不純物を含まないお水は、老廃物の排出を促し代謝効率をアップさせる効果が期待できます


カロリーの少ないお茶はダイエット中でも口にする機会が多いという人もいます。しかし、お茶には様々な成分が含まれています。

成分の作用によっては水分排出を促す、水分吸収を妨げる場合もあるのです。また、お茶の成分が体内で分解、吸収されるのに時間を要するため、純粋に水分が体内に取り込まれるまでに時間がかかります。

お茶にはカフェインを含む種類もあります。カフェインには利尿作用があるので、老廃物は排出されますが必要な水分まで無くなり、水分不足になりがちです。

さらに覚醒作用により過剰摂取するとめまいや不眠、震えなどの副作用をもたらすリスクもあるので注意しましょう。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインなどの不純物は水分補給の妨げになります

ダイエット中の水分補給には、普段から飲み慣れているお茶がいいという人もいるかもしれません。また、ブラックコーヒーならカロリーも問題ないとも思われがちです。

確かにお茶もブラックコーヒーもローカロリーで糖分を含まない飲み物なので、ダイエットに適しているというイメージがあります。

しかし、お茶やコーヒーには体内の水分吸収を妨害し、逆に水分を排出してしまう成分が含まれているので、水分補給の意味がないとも考えられているのです。

不純物が多いお茶やコーヒーは水分補給を妨げることにもつながります。お茶に含まれる成分の消化、吸収には時間を要するため、水分が体内に取り込まれるのに時間がかかるので胃腸にも負担があります。

カフェイン摂取のデメリット

お茶にはカフェインが含まれるものも存在します。コーヒーに含まれることでも知られているカフェインには尿の排出を促す利尿作用があるのです。

尿は体内の老廃物を水分と共に流してくれますが、同時に体内で必要な水分まで失うことになります。また、カフェインは覚醒作用により頭がすっきりします。

ただ、過剰摂取すると、めまいや不安感などの症状に悩まされることもあるというデメリットを知っておくことが大事です。

お茶やコーヒーを頻繁に飲むという人は1日の摂取量に注意が必要です。

ダイエット中の水分はなぜお水なのか、その理由は老廃物の排出を促す効果があるためです


お水を摂取することで体内には様々な良い効果がもたらされます。そもそも人体の約65%は水分で占められています。

また血液の9割は水分でもあるので、水分補給により血液中の水分量が増えて流れに勢いが生まれ、血流がスムーズになります。

その結果、体内の細胞が排出した毒素や老廃物などの不要なものは血液を通じて各腎臓や腸などの内臓器官へと運ばれ、分解されて尿や汗、便などとして体外へと排出されていくのです。

こういった老廃物が蓄積すると代謝が悪くなり、脂肪燃焼しにくくなるため肥満や肌荒れなどのトラブルを招きます。老廃物がなくなり、すっきりすると代謝が上がり、熱が生まれて脂肪が燃えてエネルギーへと変換し、体脂肪を減らします。

お水を摂取するだけで、生命維持に必要な呼吸などに使われるエネルギーの消費量が増え、基礎代謝が上がるので脂肪分解も進みます。

また、血流が促されることにより、血液中の酸素が体の隅々にまでしっかり行き渡るので、細胞活動が活発化することも代謝機能の向上につながるでしょう。

むくみの解消や便秘解消にも効果が期待できます

お水を飲むことはむくみの解消にもつながります。むくみはリンパや血液流れが滞ることで体内の余分な水分が細胞の壁から流れ出し、溜まってしまうことで起こります。

ふくらはぎや顔などのむくみが悪化すると腫れあがったような状態になります。通常は、体内の水分は血液やリンパ液の一部として体内の隅々にまで巡り、細胞活動に必要な酸素や栄養を細胞まで運んで、届けているのです。

そして細胞へと行き届いた血液は、栄養などと引き換えに細胞から不要な老廃物を受け取り、尿や汗として体外に排出しています。

また、血液やリンパの流れが悪くなると行き場を失った細胞内の水分がその場にとどまり、細胞間に蓄積してむくみを招きます。

むくみによりふくらはぎや顔などが水分で膨らんでしまい、太って見えるのです。しかしお水を飲むことでリンパ液の流れや血流に勢いを与えることができるので、水分が溜まらなくなります。

