ダイエット中であっても寝起きに水分は必要です

ダイエット中であっても、寝起きに水分は必要です
体重を落とすために水分制限を行う人がいます。水分制限を行えば、乾燥肌や便秘などの症状を招く恐れがあるでしょう。

ひどい場合には生命を脅かす可能性もあります。そのため水分を制限することはやめてください。

生活の中で数回に分けて、きちんと水分を補うようにしましょう。たとえば寝起きには水分を補う必要があると言われています。

寝ている間に多くの水分が蒸発しているからです。さらに寝起きに水分を補うことで、胃腸を目覚めさせる効果も期待できます。

ゆっくり時間をかけながら、水分を補いましょう。

ダイエット中であっても水分を制限は危険です

水分を極端に制限する人がいます。もちろんボクサーなどの場合、計量前に水分制限をすることもあるでしょう。

しかし、これは計量直前の話です。さらに医師など安全対策をとったうえで行っているでしょう。

つまりダイエットのように一定期間継続しているわけではありません。水分を制限することは、大変危険です。

たとえダイエットのためであっても水分は制限しないようにしてください。

水分制限の危険性

私たちの身体の中には水分が50~60%程度占めています。もちろん年齢や性別など個人差が大きくあり、新生児であれば70%以上占めるでしょう。

それらの水分は身体の中で、様々な役割があります。体温調節や筋肉を動かす、栄養や酸素を運ぶなどです。

水分がなければ、これらの役割を十分に果たすことができません。そのため水分は必ず補うようにしましょう。

水分の補い方

水分の効果を最大限得るためには、正しい補い方があります。一つ目がこまめに補うこととです。

一気に補ったとしても十分に吸収することができずに、排出されてしまいます。さらに内臓などにストレスをかけることも考えられるでしょう。

二つ目が意識的に補うことです。喉が渇いてから補っても、遅いと言われています。

それは喉が渇く時点で身体の水分が不足しているからです。不足する前に意識的に補うようにしましょう。

特に冬は夏よりも水分を補う量が減ってしまいます。そうなれば水分が不足しやすくなるでしょう。

どの季節であっても意識的に補うことが大切です。

寝起きに水分を補うことで、胃腸を活性化する効果が期待できます

寝起きに水分を補うことで、胃腸を活性化する効果が期待できます
水分を補うことで、身体にとって多くのメリットがあると言われています。

水分を補うメリット

水分を補う理由として、身体の機能を正常に保つ効果があるからです。血液を全身に巡らせる、毒素を体外に排出する、発汗などによる体温調整などがあります。

つまりこれらの機能によって便秘の改善や肌ツヤの改善、むくみなどの症状緩和などの効果が期待できるでしょう。さらに水分を補うことによって、空腹を感じにくくすることができます。

