ウォーターサーバーの電気代は1,000円前後です


ウォーターサーバーの電気代は機種や大きさ、環境などによって変わります。一般的なタイプのウォーターサーバーであれば、1ヶ月で1,000円前後と言われています。

省エネモードが付いているようなタイプであれば、300円~700円程度になると考えられています。電気ポットと比較すると、一日保温するような使い方と同じ電気代になります。

電気代節約のために、電源を切るようなことはしないでください。電源を切ってしまうと、細菌が繁殖する恐れがあります。

電気代は、電気ポットと同じくらいの金額です

ウォーターサーバーを設置する場合、必ず維持するための費用が必要になってきます。お水代やレンタル代以外にかかる費用が電気代です。

一般的なタイプのウォーターサーバーであれば、毎月にかかる電気代は1,000円前後と言われています。この金額は、電気ポットで一日中保温している状態と同じくらいの電気代と考えられています。

また省エネ機能がついたタイプのウォーターサーバーであれば、300円~700円前後になるとされています。ウォーターサーバーの電気代は、機種や大きさ、設置環境によって大きく変動します。

したがって一概にいくらになるとは言えません。しかしウォーターサーバーを設置すれば、わざわざお湯を沸かす手間を省くことができます。

つまりお湯を沸かすためのガス代を節約できることが期待できます。電気代は必ずかかる経費です。

ただ料理の時短や手間の省略など、電気代以上に大きなメリットがある可能性があります。安心して美味しいお水を飲めるのも大きなメリットの一つではないでしょうか。

ウォーターサーバーを設置する際にすき間をあけましょう


ウォーターサーバーにかかる電気代を少しでも減らしたいと考える人も多くいます。しかし節約のために電源を切ることは、絶対にやめてください。

ウォーターサーバーのお水には、水道水と異なり塩素が含まれていません。そのため電源を切ってしまうと、細菌が繁殖しやすい状態に陥る可能性があります。

安心して飲めるお水も、電源を切ってしまうと安心して飲むことはできません。節約するためには、別の方法をとるようにしましょう。

すき間をあける

冷蔵庫と同じように、ウォーターサーバーを設置するときに周囲とのスペースを空けるようにしてください。すき間をあけることで放熱しやすくなるため、電気代の節約に繋がります。

部屋の温度を適温に調節する

ウォーターサーバーのお水は、部屋の温度の影響を受けてしまいます。そのため温度によって水温を自動で調節するように出来ています。

水温を調節する頻度が多くなれば、電気代はその分高くなる可能性があります。できる限り部屋の温度を一定に保つように調節しましょう。

省エネモードを上手に活用する

省エネモードが付いている機種であれば、出来るだけ省エネモードのままにしておくことで電気代は節約できます。しかしこまめに通常モードと省エネモードを何度も入れ直してしまうと、電気代を節約することはできないと言われています。

温かいお湯を長時間使用しないときに省エネモードにするように心がけましょう。

いつでも安心な美味しいお水を飲みましょう

電気代やお水代、サーバーレンタル代などさまざまな費用が毎月かかります。しかしコンビニなどでペットボトルを買う費用やお湯を沸かすガス代、さらに電気ポットの電気代などを節約することも可能です。

また飲みたいときに冷たいお水がいつでも飲めるといったメリットもあります。温かいコーヒーもお湯を沸かす手間なく、すぐに飲めます。

ウォーターサーバーによって毎月にかかる費用はさまざまです。メーカーの中には、省エネモードなど節約の機能が付いている商品もあります。

またメンテナンスが無料のメーカーもあるので確認するようにしましょう。できれば事前に解約時の手数料も調べておくようにしてください。

違約金など想像している以上にかかるメーカーもあるため注意するようにしてください。ウォーターサーバーを設置することで、いつでも安心な美味しいお水を飲めるようになります。

一度検討されてください。

(まとめ)ウォーターサーバーの電気代はいくら?

1.ウォーターサーバーの電気代は1,000円前後です

ウォーターサーバーは一般的なタイプであれば、1,000円前後です。省エネモード機能付きであれば、300円~700円程度です。

節約のために電源を切るのはやめましょう。

2.電気代は、電気ポットと同じくらいの金額です

一般的なウォーターサーバーは、電気ポットと同じくらいの電気代です。省エネ機能が付いているタイプでは300円~700円程度の電気代と言われています。

お湯を沸かす時間が減るため、ガス代の節約もできます。

3.ウォーターサーバーを設置する際にすき間をあけましょう

ウォーターサーバーの電源を切ると、細菌が繁殖する恐れがあります。電源は切らないように注意しましょう。

節約するためには周囲とスペースをあける、室温を一定に保つ、省エネモードを上手に使用するようにしてください。

4.いつでも安心な美味しいお水を飲みましょう

電気代やお水代など毎月費用はかかります。ペットボトルを買う費用やガス代など節約できることもあります。

ウォーターサーバーによって省エネモードなど節約できるものがあります。違約金など事前に調べるようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。