ダイエット中の間食は、水分で誤魔化すことができるのは本当です

ダイエット中の間食は、水分で誤魔化すことができるのは本当です
ダイエットのために、間食を我慢している人は多いでしょう。しかし無理に我慢しても、精神的に不安定になることもあります。

また、つい手が伸びてしまい罪悪感を覚えてしまうこともあるでしょう。水分を上手に補給することで、間食したいと思う気持ちを抑えることができます。

ゆっくり噛むように水分を飲むようにしてください。また間食を豆腐やスルメイカなどにするだけでも十分にダイエット効果はあるでしょう。

また間食が我慢できなければ、食事回数を増やすダイエット法もあります。継続できそうなダイエット法を選択してください。

水分をこまめに補給することで、気を紛らわすことができます

間食すると太るというイメージを持っている方は多いでしょう。確かに間食と言う無駄なエネルギーが加われば、太りやすくはなってしまいます。

そのため間食を予防することは、ダイエットを成功させるために大切です。

水分で間食を予防できる

間食をしないためには、空腹を感じさせないようにすることです。空腹を感じるときは、副交感神経が優位に働いているときだと言われています。

つまりリラックスしているときです。仕事が忙しい、興奮しているときなどは交感神経が優位に働くため、空腹を感じることはほとんどありません。

そのため間食を予防するためには、何か熱中することを行うことが最も効果的です。しかし、そんな簡単に熱中するモノを見つけることはできないでしょう。

そこで水分で空腹感をごまかす方法があります。水分を補給することで、お腹が膨らみ満足感が得られやすくなるでしょう。

お腹を満たすことで、何か食べたいという気持ちを抑える効果が期待できます。

間食を予防するための水分補給

間食を予防するためには、適当に水分を補給すれば良いわけではありません。できれば、とことん空腹を感じる前に水分を補給するようにしましょう。

また、ゆっくり補給することも大切です。一度に補給すれば、カラダに無理をかけてしまうため控えてください。

水分は間食を予防するだけでなく、代謝を上げるなどダイエットの効率をアップしてくれるアイテムです。そのため水分を補給することで、より痩せ体質をつくることができるでしょう。

食事が少なすぎる場合にも、間食がしたくなります

食事が少なすぎる場合にも、間食がしたくなります
そもそも間食したくなる原因とは何でしょう。なんとなく暇だから食べてしまうという人もいるはずです。

また本当に空腹に耐えられないというケースもあるでしょう。後者の場合、摂取している栄養が極端に不足している可能性もあります。

1日に摂取した栄養を考えてください

ダイエットだとしても、栄養を極端に減らすことは危険です。どの程度の栄養を摂取しているか考えてみましょう。

女性の場合2000Kcal、男性の場合2500Kcal程度が摂取カロリーの目安とされています。ただし仕事の内容や体型などによって、誤差があるので注意してください。

必要な栄養を補えていなければ、栄養不足の状態に陥り空腹を感じやすくなってしまうでしょう。たとえダイエット中でも必要とされる栄養は摂取するようにしてください。

ダイエットするのであれば、栄養バランスも考える

栄養バランスが整っているかどうかもダイエットの重要なカギです。どんなに必要なカロリーをとっていたとしても、栄養バランスが崩れていれば栄養不足の状態になってしまうでしょう。

蛋白質やビタミン、ミネラルが不足している新型栄養失調に陥る若者が増えているともいわれています。栄養失調の状態にならないためにも、栄養バランスを考えた食事をとってください。

