ダイエットの水分を飲むタイミングは、水分を失う前後です

ダイエットの水分を飲むタイミングは、水分を失う前後です
水分には適切な飲むタイミングがあります。それは水分を失うタイミングの前後です。

起床時や就寝時、入浴の前後などのタイミングで補給するようにしましょう。またトイレに行った後に補給するようにしても構いません。

水分補給を行わなければ、身体の水分が不足してしまいます。意識消失などの症状を呈するので気を付けてください。

脱水症状が起きているときは、経口補水液などで補給しましょう。ウォーターサーバーなら、気軽に水分を補給することができます。

起床時や睡眠前にも忘れずに水分を補給しましょう

水分は生きるために欠かせないものです。水分がなければ、生きることができなくなってしまうでしょう。

人体の構成

水分は人体を構成する成分のうち約60~65%です。新生児の場合には80%も占めると言われています。

年齢とともに割合は少なくなり、高齢者であれば50~55%になってしまうでしょう。その割合が何らかの要因でわずかに減ってしまうだけで、身体は水分不足のサインを出します。

つまり健全な状態を保つために水分の割合をキープすることが重要です。

水分補給のタイミング

水分を補給するタイミングは、水分を失ったときと言われています。決して夜だけなど集中して補給しても、充分に補うことはできないでしょう。

  • 起床時
  • 就寝時
  • 入浴前
  • 入浴後
  • 運動前
  • 運動中
  • 運動後

上記のタイミングは、水分が減ってしまうときです。そのため忘れずに補給したほうが良いでしょう。

眠っているときにも、寝汗などによって水分が減ってしまいます。そのため就寝前も水分補給は重要です。

また朝の起床時に補給することによって、身体を目覚めさせる効果も期待できるでしょう。

もちろん上記のタイミング以外で水分を補給しても構いません。たとえばトイレに行った後に水分を補給する癖をつけてもいいでしょう。

尿や便からも水分は奪われてしまうので、トイレの後は最適なタイミングと言えます。

喉が渇いたと感じた時点で、水分は不足している状態です。そのため喉が渇く前に補給するように心がけてください。

水分不足に陥ると、意識消失をする場合もあります

水分不足に陥ると、意識消失をする場合もあります
水分の補給を怠ると、水分不足の状況に陥ってしまうでしょう。

水分不足のサイン

水分不足になると頭痛や吐き気、眩暈がおこります。この時点では軽度から中等度の状態です。

この時点で水分補給を行えば、症状の進行を予防できるでしょう。さらに進行すると痙攣や意識消失、呼吸困難などが起こります。

意識に影響を及ぼすことによって、自力での水分補給が難しくなってしまうでしょう。

水分不足のケア

水分不足のサインが現れたら、一刻も早く水分を補給することが大切です。その際、最も理想的な水分は経口補水液でしょう。

経口補水液は電解質のバランスを整えるために開発されており、スムーズに吸収できる水分です。お水だけではバランスを整えることができないため、経口補水液がないときは糖分や塩分を加えたお水を与えてください。

しっかり水分が補給でき、症状が時間とともに軽減しているのであれば、そのまま安静にして様子をみても構いません。ただ自力で水分が補給できない、症状が悪化しているなどの場合には一刻も早く医療機関に連れて行きましょう。

すぐにケアをしないことで、症状が深刻化する可能性もあります。たかが脱水と考えずに、深刻化すると考えたケアを行ってください。

隠れ脱水に注意する

脱水の症状は、段階があります。そのため基本的には軽度な状態で脱水のサインに気が付くでしょう。

しかし子どもや高齢者などはサインに気が付かないことがあります。症状が深刻になってから気が付くでしょう。

周囲の人が水分補給を促しながら、水分不足を予防してください。

基本的にはカロリーの少ないものを選びましょう

基本的にはカロリーの少ないものを選びましょう
ダイエットのためには、基本的に水分はカロリーの少ないものを選んだ方が良いでしょう。カロリーの高い水分であれば、体重を増やす原因になってしまうため注意してください。

