ダイエット時の水分の選び方は、配合している成分などをチェックすることが大切です

ダイエット時の水分の選び方は、配合している成分などをチェックすることが大切です
ミネラルウォーターや炭酸水、純水、スポーツドリンク、清涼飲料水など種類が豊富に販売されています。どの水分が優れているとはいうことができません。

しかしダイエットだけを考えれば、エネルギーがないものを選んだ方がいいでしょう。エネルギーがあれば、その分消費する必要があります。

そうなればダイエットに適しているとは言えません。またダイエットのためには身体に合っているものを選ぶことも大切です。

自分の状況にあった水分を選ぶようにしてください。

お水やお茶はダイエット向きの水分です

水分といっても、豊富な種類が販売されています。そのためダイエット向きの水分が何なのか迷ってしまうでしょう。

水分の選び方によっては、ダイエットにマイナスとなることもあります。

お水

水分と言って、すぐに思いつくのがお水です。しかしお水と言っても水道水やミネラルウォーター、純水、軟水など色々あります。

全てにおいて共通していることは、ゼロカロリーという点です。つまり、お水はダイエット向きの水分と言えるでしょう。

どのような種類のお水を選んでも構いません。ただ人によってミネラルウォーターでお腹が緩くなるなどの症状をきたす場合があります。

また乳幼児にはミネラルウォーターを与えない方がいいため、状況によって使い分けるようにしてください。

お茶

お茶も比較的低カロリーです。そのためダイエット向きの水分と言えます。

お茶にも麦茶やほうじ茶、烏龍茶など種類は色々あります。それぞれの種類によって効能が異なるため、悩みなどを考慮してお茶を選ぶようにしてください。

しかし、お茶によってはカフェインが含まれているため摂取のし過ぎには注意が必要です。

コーヒー

砂糖などを加えずに摂取するのであれば、カロリーも低いためダイエットに向いています。しかし砂糖やミルクを追加すれば、カロリーも高くなってしまうため、ダイエットには不向きです。

コーヒーにもカフェインが含まれているため、夜に摂取すれば睡眠の質を下げてしまいます。

炭酸水

純粋な炭酸水であれば、カロリーも低いためダイエット向きです。しかし甘くしてある場合には、カロリーが高くなります。

炭酸の効果によって、お腹を膨らませる効果があります、その結果、食事量を自然と減らすことができるでしょう。

しかし場合によっては、食欲を増す効果もあるため、摂取方法には注意が必要です。

水分によっては、下痢やむくみの原因になる可能性もあります

水分によっては、下痢やむくみの原因になる可能性もあります
残念ながらダイエット向きではない水分もあります。

スポーツドリンク

スポーツドリンクは、基本的に発汗量が多いタイミングで摂取するものです。水分が吸収しやすいように糖分とナトリウムのバランスが考えられて作られています。

そのため発汗時の水分摂取には適していますが、普段の水分摂取には不適切です。摂取するタイミングを考えてから選ぶようにしましょう。

清涼飲料水

甘い清涼飲料水は、ダイエットの最中には不適切です。想像以上に砂糖が使われており、余分なエネルギーを摂取してしまいます。

発熱などでご飯が食べられないときなどに、エネルギー摂取の目的で選ぶと良いでしょう。

選ぶ水分によっては、体調に悪影響を与えます

比較的気軽に摂取している水分ですが、場合によっては悪影響を及ぼす危険性があります。たとえば消化器官が弱い方がミネラルウォーターを過度に摂取すると、下痢やお腹の痛みなどの症状をきたしてしまうでしょう。

