ダイエットのためには食前や食後の水分補給が大切です

ダイエットのためには食前や食後の水分補給が大切です
食事をする際に水分を飲んでいますか?食前に水分を飲んでおくことで、ドカ食いを予防する効果が期待できます。

食事中に水分を飲んでも問題はありませんが、ただ噛まずに流し込むのは良くありません。ダイエットのためにも、よく噛んで食べるようにしてください。

水分はゆっくり飲むことが大切です。また少し温めた水分を飲むようにしましょう。

水分の種類も十分に吟味することが重要です。水分によっては水様便などの症状が起こる可能性があります。

ウォーターサーバーなどを導入し、利用してください。

食事のときに水分を飲むことでメリットやデメリットがあります

食事のときに水分を飲むことでメリットやデメリットがあります
食事のときに水分を飲んでいますか?水分は食事のときに飲むことでメリットやデメリットがあります。

食事のときに飲むメリット

食前に水分を飲むことによって、水分によってお腹を満たすことができます。そのためドカ食いの予防になるでしょう。

空腹状態のままであれば、つい食べ過ぎてしまうことも度々あります。ダイエット中であれば、わずかなカロリーの差によって、成果を大きく左右してしまうでしょう。

ドカ食いを予防出来たら、ダイエットも行いやすくなります。できれば食前には2杯程度を目安に飲むようにしてください。

食事のときに飲むデメリット

食事中に水分を飲むことで消化酵素を薄くするともいわれており、食事の栄養素をうまく消化できなくなってしまいます。少量であれば問題はないでしょうが、過剰に飲むことは避けてください。