余分な水分もリンパによって運ばれ、排出されるのでむくみが解消されるのです。

便秘の緩和にも効果的

体内の水分が不足すると腸内の便も水分を失って硬くなり、小さな塊になります。硬くなるので押し出そうとしてもなかなかその場所から動きません。

便がその場にとどまり続けることで便秘を招きます。硬いのでどんなにトイレでいきんでも外に出すことが難しくなるのです。

しかしお水を飲むことで胃から腸内へと多くの水分が行き渡ります。すると硬かった便が水分を含むことで軟らかくなり、滑りやすくなって肛門の方へと移動していくのです。

その結果、便意を催しやすくなり、自然と排泄されるようになるでしょう。また、お水による刺激を受けた腸がびっくりして動き始めます。

すると便が自然と押し出される格好となり排出がスムーズになります。特に朝は体が眠った状態で、まだ腸が動きにくいとされています。

そのため、寝起きにお水を飲むと腸に刺激が加わり、蠕動運動が活発化するのでお通じをもたらしやすいと言われているのです。

ダイエット中には1日2リットル以上の水分を摂りましょう


ダイエット中はどの位の量のお水を飲めばよいか迷うところです。体重によっても違い、理想となる1日の水分摂取量は大体体重の4%だと考えられています。

もちろん、ライフスタイルによって個々で水分消費量が異なるので注意が必要です。体重の約4%というと、体重50㎏の人なら約2.5ℓで500mlのペットボトル5本、60㎏の人なら約3ℓで500mlのペットボトル6本分いうことになります。

普段お水を飲み慣れていない人だと、かなり多いようなイメージがあるかもしれないので、まずは1日2ℓ以上を目標として摂取してみてください。もちろん必要な量は、水だけを飲んだ量ではなく、食事中の水分摂取量との合算になるので間違えないようにしましょう。

食事にも水分が含まれている

レタスや白菜、トマトなどの野菜や豚肉、鶏肉などの肉類にも豊富に水分が含まれています。お水をあまり飲めないという人なら食事にこういった水分含有量の多い食品を取り入れるなど水分を摂取できるように工夫してください。

また、激しい運動を行った後や真夏に暑い場所で仕事などを行う人だと、かなり水分を消費していることになるので、理想量でも体内で必要な水分量を不足してしまう可能性があります。1日2ℓ以上や体重の約4%というのは、あくまでも目安の水分摂取量として把握し、喉が渇く前に水を飲むように心がけることが大事です。

水分補給はダイエットだけではなく、熱中症予防にもなるので水分摂取を習慣化させましょう。

食事の前にお水を飲むことで、食べ過ぎを抑えることができます


お水を飲むことで血流を促し、代謝を上げる、脂肪燃焼を促すというダイエットに直結しそうな効果は注目すべきです。しかし、他にも普段の食事を食べ過ぎないように抑える効果も期待できます。

そもそも、私たちが肥満に陥るのは食べ過ぎがその一要因だと考えられます。一般的に体を動かして消費するカロリーよりも、食事などで摂取して体に取り入れるカロリーの方が常に多いのが原因です。

そうなると、少しずつでも摂取カロリーがかさんでいき、その都度脂肪が蓄積され、最終的に肥満をもたらすと考えられます。原因を取り除くためには、まずは摂取カロリーをできる限り抑える工夫をすることが大事です。

なぜなら、摂取カロリーが少ないと消費カロリーを増やさなくてもある程度脂肪の蓄積を減らすことができるのではないかと考えられるからです。摂取カロリーを抑えるために、いきなり厳しい食事制限を行っても長続きしません。

食事前にお水を飲む習慣を

お水はノンカロリーなので多少飲んでも脂質や糖質などが体内に吸収される心配がありません。

お水を飲むと胃が膨れます。お腹をある程度お水で満たすことで脳の満腹中枢を刺激して、いつもよりやや少なめの食事でも満腹感が得やすくなります。ヘルシーな野菜やキノコ、大豆製品などから食べ始めることで、メインの肉や炭水化物などの摂取量を減らすことが可能なはずです。

また、食事前に空腹でもお水を飲むことで空腹感が収まり、一気に大量に食べるドカ食いを防ぐのにも役立ちます。生活の中で摂取カロリーと消費カロリーのバランスを少し意識するだけでも、ダイエットには良い効果をもたらすと考えられます。

冷え性の方は白湯や常温を。こまめな水分補給を心がけましょう

お水を飲むことで女性に多いとされる冷え性の緩和にも効果的だとされています。特に冷え性にお悩みの女性にもお水を飲むことはおすすめです。

冷え性とは

冷え性は血液の流れが悪くなることで内臓などが冷え、手足の末端にまで血流が届かないことで熱を失ってしまうことです。医学的にいうと末梢血管による血行障害のことです。

お水を飲むと冷たい水分で体を冷やさないように自然と体を温めるように機能します。常温でもお水は体温より温度が低いので、冷たいものとして認知されます。

そして、熱を生成して体温を上げようとすることで身体が温まるというわけです。熱が生成されると血流が促されるので自然と手足の末端にまで温かい血液が流れて行き渡り、次第に身体全体が温まることで冷え性が和らぎます。