また塩分が多く配合されている水分であれば、むくみを助長してしまいます。冷え症の方も緑茶の過度な摂取は控えた方が良いでしょう。

つまり水分は人によって合う、合わないがあります。どの水分が良いとは決して言うことはできません。

状況にあった水分を選ぶことが大切です

水分の選び方は、一人一人の状況で全く違います。状況に応じて、適した水分を選びましょう。

ダイエット中

ダイエット中であれば、エネルギーのない水分が良いでしょう。お水などであれば、摂取したとしても体重が増えることはありません。

ただし、お水だからと言って過度に摂取しすぎれば問題が起こるので控えてください。

激しいスポーツ時

激しくカラダを動かすのであれば、スポーツドリンクが良いでしょう。ただしエネルギーもあるので、過度に摂取しすぎは注意が必要です。

動かした分だけ水分を摂取するように意識してください。

夏の屋外での活動時

夏の屋外での活動の場合、熱中症のリスクが高くなってしまいます。そのため麦茶などミネラルが配合された水分を摂取してください。

また10度前後に冷やすことで、素早く水分を吸収することができます。

乳児

乳児は消化器官が完成されていません。そのため大人と同じようなものを与えることはできないでしょう。

乳児に水分を与える場合には、ピュアウォーターを選ぶようにしてください。ピュアウォーターなら不純物が取り除かれているため、消化器官に負担をかけることなく吸収することができます。

きちんと水分を補給しながら、ダイエットを行いましょう

きちんと水分を補給しながら、ダイエットを行いましょう
ダイエットをするにあたって、水分も制限する人がいます。これはダイエットが成功しないだけでなく、体調にも悪影響を与えてしまう方法です。

ダイエットをするのであれば、体調に配慮した方法を選ぶようにしてください。水分を制限してしまえば、生命の維持にも支障をきたす恐れがあります。

水分制限のリスク

カラダは約6割が水分で構成されています。その割合が少しでも減ってしまえば、喉がカラカラになるなどサインをカラダは出します。

それでも水分を摂取しなければ、頭痛やふらつき、立ちくらみなどの症状が起きてくるでしょう。何らかの原因で数日間、水分を一切摂取しなければ亡くなってしまいます。

それほど水分は、カラダにとって必要不可欠なものです。

水分摂取の意味

水分は尿や汗として出るだけのものではありません。排出することによって体温の調整を行っています。

さらに各細胞に水分を運ぶことで、栄養や酸素を届けるのも重要な役割です。また正常に各器官が働くように電解質のバランスを保つなどの役割もあります。

つまり水分摂取は健全な状態を保つという重要な意味があります。ダイエット中であれ、水分はきちんと摂取するようにしましょう。

(まとめ)ダイエット時の水分の選び方とは?

1.ダイエット時の水分の選び方は、配合している成分などをチェックすることが大切です

水分は豊富な種類が販売されています。ダイエットのことを考えれば、エネルギーの少ない水分を選ぶようにしましょう。

水分でエネルギーを取ってしまうと、その分消費する必要があります。自分の状況にあったお水を選ぶことが大切です。

2.お水やお茶はダイエット向きの水分です

お水はカロリーもないため、ダイエット向きです。ミネラルウォーターは乳幼児に与えないようにしてください。

お茶はカフェインが含まれているので、取りすぎには注意してください。コーヒーや炭酸水などもダイエットに嬉しい効果が期待できるでしょう。

3.水分によっては、下痢やむくみの原因になる可能性もあります

スポーツドリンクは糖分や塩分が多く配合されています。発汗時に摂取するようにしましょう。

清涼飲料水はエネルギーが大きいため、ダイエット中には適していません。水分によっては、下痢や腹痛、持病を悪化させるものがあるため慎重に選びましょう。

4.状況にあった水分を選ぶことが大切です

水分は一人一人の状況に応じて、選ぶことが大切です。ダイエット中であれば、エネルギーのないお水が適しています。

ピュアウォーターなら消化器官に負担をかけないため、乳児にも安心して与えることができます。

5.きちんと水分を補給しながら、ダイエットを行いましょう

ダイエットだからと言って、水分を制限するのは良くありません。水分を制限してしまうと喉がカラカラになる、ふらつくなどの症状をきたすでしょう。

水分には体温調整や栄養を運ぶなどの役割があります。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。