お水

お水には硬水と軟水があります。硬水は少し飲みにくい感じがしますが、便通を促進する効果が高いでしょう。

軟水は非常に飲みやすいお水です。どちらの水分を選んでも構いませんが、子どもの場合には軟水を選ぶようにしてください。

お茶

お茶もカロリーの少ない水分です。カテキンは脂肪燃焼や消化を助けるなどの効果が期待できます。

そのため食事の後に補給すると良いでしょう。しかしお水と異なり、過度に補給しすぎると貧血を悪化させる、尿路結石、睡眠を妨げるなどのデメリットもあるので、適量を補給するようにしてください。

コーヒー

砂糖やミルクを入れないのであれば、コーヒーもカロリーは少ないです。コーヒーにも脂肪燃焼を促進させる成分が含まれています。

そのためダイエット中に適した水分と言えるでしょう。ただカフェインによるデメリットもあります。

睡眠を妨げるなどの症状が起こるため、夜は控えてください。日中補給することで、集中力を高める効果が期待できます。

水分を持ち運ぶなどして、いつでも補給しましょう

水分を持ち運ぶなどして、いつでも補給しましょう
水分をダイエットに活かすためには、補給をこまめにすることが大切です。ウォーターサーバーを利用することで、気軽に水分補給が行るでしょう。

美味しいお水が補給できる

ウォーターサーバーには厳選したお水を提供しているメーカーが多くあります。水源にこだわった商品もあるでしょう。

そのためこだわりぬいた美味しいお水を補給することが可能です。美味しいお水であれば、日々の水分補給も苦なく行るでしょう。

コーヒーやお茶も入れることができる

ウォーターサーバーは温水を出すことができます。90度前後の温水なので、コーヒーやお茶を入れるのに最適な温度でしょう。

そのためお湯を沸かす手間をかけずに、好きな水分を補給できます。

お水を身近にできる

ウォーターサーバーは非常に気軽に補給することができます。水筒などで持ち運ぶこともできるでしょう。

水分を身近なものにすることで、ダイエットの効率アップに繋がります。上手にウォーターサーバーを使いましょう。

(まとめ)ダイエットのため、水分を飲むタイミングとは?

1.ダイエットの水分を飲むタイミングは、水分を失う前後です

起床時や就寝時、入浴の前後などのタイミングで補給してください。水分が不足すると、意識消失などの症状をきたす恐れがあります。

脱水症状の際には経口補水液などで水分を補給してください。ウォーターサーバーなら気軽に水分補給できます。

2.起床時や睡眠前にも忘れずに水分を補給しましょう

人体を構成する成分のうち60%程度が水分です。新生児では80%、高齢者では50%程度でしょう。

寝ている時間にも寝汗などで水分は失っています。就寝前や起床時にも忘れずに補給してください。

トイレ後に補給する方法をとっても構いません。

3.水分不足に陥ると、意識消失をする場合もあります

水分不足は軽度であれば、頭痛や吐き気、眩暈などの症状をきたします。重症化すると意識消失や、呼吸困難に陥ってしまうでしょう。

水分不足の場合には経口補水液を補給してください。隠れ脱水のケースもあるので、周囲の人が水分補給を促しましょう。

4.基本的にはカロリーの少ないものを選びましょう

ダイエット中はカロリーの少ない水分を選びましょう。お水には軟水と硬水があります。

子どもに与えるのであれば軟水を選んでください。お茶やコーヒーには脂肪燃焼を助ける成分が入っています。

適量の範囲内で補給するようにしてください。

5.水分を持ち運ぶなどして、いつでも補給しましょう

ウォーターサーバーがあれば、気軽に水分補給をすることができます。厳選した美味しいお水が補給できるでしょう。

90度前後の温水を出すことができるため、コーヒーやお茶など好みの水分補給も気軽に行ます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。