生理中もダイエットのためにお水を摂取することが大切です


生理中に体重が落ちないと悩んでいる人は多いでしょう。生理中はホルモンバランスが乱れているときです。そのため精神的にイライラしたり不安定になりやすい時期です。その結果、ドカ食いをしてしまう場合もあります。

代謝も落ち、むくみやすいため、通常よりも水分は多めにとるようにしましょう。生理中は激しい運動は控えて、リラックスして過ごすことが大切です。

生理が終わったときが、最も痩せやすいと言われています。そのためダイエットは生理後に真剣に取り組みましょう。

生理中は女性ホルモンの影響でむくみやすくなります

生理中は痩せない、太りやすいと言われています。これは、ある意味事実で、ある意味間違いです。

生理中だからといってダイエットができない訳ではありません。生理中の過ごし方やホルモンの状態を知ることによって、ダイエットを成功に導くことが大切です。

生理中にダイエットが不向きと言われる理由

生理前はプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが活発になります。そのため生理前は肌荒れしやすい、眠くなるなどの症状が出やすくなります。

プロゲステロンは、体内に栄養を蓄えようとする作用があります。そのため食欲が増進したり体内に水分を蓄えようとするため、痩せにくくなってしまうのです。

排卵後から分泌量が増え続け、生理前にピークを迎えるプロゲステロンは生理が始まると徐々に減っていきます。しかし生理中は、まだ精神的に不安定な状態なのでダイエットには適しているとは言えません。

生理前や生理中は水分をとることが大切

上記で述べたようにプロゲステロンの影響で、体内に水分が溜まることによってむくみが現れます。むくみがあると、水分を制限する人がいますが、これは間違いです。

水分をとることによって、老廃物を排出する効果が期待できます。そのためむくみの症状を改善することができるでしょう。

つまり生理前や生理中は積極的に水分をとることが大切です。

同じ水分と思いがちですが、不純物の多い「お茶」や「コーヒー」より消化・吸収にほとんど負担のかからない「お水」を積極的に飲むことが大切です。

リラックスして過ごすようにしましょう


生理前や生理中は、体調の変化が多く無理なダイエットは禁物です。もちろんホルモンの乱れには個人差がありますが、人によっては寝込んでしまうケースもあるでしょう。

免疫力が低下

生理前や生理中は、免疫力が低下しやすいと言われています。そのため風邪をひきやすい、鼻水が出る、関節が痛むなどの症状が出るでしょう。

また口内炎ができる、歯茎から出血するなどの症状も人によって出るようです。

消化器症状

下痢や便秘などの症状をきたす場合があります。

眠気

身体が常にだるい、強い眠気に襲われるなどの症状が出てきます。だるさが強ければ、仕事を休んでしまう人もいるでしょう。

メンタル

集中力が低下する、イライラしてしまう、意欲の低下などの症状が出てきます。仕事上でミスをしたり効率が悪くなることもあります。

ほかにもお肌のトラブルや冷え症、頭痛なども現れてきます。つまり生理前や生理中は、体調を壊しやすいです。

生理前や生理中の過ごし方

ホルモンバランスの乱れが主な原因です。ただ、それ以外にも日常のストレスが大きく関わっています。

そのため生理前や生理中は、基本的にリラックスして過ごすように心がけましょう。また生理周期を把握している場合は、体調が悪くなりそうなときにハードなスケジュールは立てないようにしてください。

また寝不足も良くありません。そのため、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

生理中のダイエットは、ストレッチなどの軽めの運動で調整しましょう

女性の身体は、ホルモンの影響を受けやすいと言われています。そのためホルモンの状態を考えながら、ダイエットに取り組みましょう。

生理前におすすめのダイエット

生理前は脂肪を溜め込みやすいときです。そのため無理に体重を落とそうとすれば、身体に負担をかけてしまいます。

極端に食事制限をすれば、体調不良が悪化する恐れもあります。また飢餓状態に陥り、太りやすい体質になってしまうでしょう。

生理前には無理なダイエットは行わず、水分をしっかりとることを意識してください。水分をとることで、むくみの症状を軽減する効果が期待できます。

また、つい食べ過ぎてしまいやすいため食事量だけは増やさないように心がけてください。

生理中におすすめのダイエット

プロゲステロンの分泌も徐々に減っていくときです。そのため、少しずつ体調が元の状態に戻ってくるでしょう。

生理中は、ストレッチなど軽めの運動を行ってください。もちろん無理は禁物です。

そのため体調に応じて、運動の強度を調整するようにしましょう。徐々に運動の強度を上げていき、身体に負担がかからないようにしてください。

また、まだ体内に水分が多く溜まっています。多めの水分をとり、老廃物を排出しましょう。

そうすることで身体の中からスッキリする効果が期待できます。

生理前は脂肪を溜め込みやすい時期です

女性は生理前の時期には太りやすく、脂肪を溜め込みやすくなると言われています。生理前に脂肪を溜め込みやすくなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下することが原因といえるでしょう。

