ダイエット時の水分の飲み方は、回数や温度などが大切です

ダイエット時の水分の飲み方は、回数や温度などが大切です
水分の飲み方によって、ダイエット効果が大きく左右します。場合によっては悪影響をきたす可能性もあるでしょう。

正しい飲み方とは、がぶがぶ飲まないことです。がぶがぶ飲むことで、余計なストレスがかかることがありません。

さらに飲む回数を増やすことも大切です。正しい飲み方をすることによって、代謝アップなどの効果が期待できます。

水分の量を間違えてしまうと水中毒のリスクを高めてしまうでしょう。反対に足りなければ、脱水傾向になるため、適度な水分を飲むことが大切です。

水分はがぶがぶ飲まないことが大切です

毎日、何気なく摂取している水分ですが、実は正しい飲み方があります。正しい飲み方をすることによって、水分の効果を最大限に生かすことができるでしょう。

がぶがぶ飲まない

水分はがぶがぶ飲んでしまうと、腎臓などに余計なストレスをかけてしまいます。水分は大量に飲んだとしても、全て取り込むことができません。

ほとんどの水分が外に出されてしまうでしょう。その際、水分をろ過する役割がある腎臓に負荷がかかります。

正常な腎臓であれば、負荷に耐えられるかもしれません。しかし腎臓に疾患がある方や年配の方、乳児などは、腎臓が耐えられずに傷ついてしまうリスクがあります。

状況によっては、腎臓の疾患を悪化させることも考えられるでしょう。そのため、がぶがぶ飲むのではなく、ゆっくり少量を飲むようにしてください。

飲む回数を増やす

常に同じ水分量をキープしている訳ではありません。発汗や尿などによって、水分が奪われてしまいます。

そのため奪われる前後に水分を飲むことが大切です。つまり水分を飲む回数を増やし、頻回に水分を補い、水分量をキープできるようにしましょう。

水分の温度を意識する

暑いときなど、つい冷たいものを取りがちになります。冷たいものを多く取ってしまうと、すこしだるくなるなど体調を崩してしまうでしょう。

さらに胃腸がキリキリ痛むなどの症状が起こるケースもあります。そのため、できる限り温水を飲むように心がけてください。

温水であれば、体調を崩すなどのリスクを防ぐことができるでしょう。

正しい飲み方をすることで、代謝アップなどの効果が期待できます

正しい飲み方をすることで、代謝アップなどの効果が期待できます
水分は何のために飲むのか知っていますか?人は60%程度水分が占めています。

水分で構成されているため、身体を動かすためには水分が重要な役割を果たします。

水分の役割

水分の大きな役割は3つあります。一つ目が運び屋です。

血液によって細胞に酸素や栄養を運びます。また不要な物質を体外に排出する役目もあるでしょう。

この運び屋の働きによって、毛細血管など細部まで血液を届けることが出来ています。2つ目が体温のコントロールです。

寒いときには発汗を抑え、暑いときには発汗を促します。そうすることによって、体温が一定に保つようにコントロールする作用が重要な役割の一つです。

最後に電解質の維持です。電解質のバランスが乱れてしまうと、不調を感じやすくなります。

水分によって電解質のバランスを保ち、健康な身体へと導いています。

水分の効果

水分を飲むことで、それらの役割を果たすことができるでしょう。さらにダイエットするにあたってプラスとなる働きもあります。

水分を飲むことで様々な細胞に栄養を届けることができ、代謝を上げる効果が期待できます。代謝を上げることによって、ダイエットが行いやすくなるでしょう。

さらに便通改善や食事量軽減などの効果もあると言われています。その結果、ダイエットしやすい状況になるはずです。

間違った飲み方で水中毒などのリスクを高めてしまうでしょう

水分の飲み方を間違えてしまうと、様々な症状をきたす恐れがあります。

水中毒

水中毒とは、何らかの理由で水分を過剰に飲んだ際に起こる疾患です。血中のナトリウム濃度を低下させ、電解質のバランスを乱してしまいます。

