ダイエット中、糖質を多く含む水分の多量補給は逆効果です

ダイエット中、糖質を多く含む水分の多量補給は逆効果です
水分補給がダイエットに効果的と言われていますが、全ての水分が適しているとは言い切れません。ダイエットを行う場合には、糖質を含まない水分を選ぶことが大切です。

たとえばスポーツ飲料は、激しいスポーツ時に補給するために作られた水分になります。そのためスポーツをしていない状況で多く補給すれば、カロリー過多の状況に陥るでしょう。

またお水だからと言って、大量に補給すれば逆効果です。きちんと適切な量を守りながら、水分補給を行ってください。

正しい方法で水分補給を行うことで、ダイエットをサポートできるでしょう。

ダイエットの最中は、糖質を含まないお水を選びましょう

せっかく水分を補給したとしても、逆効果になってしまう人も多くいます。逆効果にならないためにも、適切な水分の補給方法を学ぶことが大切です。

ダイエット中の水分の種類

水分なら何でもいいと言う訳ではありません。ダイエットということを考えれば、糖質を含んでいないお水やお茶、ブラックコーヒーなどが向いています。

これらの水分は塩分も含んでいないため、むくみなども起こりにくいでしょう。塩分は水分を溜め込む性質があり、取りすぎればむくみの原因になってしまいます。

そのためダイエットの面では逆効果です。

スポーツ飲料を大量に補給するのはやめましょう

ダイエット中、身体を動かすからと言ってスポーツ飲料を補給する人がいます。もちろんスポーツ時に補給する分には全く問題はありません。

スポーツ飲料は、スポーツ時の水分補給のために開発された商品です。発汗が多い際に、より素早く水分補給できるなどの効果を発揮するために糖分や塩分が大量に含まれています。

そのためカロリーは、やや高めです。激しいスポーツをしていないにも関わらず補給すれば、カロリー過多の状態になりダイエットには逆効果です。

さらに塩分によって浮腫んでしまう可能性もあります。ほかにも100%ジュースや清涼飲料水などもカロリーは高いので、補給する際には注意しましょう。

カロリーや塩分の量をチェックし、水分を選ぶことが大切です。

適切な量を守って水分補給を行いましょう

適切な量を守って水分補給を行いましょう
水分の種類だけでなく、水分の量も重要です。

適切な水分量とは

活動内容や発汗量、年齢、体格などによっても適切な水分量が異なります。そのため一概には言えませんが、おおよそ2リットルが目安です。

この量を守ることで、身体の水分量をキープすることができるでしょう。

大量に水分を補給するデメリット

大量に水分を補給すると、血中濃度のバランスを崩す恐れがあります。その結果、頭痛や眩暈、性格変化などの症状をきたし、最悪の場合には死に至るケースもあるようです。

大量に水分を補給してしまえば、病院などで専門的な治療を必要とします。そのため補給しすぎには、くれぐれも注意してください。

水分不足によるデメリット

一方、水分不足も決して良いとは言えません。それは60%程度が水分から成っているからです。

わずか2%でも不足してしまえば、喉が渇くなどの症状をきたします。それ以上減れば、眩暈や痙攣など症状が悪化していくでしょう。

正常な機能を保つためにも、水分不足をきたさない量の水分を補給してください。

つまり水分の補給量が多すぎても、少なすぎてもデメリットあります。逆効果にならないためにも、適切な量を守って水分補給を行いましょう。

ダイエットのためには、汗をかくことも重要です

水分補給するだけでは、ダイエットは不十分です。ダイエットのためには、発汗を促すことも大切でしょう。

ダイエットと発汗

発汗を促すことによって、不要となった老廃物を排出することができます。つまり発汗によってデトックス効果になるでしょう。

しかし水分を補給していなければ、発汗量は減ってしまいます。そのため水分をきちんと補給することが重要です。

デトックス効果を高めることによって、肌のツヤが良くなるなどの効果が期待できるでしょう。特にダイエット中は肌の状態が悪くなってしまう人が多い傾向です。

そのため水分によって、ダイエットしながら肌の状態を維持することに繋がります。

発汗量を増やすためには

発汗量を増やすためには、まず思いつくのが運動でしょう。もちろん運動も大切です。

時間が許すのであれば、ジムなどに通い運動する習慣を身に付けましょう。時間がない場合には、家事をしながら運動するなど工夫をして実施してください。

運動以外にも入浴でも発汗を促すことができます。シャワーだけで済ませるのではなく、きちんと湯船に浸かるようにしてください。

入浴時間を割くことによって、リラックス効果を高めることが期待できます。さらに睡眠の質を上げるなどの効果にも繋がり、ダイエット中は湯船に浸かった方が良いでしょう。

意識して発汗量を促すように心がけてください。

正しい方法で水分補給を行いましょう

正しい方法で水分補給を行いましょう
水分は臓器の働きを促すだけでなく、ダイエットにも効果を発揮します。そのため正しい水分補給を行うことが大切です。

数回に分けて補給する

水分は、小分けにして補給することで吸収を良くすることができます。大量に補給したとしても、きちんと吸収されずに排出されてしまうでしょう。

そうならないように少しずつ補給することを意識してください。

常温を補給する

水分の温度にも配慮が必要です。あまりにも冷えた温度だと、臓器に影響を及ぼす恐れがあります。

できれば臓器に影響を及ぼさない常温の水分を補給してください。または常温よりも高めの温度でも構いません。

冷えに繋がるような温度だけは避けてください。

状況に応じて水分を考える

いつも置かれている環境が同じという訳ではありません。屋外での活動がメインのときには、少し多めの水分量を補給したほうが良いでしょう。

また発汗量が著しく多いときには、ミネラル分も一緒に補給してください。また脱水症状がみられたときは、やや冷たい温度の水分の方が、いち早く吸収することができるでしょう。

つまり状況に応じて、水分の補給方法を変えることが大切です。その時々に合った正しい補給方法を行ってください。

(まとめ)逆効果になるダイエット中の水分補給方法とは?

1.ダイエット中、糖質を多く含む水分の多量補給は逆効果です

ダイエットの最中には、糖質を含まない水分を選ぶことが大切です。スポーツ飲料はスポーツ時の水分補給のために作られて商品になります。

お水だからと言って、大量に補給するのは逆効果です。正しい方法で水分補給を行ってください。

2.ダイエットの最中は、糖質を含まないお水を選びましょう

ダイエット中であれば、お水やお茶、ブラックコーヒーなどが向いています。塩分過多はむくみの症状がでやすいため、注意が必要です。

スポーツ飲料はスポーツをしていないときには控えた方が良いでしょう。糖分や塩分をチェックして、水分を選んでください。

3.適切な量を守って水分補給を行いましょう

活動内容や発汗量、年齢などによって、適切な水分量が異なります。2リットル前後の水分を補給しましょう。

大量に補給すれば、性格変化などの症状をきたし死に至る可能性もあります。水分不足も正常に機能できない状態に陥るでしょう。

4.ダイエットのためには、汗をかくことも重要です

発汗を促すことによって、デトックス効果を高める効果が期待できます。水分を十分に補給することによって、発汗を促すことができるでしょう。

適度な運動を行い、発汗を促してください。湯船に浸かることで、リラックスや睡眠の質を上げる作用も期待できます。

5.正しい方法で水分補給を行いましょう

水分は数回に分けて補給することで、吸収率を良くすることができます。また常温か、それ以上の温度を補給することで、臓器に負担をかけないでしょう。

状況に応じた水分の補給方法を選ぶことが大切です。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。