そうすることで体の中から理想的なダイエットが行るでしょう。

水分だけでなく、様々方法で誤魔化すことができます

栄養は十分にとっているのに、空腹を我慢できないという人もいるでしょう。その場合には、色々な方法で空腹感を紛らすことができます。

人によって効果的な方法は異なるので、色々試してみてください。

間食できそうなものを置かない

これは基本的な方法です。お菓子などが目に入ると、食べたくなくても食べてしまうことがあるでしょう。

そのため手の届く範囲に置かないことで、間食を予防することができます。どうしても我慢できない方は、ここから初めてみてください。

シュガーレスガムを噛む

水分を補給しただけでは、我慢できない方にオススメの方法です。シュガーレスガムなら、ほとんどカロリーもありません。

さらに良く噛むため唾液の分泌も盛んになり、満腹中枢を刺激する効果も期待できます。さらに集中力を高めるなどの効果もあるため、仕事中に空腹を感じる方は一度試してみてください。

違うことをする

おフロに入る、歯磨きをする、マッサージをする、走るなど何でも構いません。少しだけ違うことに意識を向けてみてください。

数分間我慢するだけで、間食をしたいという気持ちを忘れることがあります。

あえて食べる

どうしても我慢できない場合には、諦めて食べるというやり方もあります。しかし食べるのなら、豆腐やナッツ、スルメイカなどにしてください。

高タンパクな食材や低カロリーな食材であれば、間食したとしても問題はないでしょう。お菓子類など高カロリーな食材を間食することは控えてください。

食事回数を増やすダイエットも検討してみましょう

食事回数を増やすダイエットも検討してみましょう
間食という概念を覆すダイエット法も効果的という報告があります。どうしても間食がやめられない人は、食事回数を増やすダイエットに挑戦してみてください。

食事回数を増やすダイエットとは

1日3回の食事内容を、5回に増やして摂取する方法です。この方法を行うことで、血糖値の変動を小さくする効果が期待できます。

血糖値の上昇によってインスリンが分泌されてしまいます。インスリンは脂肪を溜め込む性質があるため、血糖値の変動を小さくすることで太りにくい体質になるでしょう。

食事回数を増やすダイエットの注意点

このダイエットは食事回数を増やすもので、食事量を増やしてしまえば意味がありません。トータルの摂取カロリーが増えすぎないように調整してください。

また、この方法は血糖値を安定させることがポイントになります。丼ものやおにぎりなどを摂りすぎれば効果は半減するため、血糖値を上げにくい食事も意識しましょう。

このダイエット法を行ったとしても、水分摂取は重要です。水分も意識して補うようにしてください。

(まとめ)ダイエット中の間食って水分で我慢できる?

1.ダイエット中の間食は、水分で誤魔化すことができるのは本当です

無理に間食を我慢すると、精神的に不安定になる可能性があるでしょう。水分や他の食材で上手に誤魔化すようにしてください。

どうしても間食が我慢できなければ、食事回数を増やすダイエット法もあります。継続できそうなダイエット法を選択してください。

2.水分をこまめに補給することで、気を紛らわすことができます

間食を予防には空腹を感じさせないことです。副交感神経が優位のときに空腹感がでるため、熱中するモノを見つけることで間食を予防できます。

水分をゆっくり補給することで、空腹を紛らわす効果が期待できます。さらに痩せ体質も作ってくれるでしょう。

3.食事が少なすぎる場合にも、間食がしたくなります

栄養が極端に不足している場合にも、空腹を感じ間食がしたくなります。女性の場合2000Kcal、男性の場合2500Kcal程度摂取することが大切です。

カロリーは足りているのに、蛋白質やビタミンなどの栄養素が不足しているケースがあります。

4.水分だけでなく、様々方法で誤魔化すことができます

お菓子などが目に留まると、食べたくなくても手が伸びてしまいます。できればお菓子類は近くに置かないようにしましょう。

シュガーレスガムやスルメイカ、ナッツなどを食べる方法でも構いません。何か違うことに意識を向けてみましょう。

5.食事回数を増やすダイエットも検討してみましょう

食事回数を増やすことで、血糖値を安定させ脂肪を溜め込まないからだをつくる効果が期待できます。トータルの摂取カロリーが増えすぎないように注意してください。

血糖値を上げにくい食材をメインで取りましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。