ダイエット中の便秘は、水分を十分に飲むことが重要です


ダイエット中は、便秘になりやすいと言われています。そのため水分を積極的に飲むようにしましょう。

水分を飲むことによって、ぜん動運動が活発になる効果が期待できます。さらに便を軟らかくすることで、排出しやすくなるでしょう。

食物繊維などの食材も積極的に取り入れてください。便秘がひどくなれば、肌荒れや吐き気、食欲不振などの症状を引き起こします。

硬度が高いお水の方が便秘は解消されやすいでしょう。しかしお腹を壊す可能性もあります。

また飲みにくいと感じることもあるため注意しましょう。

水分を飲むことによって、便を出しやすくできるでしょう

ダイエットを行うと、便秘になりやすいと言われています。

便秘になる要因
  • ストレス
  • 運動不足
  • 栄養バランスの乱れ

上記のような要因があるでしょう。ダイエットを行うと、食事制限によって栄養バランスは乱れ、食べられないといったストレスがかかってしまいます。

そのため便秘症状が悪化しやすいと言えるでしょう。つまり便秘を引き起こさないためには、これらの要因を取り除くことが大切になってきます。

しかし、すべての要因を取り除くのは難しいでしょう。その場合には、まず水分を飲むことから始めてください。

水分のパワーで便秘解消効果が期待できるでしょう。

水分によって便秘解消するメカニズム

水分を飲むことで、まず便に水分を含ませることができます。水分を含んだ便はやわらかくなるため、スルッと排出しやすい状態でしょう。

さらに水分によって、腸の動きを改善する効果が期待できます。腸の動きが出てくることによって、やわらかくなった便をゆっくり肛門へと運び排出できるでしょう。

また水分には、リラックス効果も期待できます。そのためストレスを和らげ、腸内環境を整えやすくなるでしょう。

そのため便秘に悩んでいる人は、水分を積極的に飲むようにしてください。水分の効果によって、よりキレイな形で排便を促せるでしょう。

便秘が悪化すれば、肌荒れなどの症状を引き起こします

便秘は便が排出できないだけでなく、ほかの症状を引き起こします。

腹部の痛み

すべての人に当てはまる症状ではありません。ただ便秘の方は、比較的腹部の痛みも伴いやすいと言われています。

特に、けいれん性便秘や器質性便秘ならば、腹部の痛みを併発しやすいでしょう。

腹部の張り

便秘になると、腸の中に便だけでなくガスも蓄積します。それらが溜まりすぎれば、腹部が張ったような症状が現れるでしょう。

口臭

長期間便秘が継続した場合に引き起こされます。腸の中で長期間便が放置されれば、発酵し腐敗してしまうでしょう。

それらは有害物質になり、腸から血液中に溶け込みます。その結果、口臭や体臭となって現れるでしょう。

食欲不振

腹部の張りがあることで、食べ物を受付ない状態になる場合があります。さらに痛みがあれば、食べる気力が減ってしまうでしょう。

吐き気

腹部の張りによって、吐き気を引き起こす可能性があります。さらに副交感神経の働きが活発になることで、吐き気として症状を招く場合もあるでしょう。

これらの症状は便秘によって併発するものです。そのまま放置し続ければ、肌荒れなどの症状を招いてしまうでしょう。

そうならないためにも早く便秘を解消することが大切です。

便秘を解消するために食事も注意しましょう


便秘を解消するためには、食事も重要です。

乳酸菌

乳酸菌とは、善玉菌尾の一種です。悪玉菌の発生を抑制する作用があると言われています。

また免疫力を高めてくれる効果も期待できるでしょう。つまり健康の維持にも役立つといわれています。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれています。

オリゴ糖

善玉菌の餌になってくれます。善玉菌を増殖させることで、悪玉菌の発生を抑制し腸内環境を正常化するでしょう。

オリゴ糖はゴボウやにんにく、バナナ、大豆などに多く含まれます。

食物繊維

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は腸内で発酵します。

その後、善玉菌の餌になる食物繊維です。一方、不溶性食物繊維は胃や腸の水分を吸収して膨らみます。便のかさを増やす作用があります。

さらに腸を刺激し、排便を促進するでしょう。食物繊維は多くの食材に含まれており、穀類やいも類、野菜、果物などは水溶性と不溶性の両方を含んでいます。

これらの成分が含まれる食品は、積極的に摂るようにしましょう。つまり、あらゆる食材をバランス良く食べることが便秘解消に繋がるでしょう。

ダイエット中は栄養は栄養が不足したり、偏りやすいため注意しましょう。腸に良い食材は、不足しないように心がけてください。

便秘が解消しやすくなるお水もあります

食事以外にも便秘を解消する方法があります。

朝食後トイレに行く習慣をつける

便意は朝起こしやすいと言われています。そのため朝、トイレに行く時間をつくりましょう。

便意がなくても、朝食後にはトイレに向かうようにしてください。

ストレスの解消

自律神経を整えることで腸内に良い影響を与えると言われています。そのため入浴時間を長くする、カラオケに行くなど、ストレスを上手に解消しましょう。

ストレッチ

便秘解消のためには、ストレッチを寝る前などに行いましょう。腰を捻るなど腹部の周囲を集中して行ってください。

さらに余裕があれば、ウォーキングなどを取り入れても良いでしょう。

お水を見直す

お水には硬度の高いお水と低いお水があります。硬度の高いお水にはミネラルが多く入っているため、便秘解消効果が高いと言われています。

そのため便秘の方は硬度の高いお水を摂るようにしましょう。ただし、口当たりが独特です。

そのため飲めないこともあるでしょう。無理して飲む必要はありません。

硬度が低いお水もこまめに摂取することが大切です。

あまりにも便が出ない場合には、一度医療機関を受診してください。症状に応じて薬などを処方されるでしょう。

便秘を悪化させないためにも、早めに対策を講じてください。早くケアすることで、症状の悪化を予防することができるでしょう。

(まとめ)ダイエット中の便秘は、水分で改善できるの?

1.ダイエット中の便秘は、水分を十分に飲むことが重要です

ダイエット中は便秘になりやすいと言われています。水分によって、便秘解消効果が期待できます。

食物繊維などの食材も積極的に摂りましょう。硬水の方が便秘解消効果が高いと言われています。

硬水は体調を確認して、徐々に量を増やしましょう。

2.水分を飲むことによって、便を出しやすくできるでしょう

便秘はストレスや運動不足、栄養バランスの乱れなどの要因で引き起こされます。水分を飲むことによって、便をやわらかくし、排便しやすい環境が整うでしょう。

水分にはリラックス効果も期待できるため、腸内環境を正常化しやすくなります。

3.便秘が悪化すれば、肌荒れなどの症状を引き起こします

便秘になることで様々な症状を併発します。腹部の痛みや張り、食欲不振などです。

そのまま放置し続ければ、肌荒れなども起こるでしょう。便秘はできるだけ早い段階で解消することが大切です。

4.便秘を解消するために食事も注意しましょう

便秘を解消するためには乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などが重要です。普段から積極的に摂るようにしましょう。

ダイエット中は栄養が不足したり偏りやすいと言われています。バランスのいい食事を心がけるようにしてください。

5.便秘が解消しやすくなるお水もあります

朝に便意は感じやすいため、朝食後にトイレに行く習慣をつけましょう。ストレス解消やストレッチなども大切です。

硬度の高いお水は、便秘解消効果が高いと言われています。便秘で苦しんでいる方は、一度医療機関を受診しましょう。