ダイエット中の頭痛は、水分不足が原因の一つです

ダイエット中の頭痛は、水分不足が原因の一つです
ダイエット中の頭痛は、様々な要因で引き起こされます。その要因の一つが水分不足による脱水です。

脱水に陥ると、頭痛だけでなく倦怠感や痙攣など沢山の症状を引き起こしてしまいます。頭痛を起こさないためにも、水分はきちんと摂取するようにしましょう。

また水分だけでなく、低血糖やストレスなども頭痛の要因になります。頭痛が起きた際には、一度ダイエットのやり方を見直してください。

安全なダイエットを行うことで、内側から美しいダイエットの成果を上げることができるでしょう。

脱水によって、頭痛や倦怠感などの症状を引き起こします

どうしても痩せたい!そんな風に思っている女性は多くいるでしょう。無謀なダイエットを行ってしまうと、頭痛の原因になる恐れがあります。

水分と頭痛の関わり

水分が不足している状態になると、血液中の水分も減ってしまいます。そのため血液自体の濃度が濃くなってしまうでしょう。

血流が滞りなく流れるために、血管を拡張するように働きます。その結果、神経を刺激してしまい頭痛を招く要因になってしまうでしょう。

さらに脳の周囲には、髄液という液体が流れています。水分が不足すれば髄液も減ってしまうので、それも頭痛を招く要因の一つでしょう。

脱水による症状

水分が不足してるからと言って、急に倒れるなどの症状が現れるわけではありません。症状は徐々に進行し、悪化する前に水分を摂取し安静にすることで症状は落ち着きます。

軽度から中等度の脱水であれば眩暈やふらつき、頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに進行すると、痙攣や意識障害、尿・汗が出ないなどの状況に陥ってしまうでしょう。

ただ徐々に進行していることに気が付かないケースもあります。子どもや高齢者などは症状に気が付きにくいと言われています。

さらにストレス環境では脱水に気が付かない場合もあるようです。脱水を甘く見ると、生命に関わるような状況になってしまうでしょう。

脱水を引き起こさないために取り組むことが重要になってきます。

頭痛を引き起こさないためにも、水分を摂取しましょう

頭痛を引き起こさないためにも、水分を摂取しましょう
脱水による頭痛を予防するためには、水分を摂取することが重要です。

水分摂取のやり方

すでに脱水が起きている場合には経口補水液を摂取する方がいいと言われています。経口補水液は、電解質や水分がバランスよく混ざっているため脱水時には好ましいでしょう。

スーパーなどで販売されているため、万が一に備えて常備しておくことが理想的です。また自分で作ることもできます。

ただ手作りの場合には、長期間保存することはできません。必要に応じて、その都度作るようにしてください。

経口補水液を摂取しても症状が改善しない、摂取することができない場合には、すぐに医療機関に連絡しましょう。

そのまま放置してしまうと、後遺症が残ってしまうリスクを高めてしまいます。医療機関で適切なケアを受けるようにしてください。

早期にケアすることで後遺症を予防することができるでしょう。

脱水を予防するために

脱水を予防するためには、水分をこまめに摂取することが重要です。喉が渇いたと感じた時点で、水分が不足している状況と言われています。

そのため渇きを感じる前に水分摂取を行いましょう。症状が進行する前に対処を行うことで、進行を予防できます。

また汗をかくときには、ミネラルが混ざった水分を選ぶようにしてください。ミネラルが混ざった水分を摂取することで、電解質のバランスを維持することができ体調を整える効果が期待できるでしょう。