そうなると嘔吐や頭痛、性格が変わるなどの症状が起こりやすくなるでしょう。世界では死亡例もあるような、怖い疾患です。

水中毒にならないためには、2,000ml程度の水分を飲むことが大切でしょう。必要な水分の倍以上を飲んでしまうと、リスクが高くなるため控えてください。

脱水症状

脱水症状は水中毒とは異なり、水分が足りない状況で起こります。水分をセーブする、大量の汗をかくなどをすると脱水症状が現れやすくなります。

頭痛や眩暈、立ちくらみなどの症状が起こり、呼吸困難など症状は悪化していきます。隠れ脱水の場合には、脱水の初期症状に気が付かずに、症状が進行してから気が付くケースもあるようです。

そのため幼い子どもや老人などは特に脱水に注意しましょう。自力で水分が飲めない、症状が改善しないなどの場合には、救急車を呼ぶようにしてください。

迅速に対応しなければ、後遺症が残ってしまうケースもあるので注意しましょう。

ダイエットのために、身体を動かすことも行いましょう

ダイエットのために、身体を動かすことも行いましょう
水分によるダイエットは、極端な効果は見込めません。基本的にはダイエットのサブ的な存在と考えた方が良いでしょう。

ダイエットを行うためには、身体を動かすことも大切です。

筋力をつける

体を動かすことで、筋力が向上します。筋肉には基礎代謝を上げる効果が期待できるでしょう。

つまり筋力が向上することによって、痩せやすい状況へと導いてくれるでしょう。

消費カロリーを増やす

身体を動かすことで、消費カロリーを増やすことができます。そのため摂取したとしても、消費するため太りにくくなるでしょう。

毎日の生活の中で身体を動かすように心がけてください。階段を使う、駅まで歩く、歯磨きの最中につま先を上げるなど簡単に行るものから始めても構いません。

続けられそうな内容から取り組むことが大切です。急に無理をすると、痛みなどの症状を呈する恐れがあります。

ダイエットは短期集中ではなく、長い期間で目標を立てるようにしましょう。少しずつ体重を落とすことで、健康的に痩せることができます。

(まとめ)ダイエット時の水分の正しい飲み方とは?

1.ダイエット時の水分の飲み方は、回数や温度などが大切です

水分はがぶがぶ飲まないようにしてください。がぶがぶ飲むことで、臓器に余計なストレスがかかる恐れがあります。

水分を飲む回数を増やすようにしてください。飲む量を間違えると水中毒や脱水症状になるリスクを高めます。

2.水分はがぶがぶ飲まないことが大切です

正しい飲み方をすることによって、水分の効果を最大限に生かすことができます。。水分はがぶがぶ飲まない、飲む回数を増やすことが大切です。

冷たい温度のものを取りすぎると、だるくなるなどの症状を引き起こします。温水を飲みましょう。

3.正しい飲み方をすることで、代謝アップなどの効果が期待できます

人は水分が60%を占めています。水分の役割は栄養を運ぶ、体温をコントロールする、電解質のバランスを維持することです。

水分をとることで代謝を上げ、痩せやすい状況に導くことができます。便通促進や食事量を抑えるなどの効果も期待できるでしょう。

4.間違った飲み方で水中毒などのリスクを高めてしまうでしょう

水中毒は水分を過剰に飲んだ際に起こる疾患です。ナトリウムの濃度が低下することで、電解質のバランスを乱れます。

脱水症状は体内の水分が不足しているときに起こります。隠れ脱水の場合、症状が進行するまで気が付かないケースもあるので注意が必要です。

5.ダイエットのために、身体を動かすことも行いましょう

水分にはダイエットの極端な効果は見込めません。ダイエットのためには階段を使う、駅まで歩くなど身体を動かすようにしましょう。

身体を動かすことで筋力が向上し、基礎代謝アップができます。消費カロリーも増えるため、太りにくい身体になるでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。