ダイエット中は、水分に含まれるカロリーを意識することが大切です


体重を落とすためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが重要と言われています。摂取カロリーが多ければ、太りやすくなります。

反対に消費カロリーが多ければ、体重は落ちやすくなります。そのため水分に含まれるカロリーも意識してください。

できる限りカロリーの低い水分を摂るようにしましょう。またゼロカロリーの水分はあまり選ばないようにしましょう。

水分だけでなく、食事のカロリーも意識することが大切です。トータル的にカロリーを考えるようにしてください。

ダイエット中はカロリーの低い水分を摂りましょう

体重を落とすためには、摂取カロリーと消費カロリーを意識することが重要と考えられています。摂取カロリーとは、食事や水分などを摂ることによって、取り入れられるエネルギーです。

消費カロリーとは、基礎代謝や運動などによって燃やされるエネルギーを指します。つまり摂取カロリーが多ければ、体重が増えやすくなります。

反対に摂取カロリーを制限すれば、体重が減りやすくなると言えます。

摂取カロリーを制限する問題点

摂取カロリーをとことん制限すれば、体重は落ちるでしょう。しかし健全とは言えません。

綺麗に痩せたと言うより、髪が肌があれ痩せ細った印象を与えかねません。また身体は栄養失調の状態です。

そのため身体に入ってきた栄養を取り込もうと作用してしまいます。つまりリバウンドがしやすい状態と言えるでしょう。

できれば栄養失調の状態に陥るまで摂取カロリーを制限するダイエットは行わないようにしてください。無駄なカロリーをカットするようなダイエットを行いましょう。

無駄なカロリーとは

間食やジュース類のことです。3回の食事で栄養を摂っていれば、間食やジュース類でカロリーをとる必要はないです。

そのためダイエット中は、ジュース類は摂らないようにしてください。できる限りカロリーの低い水分を摂りましょう。

カロリーの低い水分
  • お水
  • 麦茶
  • 日本茶
  • 紅茶(ストレート)
  • コーヒー(砂糖・ミルクなし)

上記のような水分であれば、比較的カロリーは低いです。そのためダイエット中も安心して摂ることができるでしょう。

また飲酒をやめられない人もいるはずです。その場合にはビールや日本酒、甘いカクテルなどはカロリーが、高めになります。

そのため焼酎やウイスキーの方が無難です。ただ過度な飲酒をすれば、カロリーは増えてしまいます。

そのためダイエット中は、お酒は少なめにしましょう。

ゼロカロリーと言って大量に摂るのは良くありません


ゼロカロリーと謳っている商品をみたことはありませんか?ダイエット中にとって、ゼロカロリーは魅力的なフレーズですよね。

しかしゼロカロリーの水分がダイエットに向いているかどうかはハッキリわかっていません。むしろダイエットに良くないと言われています。

インスリンを分泌させる

糖分を含むものを摂ると、血糖値は急上昇します。血糖値を下げるために、膵臓からインスリンが大量に分泌されるでしょう。

このインスリンは脂肪細胞に働きかける作用があります。血中に含まれるブドウ糖を脂肪に変えてしまうでしょう。

そのためダイエットのためには血糖値コントロールも重要と言われています。ゼロカロリーの水分を摂った場合、血糖値は急上昇します。

その結果インスリンが分泌され、痩せにくくなってしまうでしょう。

味覚を鈍化させる

人工甘味料は味覚を鈍らせる作用があると言われています。そのため必要以上に人工甘味料で甘さをプラスしてしまうでしょう。

そうなればカロリーは増えてしまいます。

依存性が高まる

ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質の働きを悪くさせると言われています。そのため依存性が高まってしまうでしょう。

つまりゼロカロリーと謳っていても、ダイエット中は控えるようにしてください。どうしても甘いものを経つことが難しい場合には、週に1回だけなどルールを決めて解禁日を作っても良いでしょう。

ストレスが溜まりすぎると、ドカ食いのリスクを高めるため注意してください。

食事や間食のカロリーも意識しましょう

水分を意識しても、食生活が乱れていれば意味がありません。

間食を控える

間食は、できれば控えた方が良いでしょう。しかし、どうしても空腹に耐えられない可能性もあります。

その場合にはナッツ類などカロリーの低いおやつを摂るようにしてください。

炭水化物の摂りすぎを控える

炭水化物は比較的カロリーが高いものが多くあります。そのため炭水化物に偏った食事は控えた方がいいでしょう。

タンパク質や緑黄色野菜などをバランスよく摂るようにしてください。

よく噛む

噛む回数が少なければ、満腹を感じにくくなります。そのため余計に食べすぎてしまうでしょう。

1回口に入れたら、20~30回程度咀嚼する意識を持ってください。そうすることで唾液も多く分泌され、満腹も感じやすくなるでしょう。

腹8分目を心がける

ダイエットする上で、食べすぎは良くありません。日頃から腹8分目を意識しましょう。

そうすることで食べすぎを防ぎやすくなります。

水分や食事面も意識することで、体重を落としやすくなります。

カロリーを消費することも大切です


摂取カロリーだけをコントロールしても限界があります。体重を落とすためには、消費カロリーも意識してください。

基礎代謝を上げる

基礎代謝とは呼吸など生きているために自然と使われるエネルギーのことです。また、加齢と共に代謝は悪くなりやすいと言われています。

歳をとると痩せにくいのはこのためです。筋肉を増やし、基礎代謝の向上を図りましょう。

運動を行う

運動を行うことで、直接的に消費カロリーを増やすことができます。また運動によって筋肉がつけば、基礎代謝の向上に繋がります。

つまり相乗効果によって、より脂肪を燃やせます。

階段を使用する

運動ができなくても、日頃からエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用することで消費カロリーを向上させます。できる範囲の運動を行いましょう。

(まとめ)水分ダイエットで注意したいカロリーとは?

1.ダイエット中は、水分に含まれるカロリーを意識することが大切です。

体重を落とすためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大切です。水分や食事のカロリーを意識しましょう。

ダイエット中は、カロリーの低い水分を摂るようにして下さい。ゼロカロリーの水分も少なめにしましょう。

2.ダイエット中はカロリーの低い水分を摂りましょう

摂取カロリーが多ければ太りやすく、少なければ痩せやすいと言われています。摂取カロリーを過剰に制限するとリバウンドしやすいでしょう。

お水やお茶などを摂るようにしてください。お酒は焼酎やウイスキーの方が良いですが、飲み過ぎには注意して下さい。

3.ゼロカロリーと言って大量に摂るのは良くありません

ゼロカロリーでもダイエットに向いている訳ではありません。インスリンを分泌することで、脂肪を蓄えやすくなります。

味覚の鈍化や依存性などのデメリットもあるでしょう。辛い場合には週に1度、解禁日を作ると良いでしょう。

4.食事や間食のカロリーも意識しましょう

ダイエット中は間食を控えるようにしましょう。ナッツ類などカロリーの低いものを摂りましょう。

炭水化物を少なめにすることも大切です。咀嚼回数を増やし、満腹を感じやすくしてください。

5.消費カロリーを増やすことも大切です

摂取カロリーだけの制限は限界があります。消費カロリーを向上させるような生活をしましょう。

運動などを定期的に行うようにしてください。運動が行なえない場合は、エスカレーターなどを使わずに階段を利用するなど工夫しましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。