水分でダイエットができる理由は、代謝が上がるからです


なぜ水分でダイエットができるのか疑問に思うこともあるでしょう。水分を補給することによって、血液の流れが良くなります。

そのために細胞が活性化し、代謝を上げる効果が期待できるのです。その結果、体重が落ちやすくなります。

ただ、水分によっては体調を壊す場合もあるでしょう。そのため自分の体質に合ったものを探しましょう。

もし水分をペットボトルで補給する場合には、早めに使い切るようにしましょう。開封したら、徐々に細菌が繁殖しやすくなります。

水分は代謝アップ効果が期待できます

水分を補給することで、身体に色々な効果をもたらすと言われています。

水分の働き

水分が体内で、どのような働きをするか知っていますか?水分の働きは主に3つです。

一つ目が、酸素や栄養素を各器官に届ける役割と言われています。血液や唾液などによって、各器官を活発に働かせます。

二つ目が体温調節機能です。水分を蒸発させるときに発生する気化熱によって、体温を調節しています。

最後に浄化作用です。老廃物を尿や便として排出する役割を担っています。

つまり水分は生きる上で欠かせないのです。水分を補給することで、ダイエットにも効果的に働くと言われています。

便秘改善

水分を補給すると便を軟らかくしてくれます。さらにぜん動運動を促進させることによって、辛い便秘症状が改善されると言われています。

ダイエット効果

水分を補給することで、血液の流れを良くする効果が期待できます。その結果、各器官の働きを活性化することができるでしょう。

そうすると、エネルギーを燃やし代謝をアップさせることに繋がります。また水分をとれば、お腹が満たされるでしょう。

そのため食欲を抑制する効果も期待できます。これらの相乗効果によって、ダイエットに良いとされています。

美肌

肌にとって血液の流れが悪くなれば、肌トラブルが起こりやすくなります。水分を補給することによって血液の流れが良くなり、肌に栄養を届けてくれるでしょう。

その結果、美肌やアンチエイジングに繋がります。

ストレス解消

水分には鎮静作用があると言われています。つまり水分をゆっくり補給することで、心を落ち着かせる効果が期待できます。

水分の摂り方によっては、体調が悪くなる可能性があります


水分には美容や健康に良い効果があります。しかし種類によっては、健康を阻害するものもあるため注意しましょう。

水分の種類とは

水分にはお水や日本茶、紅茶、コーヒー、ジュースなどたくさんあります。どの水分にも補給するメリットはあるでしょう。

しかし場合によっては、選ぶ水分によって体調が悪くなってしまう恐れがあります。

カフェインが含まれる水分

カフェインが含まれるものは、コーヒーやお茶などです。カフェインは覚醒作用など仕事中に補給することで、集中力を高める効果があると言われています。

しかし夜補給すると、睡眠を妨げる恐れがあります。そのためカフェインが含まれる水分は、睡眠前には補給しないようにしましょう。

砂糖が含まれる水分

主にジュースなどです。ジュースを補給することで、肥満になりやすくなります。

さらに血糖値が上がるため糖尿病になる恐れもあります。つまりダイエットには不向きです。

ほかにも色々な成分が含まれる水分があります。どのような成分が含まれているのかチェックし、水分を選ぶようにしましょう。

選び方を間違えてしまえば、ダイエットを上手く行うことができません。ダイエットのためには、お水やお茶、ブラックコーヒーを選ぶようにしてください。

ダイエットのためにも、好みのお水を探しましょう

お水と言っても、含まれる成分に大きな違いがあります。そのため、お水を選ぶ際にも成分をチェックしましょう。

お水の種類

マグネシウムやカルシウムが多く含まれているお水を硬水と言います。一方、少ないお水が軟水です。

硬水は主にヨーロッパなどで採掘されています。日本では、ほとんど採掘されないため、ややクセが強いと感じる傾向があるでしょう。

軟水は日本の広い地域で採掘されるお水です。比較的マイルドな口当たりのため、気軽に補給しやすいお水と言えます。

硬水・軟水の特性

硬水はマグネシウムが多い分、便秘解消効果が高いと言われています。そのため高いダイエット効果が期待できるでしょう。

しかし作用が強いため、硬水を補給することで下痢になる場合もあり注意が必要です。少しずつ体調をみながら補給するようにしましょう。

一方、軟水は硬水と比べれば、高い便秘解消効果はありません。しかし下痢などの症状を招くリスクは低いため、安心して補給することが出来ます。

お水としての効果は十分に得られるため、硬水に不安がある場合には軟水を選んだ方が良いでしょう。

ダイエットのためには、毎日気軽に補給できるお水を選ぶことが大切です。そのため自分の好みにあったお水を探すようにしてください。

開封したペットボトルの場合、雑菌の繁殖に注意が必要です


水分を補給する方法には水道水やペットボトル、ウォーターサーバーなど色々あります。どの方法で水分を補給しても構いません。

ただ細菌の発生などには注意するようにしましょう。

水道水で補給する場合

日本の水道水は、非常に安全性が高いと言われています。そのため、そのまま補給しても大丈夫でしょう。

只、水道水には消毒するために塩素が多く溶けています。そのため体調が悪い場合に何らかの影響を受ける可能性があるでしょう。

そのため煮沸を行い、塩素を除去してから補給するようにしましょう。しかし煮沸すれば塩素が含まれなくなるため、細菌が繁殖しやすくなります。

早めに使うようにしてください。

ペットボトルで補給する場合

ペットボトルは密閉状態であれば、細菌が繁殖する可能性はありません。しかし開封してしまえば、細菌が繁殖しやすくなります。

そのため開封後は、早めに飲みきるようにしましょう。

ウォーターサーバーで補給する場合

ウォーターサーバーのボトル内は細菌が繁殖しにくいと言われています。そのため衛生的と言えるでしょう。

ただ給水口などのメンテナンスは定期的に行ってください。

(まとめ)なぜ水分摂取でダイエットが成功するの?

1.水分でダイエットができる理由は、代謝が上がるからです

水分を補給することで、血流が良くなり細胞を活性化する効果が期待できます。代謝が上がることで、ダイエットしやすい身体になるでしょう。

自分にあった水分を探すようにしてください。ペットボトルなら早めに使い切るようにしましょう。

2.水分は代謝アップ効果が期待できます

水分は酸素や栄養素を届ける、体温調節、老廃物を除去する作用があります。水分補給は代謝をアップさせ、ダイエット効果が期待できるでしょう。

便秘解消や美肌、ストレス解消などの効果もあると言われています。

3.水分の摂り方によっては、体調が悪くなる可能性があります

水分にはお水や日本茶、ジュースなど豊富な種類があります。カフェインは集中力を高める効果がありますが、睡眠を妨げるデメリットもあります。

砂糖を含む水分は、肥満になる恐れがあります。ダイエットのためには、お水やお茶を選んでください。

4.ダイエットのためにも、好みのお水を探しましょう

お水には硬水、軟水に分類することができます。硬水を補給することで便秘解消効果が期待できますが、人によっては下痢になる恐れがあります。

軟水は下痢になるリスクは少なく、お水の効果を十分に得ることができるでしょう。自分にあったお水を探してみましょう。

5.開封したペットボトルの場合、雑菌の繁殖に注意が必要です

水道水は非常に安全性が高いと言われています。塩素の影響が気になる方は、煮沸しましょう。

煮沸後の水道水や開封後のペットボトルは細菌が繁殖しやすいため早めに飲みきるようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。