消化酵素は痩せやすくするためにも大切なものなので、少量だけ飲むようにしましょう。また咀嚼をせずに流し込みようなデメリットもあります。

そのまま飲み込んでしまえば、消化酵素はより少なくなってしまいます。また便秘にもなりやすくなるため、流し込むのはやめましょう。

しっかり1口ごとに噛むように意識し、満腹感をえるようにしてください。

食事と水分の関わり

食前や食後は水分を飲んだ方が良いと言われています。ドカ食いを予防するだけでなく、様々な効果が期待できるでしょう。

ただしがぶ飲みは良くないため、すこしずつ飲むことを意識してください。

食後に適した水分は、緑茶などです

食後に適した水分は、緑茶などです
食前や食後で向いている水分が違います。

食前に向いている水分

食前には炭酸水が向いていると言われています。炭酸の作用によって、お腹を膨らませる効果が期待できるでしょう。

しかし少量だけ飲んでしまうと、逆に食欲を増進させてしまいます。そのため食事の直前ではなく、少し早めに飲むようにしてください。

また少し多めに飲むことで、しっかりお腹を膨らませドカ食いを予防してくれます。

食後に向いている水分

食後にはカテキンを含むお茶がおすすめです。カテキンは抹茶や煎茶などのお茶に多く含まれています。

カテキンには消化を助ける、脂肪を燃焼させるなどの効果が期待できるでしょう。そのため食後に意識して飲むようにしてください。

またコーヒーもおすすめです。コーヒーにはカフェインやポリフェノールが含まれており、脂肪燃焼の効果が期待できます。

そのため食後にはお茶やコーヒーを飲むように意識してください。

白湯なら、いつ飲んでも問題ありません

白湯であれば、特に時間を気にせずに飲んでも問題はありません。食前や食後に適量の水分を飲むようにしましょう。

ダイエットのサポートにもなるため、水分は欠かさずに飲んでください。

ゆっくり飲み、温めた水分を飲むようにしましょう

食事に関わらず、水分の飲み方次第で効果が大きく変わります。適切な方法で水分を飲むようにしましょう。

ゆっくり飲む

水分は一度に飲んでしまうと、処理能力を超えてしまうことがあります。そうなれば、ほとんど吸収されずに排出してしまうでしょう。

さらに腎臓などに負担がかかり、損傷してしまう可能性もあります。そのため水分は、必ずゆっくり飲むようにしてください。

温めた水分を飲む

氷水などはからだに負担がかかってしまいます。もちろんからだの機能として、体温が下がりすぎることはありません。

しかし氷水ばかり飲み続けてしまえば、冷え症が悪化する、だるくなるなどの症状を招いてしまいます。できればすこし温かめの水分を飲むようにしてください。

水分の種類を選ぶ

水分にはミネラルが多く溶け込んでいるものがあります。もともとお腹が緩い方であれば、ミネラルの作用で水様便になってしまう恐れがあるでしょう。

そのため体調にあった水分をしっかり吟味して飲むようにしてください。お腹が緩い方であれば、ミネラルが溶け込んでいない水分を選びましょう。

水分を適切に飲むことで、ダイエットの効果をアップしてくれます。また、からだを壊さないためにも水分は適切な方法で飲みましょう。

ウォーターサーバーなら、水分の効果が得やすくなります

ウォーターサーバーなら、水分の効果が得やすくなります
水分をこまめに飲むことは、ダイエットに有効と言われています。そのため様々な方法で水分を飲むようにしましょう。

水道水

水道水で水分を飲む方法が、最もリーズナブルです。日本の水道水は世界的に見ても安全性が高いと言われています。

そのため水道水をそのまま飲んでも問題はないでしょう。ただカルキが気になるという方も多くいます。

カルキは細菌の繁殖を予防するためのものです。カルキが気になる場合には、一度沸騰を刺せてから飲むようにしてください。

ただし細菌が増えやすい状況なので、早めに使い切るようにしてください。

ペットボトル

ペットボトルで水分を飲むというやり方もあります。しかし一度フタを開けてしまうと、そこから徐々に細菌が繁殖してしまうでしょう。

そのため開封後は早めに飲み切ることが大切です。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーなら必要な量を飲むことができ、ダイエットにおすすめの商品です。メンテナンスを行っていれば、衛生面でも安心でしょう。

また温度の調整も可能なため、少し温かい水分を簡単に飲むことができます。

どのような方法でも構いませんが、自分にあった手段で上手に水分を飲むようにしてください。

(まとめ)ダイエット時の水分は食前や食後って大切?

1.ダイエットのためには食前や食後の水分補給が大切です

食前に水分を飲むことで、ドカ食いを予防する効果が期待できます。食事中に水分を飲む場合には、流し込むことだけは避けましょう。

ゆっくり飲むこと、温めた水分を飲むことを意識してください。水分によっては水様便になる可能性があります。

2.食事のときに水分を飲むことでメリットやデメリットがあります

食前に水分を飲むことでドカ食いを予防する効果が期待できます。わずかなカロリーでもダイエットの成果に左右させるため、2杯程度を意識して飲みましょう。

食事中に飲むことで消化酵素を薄めてしまう恐れがあります。少量だけ飲むようにしてください。

3.食後に適した水分は、緑茶などです

食前の水分は、炭酸水が向いています。少量の炭酸水は食欲を増進させてしまうため、多めに飲むようにしてください。

食後はお茶やコーヒーがオススメです。白湯であれば、どのようなタイミングで飲んでも問題はありません。

4.ゆっくり飲み、温めた水分を飲むようにしましょう

水分は一気に飲むと、うまく吸収できずに、排出してしまいます。水分はゆっくり飲むように意識しましょう。

氷水は冷え性やだるなどの原因になることがあります。少し温めた水分を飲んでください。

お腹が弱い方は、ミネラルの少ない水分を飲みましょう。

5.ウォーターサーバーなら、水分の効果が得やすくなります

水道水は最もリーズナブルな方法です。カルキが気になる方は、一度沸騰させてから飲みましょう。

ペットボトルはフタを開けた後から細菌が繁殖してしまいます。早めに飲み切るようにしてください。

ウォーターサーバーなら簡単に水分を飲むことができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。