ダイエットでスポーツをする際にナトリウム入りの水分は最適です


ナトリウム入りの水分は多汗時に摂取した方がいいと言われています。汗には、水分以外にもナトリウムが多く含まれているからです。

水分だけをとってしまうと、体内のナトリウムの濃度が低下し不調を招きます。そのためナトリウムも一緒にとるようにしましょう。

普段の水分補給であれば、ナトリウムが含まれないお水やお茶が良いでしょう。ナトリウムは過剰摂取しやすい栄養素などで注意してください。

ウォーターサーバーなどをうまく活用し、タイミングに応じた最適な水分をとるようにしましょう。

ナトリウム入りの水分は、発汗が多い時にとりましょう

水分は、タイミングによって適した種類があると言われています。適した水分をとることによって、より良い効果が得られるでしょう。

ナトリウム入りの水分とは?

ナトリウムを多く含んでいる水分とは、一般的にスポーツドリンクです。ミネラルウォーターにも含まれていますが、量としてはごくわずかです。

そのためナトリウムをとるためには、スポーツドリンクが良いでしょう。

ナトリウム入りの水分が適したタイミング

ナトリウムをとった方がいいタイミングは、多汗時です。汗には、水分だけでなくナトリウムを多く溶け込んでいます。

そのため多汗時にナトリウムも一緒にとらなければ、血中のナトリウムの濃度が低下してしまうでしょう。

ナトリウムの濃度が低下すれば、動作が緩慢、イライラするなどの症状を招きます。重症化すれば、脳に障害をきたす場合もあるため注意が必要です。

そのためスポーツなどの多汗時には、ナトリウムが入った水分をとるようにしましょう。

スポーツドリンクのとり方

スポーツ時には、スポーツ前後にコップ1~2杯程度をとるようにしてください。また時間を要しながらとることで、身体の中に水分を隅々まで届けることができるでしょう。

またスポーツ中にも意識しながら、とることが大切です。かつてスポーツ時には、水分を制限していた時代もありましたが、今ではデメリットしかないと言われています。

そのためスポーツの合間にとるようにしましょう。

ナトリウムは過剰摂取しやすい栄養素です


そもそもナトリウムとは、基本的には塩分からとれる栄養素です。

ナトリウムの役割

ナトリウムは主に浸透圧の調整・維持という役割があります。そうすることで血圧の調整を行っています。

ほかにも筋肉の収縮や神経の伝達、栄養素の吸収や運搬などの役割もあるでしょう。つまりナトリウムは、必要不可欠な栄養素です。

ナトリウムの過剰摂取

ナトリウムの摂取推奨量は、男性であれば8.0未満、女性であれば7.0未満と言われています。しかし和食には、塩分が多く含まれているため、現代人の多くが過剰摂取傾向にあるでしょう。

そのため食事以外の場面で、積極的にナトリウムをとる必要はないと考えられています。むしろ食事にも減塩に取り組むようにしてください。

ナトリウム過剰摂取における症状

身体の機能には、過剰にとりすぎた栄養素を排出する仕組みがあります。そのためナトリウムを多くとったとしても、ほとんどが排出できるでしょう。

しかし許容範囲以外の量を摂取してしまう場合もあります。そうなれば身体にあらゆる症状を招くリスクを高めてしまうでしょう。

  • 喉の渇き
  • 高血圧
  • むくみ

上記のような症状を呈する恐れがあります。さらに脳卒中や心疾患などのリスクも高めるため、ナトリウムの摂取量は気を付けるようにしましょう。

普段の水分は、お水や麦茶などを選びましょう

スポーツドリンクには、ナトリウムだけでなく砂糖なども多く用いられています。そのためダイエット中に、とりすぎるのはよくありません。

できればダイエットのためにも控えた方が良いでしょう。

ダイエット中に適した水分

ダイエット中には、お水や麦茶が良いでしょう。それは、これらの水分がカロリーがほとんどないからです。

そのため多くとったとしても、体重が増える心配は少ないでしょう。そのため積極的にとるようにしてください。

麦茶が良い理由

お茶の中でも麦茶が適している理由としては、カフェインが含まれていないからです。カフェインが含まれていないため、妊娠中の方でも気にせずとることができます。

また時間帯にも配慮する必要がないため、非常にとりやすい水分と言えるでしょう。また麦茶には、ミネラルが含まれています。

そのためスポーツ前後にとる水分にも適しています。発汗量などが少なければ、スポーツドリンクではなく麦茶を選択しても良いでしょう。

水分のとり方

ダイエットのためには、HOTの水分を選んでください。HOTを選ぶことで、体温を低下させずに水分を吸収することができます。

また1回につき、約200ml前後をとりましょう。それを10回程度に分けてとることで、身体にストレスをかけずに水分の効果が得やすくなります。

常に水分がとれるような環境を整えてください。

ウォーターサーバーなどを活用しましょう


ダイエットのためには、水分をしっかりとった方が良いでしょう。そのためには、いくつかのポイントを押さえて水分をとってください。

飽きないようにする

急にお水だけをとると、飽きてしまう可能性があります。今までお水をとる習慣がなければ長く続かないでしょう。

そのため、お水だけでなくお茶やコーヒーなど様々な水分を組み合わせるようにしてください。そうすることで無理なく、水分をとることができるでしょう。

ライフスタイルに合った商品を活用する

水分をとるための商品としてウォーターサーバーなどがあります。ウォーターサーバーを活用すれば、お好みの温度の水分を手軽にとることができるでしょう。

また90度前後のHOTが出せるため、お茶やコーヒーも手軽に作れます。そのため様々な種類の水分をとることが可能です。

さらにお水の種類も豊富です。好みに合ったお水を選ぶことができるでしょう。

好みの味のお水であれば、無理なく水分をとれます。ウォーターサーバーを契約する前に、好みに合うかどうかも確認してください。

(まとめ)ダイエット中、ナトリウム入りの水分ってどう?

1.ダイエットでスポーツをする際にナトリウム入りの水分は最適です

汗には、水分以外にもナトリウムが多く含まれています。多汗時には、ナトリウム入りの水分を摂るようにしましょう。

普段はお水やお茶の方が良いと言われています。タイミングに応じて、摂る水分の種類を選択してください。

2.ナトリウム入りの水分は、発汗が多い時にとりましょう

ナトリウム入りの水分とは、一般的にスポーツドリンクです。血中のナトリウム濃度が薄くなると、イライラするなどの症状を招きます。

スポーツ時などは、スポーツドリンクをとるようにしましょう。スポーツ中も意識しながら補給してください。

3.ナトリウムは過剰摂取しやすい栄養素です

ナトリウムは浸透圧の調整や維持などの役割があります。ナトリウムは普段の食事からも十分に摂取することが可能です。

過剰に摂取することで高血圧やむくみなどの症状を呈します。過剰に摂取しないように、減塩を意識しましょう。

4.普段の水分は、お水や麦茶などを選びましょう

ダイエット中には、カロリーがない水分がおすすめです。お水や麦茶などが良いでしょう。

麦茶にはカフェインが含まれていないため、どなたでも安心してとることができます。HOTの水分を少量ずつとりましょう。

5.ウォーターサーバーなどを活用しましょう

水分をとる習慣がなければ、継続することが難しいでしょう。継続するためにも様々な種類のお水をとりましょう。

ウォーターサーバーなどで手軽に水分を補給してください。コーヒーやお茶も手軽に作ることができます。

好みの味かどうかも確認しましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。