ダイエットの水分は、軟水で硬水でも合った方を選ぶことが大切です

ダイエットの水分は、軟水で硬水でも合った方を選ぶことが大切です
お水には軟水と硬水があります。軟水はミネラルなどの含有量が少ないお水のことで、日本のほとんどの水道水が軟水です。

軟水は飲みやすく、臓器へのストレスもほとんどありません。一方、硬水はミネラルの含有量が多いと言った特徴があります。

ヨーロッパエリアで多く採掘されているお水です。独特の癖があり、飲みにくいと感じる人も多くいます。

また胃腸にストレスをかけてしまい、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。便秘解消には、硬水の方が最適です。

自身に合ったお水を選ぶようにしてください。

ミネラルの含有量によって軟水と硬水に分けられます

お水は飲むだけでなく、料理や掃除など様々なシーンで活用しています。ただ、全てのお水が同じという訳ではありません。

特に市販されているお水は、メーカーによって風味などが違うでしょう。少し飲みにくいと感じるお水もあるのではないでしょうか。

それは、お水に配合されているミネラルの含有量の違いによるものです。

お水の基準

WHOの分類では硬度が、軟水は0~120mg/ⅼ未満、硬水は120mg/ⅼ以上です。一般的な総称としては軟水は100mg/ⅼ未満、中硬水100mg/ⅼ以上300mg/l未満、硬水300mg/l以上とされています。

硬度とはカルシウムとマグネシウムがお水100㎖中にどの程度溶け込んでいるのかを表した数値のことです。つまり硬水の方がカルシウムやマグネシウムの含有量が多いお水と言えます。

硬水と軟水の特徴

硬水と軟水の最大の特徴は、味です。日本のほとんどの地域の水道水は軟水のため、飲みなれたお水は軟水でしょう。

一方、硬水はヨーロッパエリアで多く採掘されます。ミネラルが多い分、味に癖があり飲みにくいと感じてしまう人が多いでしょう。

また癖が強い分、料理などで使いにくいと言ったデメリットがあります。特に和風の料理の場合、素材の風味を大切にしており、硬水で風味が損なわれれば出来上がりがイマイチになってしまいやすいです。

硬水は普段使い慣れていない分、使い方に注意しましょう。

硬水の方が便秘解消効果は高いでしょう

硬水の方が便秘解消効果は高いでしょう
お水でダイエット効果と言えば、便秘解消です。お水を飲むことによって腸の動きを活発にし、便を軟らかくすることによって排便を促す効果が期待できます。

便秘解消に繋がるミネラル

便秘解消に繋がるミネラルとして、マグネシウムが最も代表的です。マグネシウムは下剤にも使用されるほど、便秘解消の効果が期待されています。

一般的に使われている下剤として酸化マグネシウムがあり、これは水分を吸収する作用が代表的です。つまり水を吸収したマグネシウムによって便を軟らかくし、かさ増しします。

さらにぜん動運動を活発にすることによって、排便へと導いてくれるのです。ただ腎臓や心臓の機能が低下している人には、酸化マグネシウムは投与しない方がいいとされています。

