンの分泌が増えると考えられています。その結果、脂肪の蓄積に繋がる可能性があります。

また味覚も鈍くなる恐れがあります。甘さに鈍くなることで、余計に砂糖を追加してしまうでしょう。

ほかにも過食に繋がるリスクもあるとされています。そのためダイエット中であってもゼロカロリーの飲み物は控えた方がいいでしょう。

ウォーターサーバーを上手に利用しましょう


ダイエットのためにウォーターサーバーを利用するのが最適と言われています。

温水が給水できる

ウォーターサーバーは、温水・冷水を給水できる機器です。自動で90度前後の温水と5度前後の冷水が、タンク内で作られています。

そのため必要なときにすぐに補えます。温水・冷水を混ぜれば、好みの温度に調節も可能です。

ダイエットに向いている温度に調節できる点もウォーターサーバーを活用するメリットでしょう。

習慣化できる

ダイエットのためには、お水を補う習慣が大切です。ウォーターサーバーは、ボトルでお水を常にストックしています。

そのため手元にあれば、いつでもすぐに水分を補えます。そうすることで、習慣化しやすくなるでしょう。

ウォーターサーバーは、多くの機器が売られています。そのため機能やお水の種類の内容によって、選ぶようにしてください。

ウォーターサーバーは省エネやチャイルドロック、自動クリーン機能などが備わっているものがあります。自分にとって必要な機能を選択することもできます。

お水の種類はメーカーによって様々です。自分の体や状況にあったものを補うようにしてください。

(まとめ)ダイエット中の水分摂取の正しいやり方とは?

1.ダイエット中は正しいやり方で水分を飲むことが大切です

水分は生命を維持するために必要です。水分補給は、ゆっくり適量を飲みましょう。

温かいお水がダイエットに適していると言われています。清涼飲料水は、比較的カロリーが高いため摂取する場合には注意してください。

2.水分は、ゆっくり適量を飲みましょう

水分が不足すれば、めまいや痙攣などの症状が現れます。ガブガブ飲むと、身体にストレスをかける恐れがあります。

ゆっくり適量を飲むようにしてください。水分を補うことで、血液循環が改善する効果が期待できます。

3.水分を正しく摂ることでダイエット効果がアップします

ダイエット目的の場合、代謝を落とさないように水分を補いましょう。代謝を落とさないためにも、温水を飲むようにしてください。

熱中症への対処のためには、やや冷たい温度の水分を補いましょう。冷たすぎると逆効果なので注意してください。

4.ダイエットのためにもカロリーの少ない水分をとりましょう

ダイエット時は、お水やコーヒーなどを補うようにしましょう。コーヒーなどはカフェインが含まれているので、夜は控えてください。

ゼロカロリーの飲み物はダイエットに向いているとは言えません。ダイエット中はお水を飲む方が良いでしょう。

5.ウォーターサーバーを上手に利用しましょう

ウォーターサーバーは、ダイエットに最適な温水をすぐに飲むことができます。冷水と混ぜることで、簡単に温度調整もできます。

ダイエットのために、お水を飲むことを習慣化してください。体や状況にあったお水のウォーターサーバーを選びましょう

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。