脱水以外にも、ストレスや低血糖なども頭痛の要因になります

脱水だけが、頭痛の要因ではありません。頭痛以外の要因もチェックしましょう。

頭痛の要因
  • ストレス
  • 低血糖
  • 貧血
  • 自律神経の影響
  • ホルモンの影響

上記のような要因が考えられます。ダイエット中は、これらの要因に当てはまるケースが多いでしょう。

食事を抜くなど無謀なダイエットを行ってしまうと、低血糖が起こりやすくなります。さらに、それによるストレスなども起こり、頭痛はひどくなってしまうでしょう。

頭痛を起こさないために

頭痛を起こさないために、無謀なダイエットはやめましょう。食事を抜くなどのダイエットをしてしまうと、過度にストレスが蓄積され自律神経も乱れやすくなります。

頭痛だけでなく摂食障害などの精神面にも影響を及ぼしかねません。頭痛を起こさないためにも、低血糖を招かない食事を摂取してください。

食事を抜くことはせずにバランスよく、色々な栄養素を組み合わせるようにしましょう。またリラックスできる時間をつくることも大切です。

寛げる空間や時間をつくるようにしてください。リラックスすることで自律神経を整える効果が期待できます。

安全なダイエットを行うようにしましょう

安全なダイエットを行うようにしましょう
ダイエット中、頭痛だけでなく色々な症状が起こることがあります。それはダイエット方法によって引き起る可能性もありますが、偶然病気を発症したケースも考えられるでしょう。

気になることがあれば、一度医療機関へ

脱水や低血糖による頭痛だと安易に判断するのは良くありません。脳梗塞やクモ膜下血腫なども頭痛を引き起こす要因です。

そのため症状が改善しない場合には、一度医療機関で診てもらった方が良いでしょう。そのまま放置してしまうと、取り返しのつかない状況に陥る恐れもあります。

安全なダイエットを行うことが大切です

食事をハードに制限する、単品だけのダイエット法は栄養バランスが乱れ、不調に繋がる可能性があります。また急激に体重を落とすのも良くありません。

1ヶ月で1Kg程度のペースのダイエットが良いでしょう。たった1Kgと感じるかもしれませんが、少しずつ落とすことでリバウンドのリスクを下げることができます。

ゆっくりペースのダイエットをすることで頭痛などの症状も予防する効果が期待できるでしょう。無謀なダイエットは、安全とは言えません。

理想の身体になるためにも、安全性の高いダイエットに取り組みましょう。

(まとめ)ダイエット時に頭痛が起こるのは、水分が原因?

1.ダイエット中の頭痛は、水分不足が原因の一つです

水分不足による脱水も頭痛の要因です。脱水状態に陥ると、倦怠感やけれんなどの症状を引き起こしてしまいます。

低血糖やストレスなども頭痛の要因になります。安全なダイエットを行うことによって、内側から美しい状態に導いてくれるでしょう。

2.脱水によって、頭痛や倦怠感などの症状を引き起こします

水分不足によって血液中の水分が減り、血管が拡張され神経を刺激してしまいます。髄液の量も減ることで頭痛が起こります。

脱水に陥ると頭痛や倦怠感、眩暈などが引き起こされます。徐々に進行しますが、進行に気が付かないこともあるので注意しましょう。

3.頭痛を引き起こさないためにも、水分を摂取しましょう

脱水が起きている場合には、経口補水液が理想的です。スーパーなどで販売されているため、万が一のために常備しておきましょう。

こまめに水分を摂取することで、脱水を予防することができます。喉の渇きは、すでに脱水が起きている証拠です。

4.脱水以外にも、ストレスや低血糖なども頭痛の要因になります

ストレスや低血糖、貧血なども頭痛の要因になります。食事を抜くなどの無謀なダイエットをすると、頭痛が起こりやすくなるので注意しましょう。

頭痛を起こさないためにも、バランスのいい食事を摂取してください。リラックスする時間をつくることも大切です。

5.安全なダイエットを行うようにしましょう

頭痛は脳梗塞などの要因でも起こるため、一度医療機関で診てもらいましょう。食事制限をハードにする、単品に頼るなどのダイエットは健康的は言い切れません。

1ヶ月に1Kgペースのゆっくりしたペースで行うようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。