白湯を飲むのも効果的

常温のお水を飲むのも熱生成を促すので効果的です。しかし、ぬるめのお湯、白湯を飲んで胃腸などの内臓を体の内側から温めることで、体温上昇を目指すのも効果があります。

足先だけでなく、身体全体が冷えて寒いと感じる人には白湯を飲む方法がおすすめです。内臓が温まると活発に活動し始め、機能が向上します。

すると熱の生成量が増え、基礎代謝が上がります。身体が内側から温まることで血流やリンパの流れもスムーズになり、結果的に冷えが解消されるのです。

血流やリンパ液の流れが良くなることで余分な水分も排出されるので、むくみの緩和にも良いとされています。

水分をこまめに摂る

お水を飲むことが習慣になっていない人でも、コップ1杯のお水をこまめに摂り、少しずつ飲むことから始めて生活習慣にしましょう。水を飲む良いタイミングとしては水分が失われやすい時が良いです。

寝ている時は思った以上に汗をかきます。就寝前と朝起きたタイミングが効果的であり、水分の吸収を早めます。また、入浴の前後や運動の前後なども汗をかいて水分が失われやすいのでお水を飲むタイミングとしてベストだと考えられます。

飲みすぎは水中毒の恐れあり。身体に負担のかからないお水がおすすめです

ダイエット中の水分補給でお水を飲むのは大事ですが、飲む量や種類にも注意が必要です。お水の過剰摂取は、逆に体の健康を害するリスクがあるからです。

水中毒

一気に大量のお水を摂取すると水中毒症になる場合があります。腎臓が大量のお水を尿として処理しきれず、体内に水分が溜まって膨らみます。

疲労感や頭痛、めまいなどの症状が出て、悪化すると呼吸困難になり死に至る可能性もあるのです。

低ナトリウム血症

血液中にはある一定濃度のナトリウムが必要です。しかし水分の過剰摂取で血液が一気に薄まると、血液中のナトリウム濃度が下がり、低ナトリウム血症を発症することがあります。

疲労感や頭痛、めまいや吐き気、けいれんなど熱中症のような症状が起こります。特に汗をたくさんかく夏は、汗と共にナトリウムが失われるので要注意です。

水分補給は一度に大量に行うのではなく、回数を増やしてこまめに摂取することが大事です。

お茶での水分補給はNG

口当たりのよいお茶でも水分補給になると思われがちですが、お茶にはカテキンなどの色々な成分が含まれています。中でもカフェインには利尿作用があるので、逆に水分不足になるリスクがあります。

水分補給は余分な成分を含まないお水が適しています。

お水の種類

水分補給をする際のお水は、ミネラルウォーターでも炭酸水でも基本的には何でも構いません。ただ、水道水は殺菌の目的で塩素処理がなされており、塩素を含んでいるのであまり体に良いとは言えないです。

健康によいお水を取り入れたいという人ならやはり、不純物を除去した安全性の高い天然水がおすすめです。余分なものを含んでいない分、体内への吸収率も早く、胃腸への負担もありません。

安全でおいしい天然水をいつでも飲みたいなら、ウォーターサーバーも便利です。ウォーターサーバーならお水もお湯も蛇口をひねるとすぐに出てくるので効率的です。

また、お水のボトルが宅配で届くので重たいペットボトルを運ばなくてもよいなどのメリットが多いと言われています。そして、メンテナンスを行えばいつも衛生的な状態が保たれるので、体が未熟な赤ちゃんからお年寄りまで安心してお水が飲めます。

(まとめ)ダイエット中の水分補給はお水が最適って本当?

不純物を含まないお水は、老廃物の排出を促し代謝効率をアップさせる効果が期待できます

ダイエット中の水分補給はお水が最適だと考えられています。お茶やコーヒーには色々な成分が含まれており、体内で分解、吸収されるのに時間を要する上に胃腸にも負担がかかります。

中でもお茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるので、水分を尿として排出してしまうため逆に水分不足を招く結果となりかねません。人体の6割は水分が主成分であり、お水を飲むことで血液やリンパ液の流れがスムーズになって、細胞の隅々にまで栄養や酸素が行き届きます。

老廃物の排出が進み基礎代謝が上がり、脂肪燃焼が促進されます。また、体内の余分な水分が排出されるのでむくみの緩和にもつながるのです。

腸にも水分がもたらされるので腸の動きが活発化し、便のかさが増えることで便秘解消効果もあります。1日に摂取するお水の量は体重の約4%が理想だと言われています。

目安として1日2ℓ以上は飲むようにしましょう。他にも、食事前にお水を飲むことで胃がお水で膨らむため空腹感が多少は抑えられます。

少なめの食事でも満腹中枢が刺激されやすくなるので食べ過ぎを防ぐのにも効果的です。また熱が生成されるので体が温まり、冷え性緩和にも効果があると言われているのです。

ただし、飲みすぎると体調悪化を招くので過剰摂取には注意してください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。