ダイエット中、トイレの回数と水分は関係があるのは本当です


水分を飲むことによって、身体の様々な部位に栄養を送ることができます。そのため水分を多く飲むことは大切でしょう。

しかし多く飲めば、尿として排出される量も増えやすくなります。つまりトイレの回数が増える心配はあるでしょう。

身体に吸収させるためにも、少しずつ飲むようにしてください。頻尿がひどくなった場合には、医療機関を受診しましょう。

腎臓などの疾患が原因の可能性もあるため注意してください。便秘がひどい場合には、水分だけでなく食物繊維も取り入れるようにしましょう。

水分を多く飲めば、トイレの回数は増えてしまいます

私たちの身体の60%は、水分からできています。年齢や性別によっても変わってきますが、水分はかなり多くの割合を占めていると言えるでしょう。

そのため健康な身体を維持するためには、水分を欠かすことはできません。

水分を飲むのは何故?

水分は、常に身体の中に必要です。しかし汗や尿、便、呼吸などで蒸発・排出されてしまいます。

水分が排出されるため、必要な水分量を身体に保つことができません。そのため水分を飲む必要があります。

水分がわずかでも不足すれば、喉が渇くなどの症状が現れます。そのまま放置すれば、症状が悪化し点滴などの治療が必要になるケースもあるでしょう。

どのくらい排出されるのか?
  • 呼吸:約400ml
  • 皮膚:約600ml
  • 尿:約1200ml
  • 便:約100ml

上記のような割合で水分は排出されると言われています。さらに汗をかいた場合には、もっと奪われる水分は増えてしまうでしょう。

環境にもよりますが、場合によっては1時間で約1000mlの汗をかいてしまうこともあります。そうなれば、さらに多くの水分を飲む必要があるでしょう。

つまり活動環境なども考慮した上で、水分を飲むようにしてください。

トイレと水分の関係性

水分を飲むことで、トイレの回数が増える可能性はあります。それは純粋に取り込んだ水分が排出されるからです。

また便に水分が含まれ、排便を促す効果も期待できます。その結果、排便がスムーズに行えるようになりトイレに行きやすくなるでしょう。

つまりダイエットのためには、水分は必要な量をきちんと飲むようにしてください。そうすることで、身体の中のいらないものを排出できるでしょう。

水分はダイエットのために欠かすことができません


水分を全く飲まなければ、数日間で死に至るといった報告があります。それほど、水分は必要なものと言えるでしょう。

もちろん生命維持以外にも、身体に多くの効果をもたらします。

ダイエットしやすい身体をつくる

常温の水分を飲むことで、体温を上げる効果が期待できます。さらに筋肉に対しても血液を送ることができ、効率的に筋肉アップするでしょう。

筋肉が増えることで、脂肪を燃焼する身体となるためダイエットを成功に導くことができます。

食事量をコントロールする

水分を飲むことによって、胃が膨れます。そのためドカ食いの予防になるでしょう。

また食べるスピードもゆっくりなりやすいため、満腹中枢を刺激します。その結果、自然と痩せる状況に繋がるでしょう。

血液がサラサラになる

ドロドロ血液では、心筋梗塞や脳梗塞などの病気のリスクを高めてしまいます。血液のほとんどが水分です。

そのため水分を飲めば、血液中の水分が多くなりサラサラ血液になるでしょう。その結果、病気の予防にも繋がります。

肌を潤わせる

水分を飲むことで、身体の末端にも水分を運ぶことが可能です。水分と一緒に栄養や酸素も運べるでしょう。

そのため肌に必要な栄養が運ばれ、新陳代謝アップやターンオーバーの正常化に繋がります。そのため潤いのある美しい肌に導くでしょう。

つまりダイエットだけでなく、美容や健康などのためにも水分は重要な役割を果たします。できる限り水分を飲むように意識しましょう。

頻尿が気になる場合には、医療機関を受診しましょう

水分を飲むことで、トイレの回数が増えてしまう可能性があるでしょう。生活に支障のない範囲であれば、特に問題はないと言われています。

しかし睡眠を妨げる、生活に支障が出るなどの場合には、医療機関を受診してください。

頻尿になる病気

頻尿は水分が増えただけで起こるわけではありません。何らかの病気が隠れている可能性があるでしょう。

  • 膀胱炎
  • 前立腺肥大
  • 過活動性膀胱
  • 膀胱がん
  • 糖尿病
  • 尿路結石

上記のような病気の場合、頻尿の症状をきたす可能性があります。また心因性や骨盤底筋のゆるみ、加齢などによっても引き起こされるでしょう。

そのため少しでも気になる場合には医療機関を受診してください。

頻尿を起こさない水分の飲み方

頻尿を避けるために水分を飲まないやり方は、健康などを考えるとよくありません。水分は少しずつ飲まなければ、うまく身体に吸収することができません。

つまり身体に吸収させるためにも、少量ずつ飲むようにしましょう。また寝る前などは、コップ1杯程度の水分を飲んでください。

そうすることで、夜の脱水症状を予防することができるでしょう。水分は正しいやり方で飲むように心がけてください。

便秘がひどい場合には、食物繊維も食べましょう


水分を飲むことによって、便秘解消の効果も期待できます。ダイエットを行うと栄養が偏るなどが原因となり、便秘症状が悪化すると言われています。

そのためダイエット中は水分をしっかり飲むようにしましょう。

食物繊維を含む食品を食べる

海藻類や野菜など食物繊維を含む食材を食べるように心がけてください。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく食べることによって、排便を促進しやすくなるでしょう。

さらに発酵食品や油なども取り入れると、より効果的です。

腸を動かす

腸の動きを活発にすることも大切です。身体をねじるなどの動きを行うことによって、ぜん動運動を促し排便しやすくなります。

また腹筋運動やウォーキングを行うと、さらに良いでしょう。便秘を解消するためにも、取り入れてください。

ほかにもストレスをためないなども大切と言われています。また便をゆっくりするために、朝トイレにいく習慣をつくりましょう。

ゆっくり排便のための時間をつくることによって、便秘解消しやすくなると言われています。

(まとめ)ダイエットするとトイレが近くなるのは、水分が原因?

1.ダイエット中、トイレの回数と水分は関係があるのは本当です

水分を飲めば、尿から排出される水分の量も増えやすくなります。水分を少しずつ飲むことで、体内に吸収されやすくなるでしょう。

頻尿などが気になる方は医療機関を受診してください。便秘には食物繊維を取り入れましょう。

2.水分を多く飲めば、トイレの回数は増えてしまいます

私たちの身体は、約60%が水分です。汗や尿、便などから水分が排出されています。

健康な身体を維持するためにも、失った水分を補うようにしましょう。水分を飲むことで、便を促しトイレの回数を増やす効果が期待できます。

3.水分はダイエットのために欠かすことができません

水分を飲むことで、ダイエットしやすい身体をつくることができます。また食欲も抑えられ、よりダイエットが成功しやすくなるでしょう。

サラサラ血液にすることで病気を予防する効果も期待できます。美肌にも繋がるため、積極的に水分を飲んでください。

4.頻尿が気になる場合には、医療機関を受診しましょう

頻尿には、何らかの病気が隠れている可能性があります。頻尿に悩んでいる場合には、一度医療機関で見てもらいましょう。

身体に水分を吸収させるためにも、少量ずつ水分を飲むようにしてください。

5.便秘がひどい場合には、食物繊維も食べましょう

ダイエット中、便秘に悩む人は多くなります。便秘を解消するためにも水分を十分に飲みましょう。

食物繊維や発酵食品も補ってください。腹筋やウォーキングなど身体を動かすことも大切です。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。