エストロゲンの減少で脂肪が増えやすくなります

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれている女性ホルモンの一つです。エストロゲンには気持ちを安定させたり血流を良くしたりする働きがあり、美しい肌や髪になれる「美人ホルモン」としても知られています。

生理前にはエストロゲンが低下して代わりにプロゲステロンの分泌量が増加するため、プロゲステロンによりむくみや便秘が生じやすく、食欲が増進しやすくなるでしょう。この時期には食べ過ぎなどから身体に脂肪がつきやすくなる心配があります。

生理前は妊娠に備える太りやすい時期とされています

生理前は、増加したプロゲステロンによって妊娠状態を維持しやすい身体になるとされています。精神的に不安定で食欲が旺盛になったり、むくみやすくなったりと太りやすい時期なので注意が必要です。

ストレスなどから食べ過ぎて体重が増えないように、リラックスして過ごすとよいでしょう。運動で気分転換できるときには、運動を取り入れたダイエットをするのもいいかもしれません。

排卵前までがダイエットに適した時期です

生理が終わってから排卵前までの間はエストロゲンが分泌される時期と言われています。精神的に安定してむくみやすさもなくなり、ダイエットに適した時期とされています。

生理後は最も痩せやすいタイミングです

生理後は、最もダイエットにおすすめのときです。そのため食事や運動など積極的にダイエットに取り組みましょう。食事は制限するのではなく、どのようなものを食べるか考えてください。野菜やタンパク質を中心とした食事を心がけましょう。

また運動も継続できるメニューを選ぶことが大切です。ハード過ぎるメニューではなく、自分にあった強度を調整してください。一ヵ月のうちで一番脂肪が燃焼しやすいこの期間に、軽めのストレッチを行う習慣をつけましょう。

生理周期に関わらず、女性にとってストレスが溜まるのは良くありません。過剰にストレスが溜まることで、様々な影響を与えると言われています。またストレスが溜まれば、食事量も増えやすくなるでしょう。

暴飲暴食を避けるためにもストレスを解消することが大切です。主なポイントは下記の3つです。

睡眠時間を確保する

睡眠不足になれば、ストレスを軽減することができません。そのため十分な睡眠時間を確保しましょう。

水分をとる

水分をとることでリラックス効果があると言われています。そのため水分はこまめにとるようにしましょう。

ストレス解消法をみつける

人によってストレスを解消する方法は様々ですが、ストレスが過剰に溜まる前に息抜きをすることがダイエット成功の近道です。

生理後は筋トレを取り入れることで効率的なダイエット

生理後はダイエットに適した期間と言われています。筋トレをこの期間に行うことがおすすめです。

生理が終わってから1週間~2週間の間は、ホルモンバランスによって筋肉量が増えやすくなっている時期と言われています。この期間に行うダイエットは「生理後ダイエット」と呼ばれ、効率よく体重を落として痩せることが期待できます。

筋トレで代謝アップが期待できます

ダイエットのために筋トレを取り入れると、筋肉量が増えて基礎代謝量がアップします。代謝が上がると日常生活でカロリーが消費されやすくなるため、痩せやすい身体になることが期待できるでしょう。

ダイエットに適した筋肉を鍛えましょう

筋トレで鍛える筋肉が大きいほどカロリーの消費量が多く、代謝量もアップします。ダイエットのためには、小さい筋肉ではなくできるだけ大きな筋肉を中心に鍛えることがおすすめです。

筋トレをするときには、腹筋、背筋、太もも周辺の筋肉を鍛えるのがポイントです。

(まとめ)生理中のダイエットはお水を飲むと効果的なの?

生理中もダイエットのためにお水を摂取することが大切です

生理中には体重が落ちにくく、ダイエットの効果が出ない、また、リバウンドしてしまうという問題が起きる場合もあるかもしれません。

生理前や生理中には、ホルモンバランスが乱れるため脂肪を溜め込んだりむくんだりしやすくなると言われています。

痩せにくい時期には、無理なダイエット方法は避けてストレスを溜めないように過ごしましょう。

効率よくダイエットを行うには、生理後1週間~2週間の時期の筋トレなど、ホルモンバランスに合わせて行うのがおすすめです。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。