そうなれば無駄食いを防ぐことも可能でしょう。その結果、ダイエットがスムーズに行うことができます。

寝起きに水分が必要な理由

水分は、どの時間帯に補っても問題はありません。ただし寝起きや寝る前などは欠かさずに補った方が良いでしょう。

それは睡眠中、私たちは無意識に汗をかいているからです。寝汗を感じる夏だけではありません。

冬であっても200㏄程度は蒸発していると言われています。そのため朝の寝起きは、水分が減っている状態です。

そのまま放置してしまえば、水分不足になってしまいます。そうならないためにも、寝起きは水分を補いましょう。

寝起きは胃腸も休んでいる状態です。そんな中で急に水分を補うと、ビックリさせてしまいます。

ビックリさせないためにも、時間をかけて一口ずつ補うようにしましょう。そうすることで、胃腸をゆっくり目覚めさせる効果が期待できますよ。

それによって朝ごはんを食べた際の消化を助けることに繋がるでしょう。

寝起きの水分には、軟水が最適でしょう

寝起きの水分には、軟水が最適でしょう
寝起きには、どのような水分が良いか悩む人もいるでしょう。基本的に寝起きの水分は、お水が理想的です。

寝起きの水分

お水であれば不純物がほとんど含まれていません。そのため身体にストレスをかけることが少ないでしょう。

特に寝起きであれば、身体はまだ寝ている状態に近い状況です。そのため、お水でストレスなく、目覚めさせるようにしましょう。

中には目を覚ますためには、コーヒーが良いと思う人もいるはずです。たしかにコーヒーには覚醒作用があり、脳をスッキリさせる効果が期待できます。

しかし血糖値を上げる可能性があると示唆されているようです。そのため寝起きには良いとは言えません。

まずはお水を補い、朝食の時間帯にコーヒーを補う方が良いでしょう。

軟水と硬水のどちらが良いの

軟水と硬水は、お水の中に含まれる成分の量が異なります。硬水の方が含まれる成分が多いお水です。

そのため寝起きには軟水の方がストレスは少ないでしょう。もちろん硬水にもメリットはあります。

たとえば便秘に悩んでいる人であれば、硬水の方が便秘解消効果が高いでしょう。そのため激しい便秘に悩んでいる方は積極的に硬水を補ってください。

ウォーターサーバーなら気軽に水分を補うことができます

水分を補う方法としては、様々なやり方があります。たとえば水道水、ペットボトルなどです。

その中でもウォーターサーバーなら水分を気軽に補えるアイテムとして注目を浴びています。

好みの温度のお水が出せる

ウォーターサーバーの魅力として、90度近いお湯と10度前後の冷水が出せることでしょう。そのためお湯と冷水を混ぜ合わせることによって、常温など好みの温度に調整することが可能です。

好きな時に補える

お湯を使いたいと思ったら、お水に火をかけて沸かす必要があります。ウォーターサーバーなら、その手間を省くことが可能です。

つまり好きな時に欲しい量だけ補うことができるでしょう。

習慣化できる

お水を補う習慣がない方であれば、なかなかお水を補う量を増やすことができないでしょう。ウォーターサーバーなら目の届く範囲に設置されます。

そのため無意識に目に留まってしまい、自然とお水を補う習慣がつくでしょう。お水の効果を得るためにも、しっかり習慣化できるウォーターサーバーは非常に便利なアイテムと言えます。

(まとめ)ダイエット中の寝起きには水分は必要?

1.ダイエット中であっても寝起きに水分は必要です

水分制限を行うことによって、便秘などの症状を招く恐れがあります。ダイエット中でも水分制限は行わないようにしましょう。

寝ている間にも多くの水分が蒸発しています。寝起きはゆっくり水分を補うことによって、胃腸を活性化する効果が期待できるでしょう。

2.ダイエット中であっても水分を制限は危険です

ボクサーなどの水分制限は安全対策をとったうえで行っています。ダイエットのためでも水分制限をするのはやめましょう。

人間の身体は60%程度が水分で占められています。水分がなくなれば、体温調節や筋肉を動かすことができなくなるでしょう。

3.寝起きに水分を補うことで、胃腸を活性化する効果が期待できます

水分には血液を全身に巡らせる、毒素を排出する、体温調節などの作用があります。その作用によって便秘改善、むくみの改善などの効果が期待できるでしょう。

寝ている間には水分が多く蒸発しています。そのため200㏄程度の水分を一口ずつ補ってください。

4.寝起きの水分には、軟水が最適でしょう

寝起きの水分はお水が良いでしょう。その中でもストレスが少ない軟水が最適です。

コーヒーは脳を覚醒させる効果が期待できます。しかし血糖値を上げる可能性も示唆されているため、寝起きの水分としては避けた方が良いでしょう。

5.ウォーターサーバーなら気軽に水分を補うことができます

ウォーターサーバーは、お水を気軽に補えるアイテムです。ウォーターサーバーなら好みの温度のお水が、好きな時に補うことができます。

さらに目の届く範囲に設置することで、お水を補う習慣が作りやすいでしょう。