ダイエットで体脂肪を燃やすためには水分が必要不可欠です


体脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪があります。これらの脂肪を落とすためには食事や運動を見直すことが大切です。

食事はジャンクフードなどを避け、バランスの良い食事を意識しましょう。また運動は有酸素運動が良いと言われています。

ウォーキングやサイクリングなどを実施してください。できれば毎日のように体重などをチェックしましょう。

体組成計などがあれば筋肉量も確認してください。水分を十分に補い、体脂肪を撃退しましょう。

体脂肪を落とすためには、食事を変更しましょう

体脂肪と言えば、少しでも減らしたいと思っている人も多いでしょう。しかし体脂肪が悪いわけではありません。

女性の場合、体脂肪が極端に少なければ生理不順に陥り、妊娠しにくいカラダになってしまう恐れがあります。そのため体脂肪を落としすぎないようにしてください。

体脂肪って何

体脂肪には大きく分けて、内装脂肪と皮下脂肪があります。内臓脂肪は内臓の周囲にこびりついた脂肪のことです。

内臓脂肪が多ければ、高血圧や糖尿病、肥満などを引き起こします。しかし代謝が良いため、非常に減らしやすい特徴があるでしょう。

皮下脂肪とは、その名の通り皮膚のすぐ下にある脂肪のことです。女性の方が付きやすい特徴があります。

特に下腹部につきやすく、これは妊娠に必要な部分を守るためだと考えられています。皮下脂肪は体温を調整する、衝撃から身体を守るなどが役割です。

役割がある分、落としにくいデメリットがあります。

体脂肪を減らすために

体脂肪を減らすためには、食事を調整することが大切です。ただ極端に食事を減らすのは決していい行為とは言えません。

むしろ脂肪を溜め込みやすくなるため、体脂肪を減らすことはできないでしょう。そのためジャンクフードや甘いものなどを控えるようにしてください。

できればバランスのいい食事に変更しましょう。日本食をメインにすることでたんぱく質やビタミンなどの栄養バランスが改善しやすいと言われています。

ドカ食いも良くありません。水分を摂取することで、ドカ食いの予防などの効果が期待できます。

そのため食事の前後には、水分を摂取するようにしましょう。

体脂肪を落とすためには運動も重要です


次に体脂肪を落とすためには、運動を欠かすことはできません。運動には有酸素運動と無酸素運動があります。

体脂肪を落とすためには、有酸素運動が適していると言われています。

有酸素運動とは

酸素を使って脂肪を燃焼させる運動のことです。軽~中等度の負荷を継続的にかけ続ける運動になります。

ウォーキングやサイクリングなどが有酸素運動です。有酸素運動の特徴として、脂肪を消費しやすいと言われています。

そのため体脂肪を減らすなどの効果が期待できるでしょう。

無酸素運動とは

運動中に酸素を必要としない運動です。基本的には糖をエネルギー源にしています。

比較的、強度の高い運動です。主に筋力トレーニングなどが、この運動に当てはまります。

無酸素運動は筋肉量を増やすため、基礎代謝向上の効果が期待できます。

つまり運動の方法によって、効果が全く異なります。できれば目的に応じて運動の内容を選択しましょう。

また体脂肪を減らすためには、インナーマッスルを鍛えるのが良いと言われています。インナーマッスルとは、カラダの軸を支えるための筋肉で、ヨガなどで主に鍛える部位です。

インナーマッスルを鍛えることによって、体幹が安定し姿勢が整いやすくなります。さらに基礎代謝が上がるため、痩せやすい状態に繋がるでしょう。

有酸素運動を行う時間がない方は、インナーマッスルを鍛えるようにしてください。

運動中には水分を摂取しましょう

有酸素運動を行う場合には、必ず水分を摂取してください。水分を摂取しないと、運動効率を低下させる恐れがあります。

運動の効率を低下するとは

体内の水分不足に陥れば、集中力低下、けいれんなどの症状を招くと言われています。そのため運動のパフォーマンス低下を引き起こしてしまうでしょう。

その結果、運動中にケガなども起こりやすくなります。そうならないためにも、運動前後に水分を摂取してください。

また運動すると、普段以上に汗をかきます。そのため体内の水分が減ってしまうでしょう。

つまり普段の生活以上に、積極的に水分摂取を心がけてください。

運動中の水分摂取とは

基本的に運動前は、250ml~500ml前後摂取しましょう。運動中であってもも15分おきに200~250ml前後の水分を摂取してください。

場合によっては、スポーツドリンクもオススメです。スポーツ鳥リンクなら糖分を摂取できるので、パフォーマンスを向上させる効果が期待できるでしょう。

また無酸素運動を行う場合にも、水分は積極的に摂取してください。汗をかく分、普段よりも多めを意識しましょう。

体重や筋肉量を定期的に測りましょう


体脂肪を落とすためには、定期的に体の状態をチェックしてください。たとえば体重や体脂肪率、筋肉量などを確認しましょう。

定期的にチェックする目的

定期的にチェックすることで、自身の状態を客観的に把握することが可能です。客観的に評価できれば目標なども定めやすくなるでしょう。

そのため体組成計などで測るようにしてください。

鏡で全身をチェック

客観的に自身の状態を把握するために鏡も最適です。鏡で前だけでなく、後ろや側方もチェックしてください。

前回よりも引き締まっていれば、問題はないでしょう。さらにわかりやすくするために写真にとる方法もあります。

そうなれば視覚的に比較することができるでしょう。

ただ体脂肪は急激に落とせるものではありません。長期間食事や運動に取り組むことで徐々に減らすことができるでしょう。

特に皮下脂肪は、簡単に落とすことができません。諦めずにダイエットに取り組んでください。

またダイエット中は水分もしっかり摂取しましょう。カロリーのない水分であれば、よりダイエット効果を高めやすくなると言われています。

カロリーのないお水などを積極的に摂取するようにしましょう。

(まとめ)ダイエットで体脂肪を燃やすためには水分が重要?

1.ダイエットで体脂肪を燃やすためには水分が必要不可欠です

体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。バランスのいい食事を意識しましょう。

有酸素運動を取り入れてください。体重や筋肉量を定期的にチェックしましょう。

水分を十分に補給し、効率的に体脂肪を撃退してください。

2.体脂肪を落とすためには、食事を変更しましょう

女性の場合、体脂肪を減らしすぎれば妊娠に影響を及ぼします。内臓脂肪や皮下脂肪があり、皮下脂肪には体温調節、クッション材などの役割があります。

極端な食事制限は、脂肪を溜め込みやすくなるため避けましょう。

3.体脂肪を落とすためには運動も重要です

体脂肪を落とすためには有酸素運動が効果的です。無酸素運動は基礎代謝アップの効果が期待できます。

インナーマッスルを鍛えることによって、体脂肪を減らす効果が期待できます。有酸素運動が難しい場合には、インナーマッスルを鍛えましょう。

4.運動中には水分を摂取しましょう

運動には水分が欠かせません。水分を摂らないと集中力の低下やけいれんなどの症状を招くでしょう。

水分を摂ることで、パフォーマンスアップが期待できます。無樽俎運動も同様に水分摂取は重要です。

汗の分以上に水分を摂取しましょう。

5.体重や筋肉量を定期的に測りましょう

定期的に体重や体脂肪率、筋肉量などをチェックしましょう。また全身鏡でラインを確認することも大切です。

体脂肪は急激に減ることはありません。長期間取り組むことによって、徐々に体脂肪が減ってくるでしょう。

水分も欠かさずに摂取してください。