そのため何らかの疾患を持っている方は、マグネシウムを過剰に摂取しないようにしてください。

便秘解消には硬水

マグネシウムの含有量が多いお水と言えば、硬水です。つまり硬水の方が便秘解消効果は高いでしょう。

そのため便秘に悩んでいる人は、硬水を選ぶようにしてください。ただ体質によっては、硬水を飲むことで下痢や腹痛などの症状を呈する場合があります。

その時には、硬水は控えた方がいいでしょう。軟水でも十分に便秘解消効果はあります。

体調をみながら、お水を選ぶようにしてください。

赤ちゃんや疾患を抱えている方は、純水が最適です

お水には、軟水・硬水以外にも純水と呼ばれるお水があります。

純水とは

RO膜という特殊な膜を用いて、ろ過されたお水のことです。ミネラルや細菌、バクテリアなど、ほとんどの不純物を除去しています。

そのため99%以上純度の高いお水です。RO水と呼ばれるお水の中には、一度除去したお水にミネラルを調合している場合もあります。

そのためRO水だから、純水とは限らないので注意しましょう。また純水には、採掘地域に条件がありません。

場合によっては、水道水をRO膜でろ過したお水の可能性もあります。純水を選ぶ際には、採掘地域などもチェックしたほうが良いでしょう。

純水のメリット

純水の最大のメリットが、臓器に負担をかけないという点です。赤ちゃんの臓器は未熟な状態のため、ミネラルを分解することができません。

そのため余計な負担を臓器にかけ、嘔吐などの症状をきたす場合があります。そのため赤ちゃんに与えるミルクや離乳食には、純水が最適です。

赤ちゃんだけでなく、持病を抱えている方も安心して飲むことができるでしょう。また純水であれば料理の邪魔も一切しないため、料理に使うお水としても最適です。

純水なら、あらゆる世代の方に、多くのシーンで活用してもらうことができるでしょう。

体調に合ったお水を選ぶようにしましょう

体調に合ったお水を選ぶようにしましょう
お水は、毎日欠かさず飲むものです。そのため体質に合っていないものを無理に飲んでも、ストレスになるだけでしょう。

体調に合ったものを選ぶことで、ストレスなくお水生活を過ごすことができます。

少し飲んで様子を確認する

初めて飲むお水の場合、どのような症状が起こるのか分かりません。そのためがぶ飲みしてしまうと、つらい症状が一気に起こる可能性があります。

状態を見ながら、少しずつ飲む量を増やすようにしてください。少しでも不調を感じた場合には、一度飲むのを止めましょう。

美味しいお水を選ぶ

美味しいかどうかも重要なチェック項目です。美味しいと感じないお水であれば、飲み続けることはできません。

自身の口にあったお水を選ぶことで、ストレスなくお水を習慣化することができるでしょう。人によって、美味しいと感じる基準は違います。

様々なお水を飲み比べて選ぶようにしてください。

ラベルをチェックする

ペットボトルなどでお水を購入する場合、ラベルに硬度が記載してあります。この硬度や含有成分などをチェックすることで、より理想的なお水を探すことができるでしょう。

さらに比較的飲みやすいお水かどうかも、味見せずに判断することができます。

(まとめ)ダイエットの水分は軟水と硬水どっちが良いの?

1.ダイエットの水分は、軟水で硬水でも合った方を選ぶことが大切です

軟水は日本でよく飲まれているお水です。硬水はヨーロッパで採掘されており、やや癖があります。

便秘解消には硬水が最適ですが、人によっては下痢を引き起こす可能性があります。自身に合ったお水を選ぶことが大切です。

2.ミネラルの含有量によって軟水と硬水に分けられます

お水はマグネシウムやカルシウムの含有量によって、硬水と軟水に分けることができます。軟水は含有量が少なく、硬水は含有量が多いお水です。

軟水の方が飲みやすく、硬水は味に癖があります。料理の風味などを硬水は損ねてしまうため注意が必要です。

3.硬水の方が便秘解消効果は高いでしょう

マグネシウムは下剤にも用いられるほど、便秘解消の効果が期待できます。マグネシウムの含有量が多い硬水の方が、便秘解消効果は高いでしょう。

体質によっては硬水で下痢や腹痛を呈する可能性があります。体調をみながら、お水を選んでください。

4.赤ちゃんや疾患を抱えている方は、純水が最適です

お水には純水と呼ばれるものがあります。RO膜という特殊な膜を用いて、不純物を99%以上除去したお水です。

臓器が未熟な赤ちゃんや持病を抱えている方にも、摂取してもらうことができます。

5.体調に合ったお水を選ぶようにしましょう

体質に合ったお水を選ぶことで、ストレスなくお水生活をすごすことができます。がぶ飲みをせずに、1口ごとに状態をチェックしてください。

少しでも不調を感じたら、一度飲むのを止めましょう。自身の口に合うお水かどうかも重要なチェック項目です。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。