ウォーターサーバーは衛生面に最大限配慮した商品です


ウォーターサーバーは、各業者によって最大限衛生面を保つような工夫がされています。ボトルではワンウエイ方式を採用している業者もあります。

ワンウエイ方式であれば真空状態を保つため、空気が入らず細菌の繁殖を防ぎます。さらにお水は、国が定めた基準を満たしたものだけを提供しています。

業者によっては、さらに厳しい基準を設けているところもあるため安心です。ウォーターサーバー本体も数年に1度プロによるお手入れ、チェックを行っています。

さまざまな点からウォーターサーバーの衛生面は保たれていると言えるでしょう。

お水のボトルには細菌が繁殖しない工夫がされています

ペットボトルのお水を飲む場合、開封後早めに飲みきらないと細菌が繁殖するって話聞いたことありませんか?それは、開封したときに中のお水が空気と触れ合うことで、細菌が繁殖しやすいからです。

空気と触れ合う時間が長くなればなるほど、細菌が繁殖する確率が高くなると言われています。ウォーターサーバーの場合、ボトルのお水が空気に触れないような工夫がされています。

一般的にウォーターサーバーのボトルは、ガロンタイプとワンウエイタイプの2種類に分類されます。それぞれのボトルについて紹介します。

ガロンタイプ

再利用でき、定期的に業者が空になったボトルを引き取りに来ます。回収したボトルはしっかりと処理を行い、綺麗な状態にしているため特に問題はありません。

しかし、このボトルはお水が減っても形が変わらないため、空気に触れ合いやすいと言われていました。そのためお水を排出する度に、ボトル内に入る空気を特別なフィルターによって浄化します。

この工夫を行ったことによって、ボトル内に空気が入っても、その空気に菌がいないため衛生面を保持することが可能と言われています。

ただガロンタイプでもこの方式を用いていない業者もあるため、注意してください。

ワンウエイ方式

1回で使い捨てのボトルです。ゴミが増えるというデメリットもありますが、業者によっては引き取ってくれるところもあるため調べてください。

このタイプのボトルであれば、お水が減るにしたがってボトルは凹みます。そのためお水を排出しても空気が入る心配はありません。

つまりボトルの中は真空状態に保たれているため、衛生的と言えるでしょう。

ウォーターサーバーのお水には厳しい基準が設けられています


ウォーターサーバーに使用されるお水には、国による厳しい基準が設けられています。その基準を満たしていなければ、販売することができません。

飲料水の基準とは?

飲料水として販売できるかは、厳格な厳しい基準があります。原水の細菌などが含まれる割合やその後の処理などさまざまな項目でチェックされています。

そのため日本で販売されているウォーターサーバーのお水は安全性が高いと言えるでしょう。

たとえばミネラルウォーターと呼ぶための基準があります。

・ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を原水とします。基本的な処理以外行っていないものです。

・ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターに天然のミネラルが含まれているものです。

・ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させるためにミネラルの調整など一手間加えたものです。

・ボトルドウォーター
原水が地下水ではないもので、上記3つ以外のお水のことです。

海外では、基準が異なります。そのため海外製のミネラルウォーターを購入する際は、どのような基準なのか調べるようにしてください。

業者独自の基準もあります

お水に対して、国以上に厳しい基準を設けている業者もあります。そうすることで、より安全性の高いお水を販売できます。

どのような水質チェックを行っているかは、業者によって異なるため、ウォーターサーバーを検討する場合には、事前にチェックしましょう。

ウォーターサーバー本体も綺麗に保つようにしましょう

ボトルやお水が衛生的でも、サーバー本体が衛生的でなければ意味がありません。サーバー本体も衛生面を保つようにすることが大切と言えます。

こまめなセルフケア

手が届く範囲は、しっかりケアを行うことが大切です。

・ウォーターサーバーの背面
・水受け
・蛇口
・レバー

これらの部位は、汚れや水分が溜まりやすい箇所です。そのため、こまめにケアを行い汚れなどを落とすようにしましょう。

またボトルを交換する度に交換する部位も綺麗な布で拭くようにしてください。

プロによるケア

ウォーターサーバーの多くは、数年毎のプロのケアを推奨しています。推奨している通りにケアを行うようにしましょう。

プロが行うことで、セルフケアでは行えない箇所も綺麗にしてくれます。さらに部品が破損していないかのチェックも行ってくれるため、より安全にウォーターサーバーを使用することができます。

ウォーターサーバーの機能を利用する

ウォーターサーバーには、クリーン機能がある商品があります。クリーン機能があることで、ウォーターサーバーの内部のケアをこまめに行ってくれるメリットがあります。

ウォーターサーバーの電源をオフにしない

節約などの目的で、ウォーターサーバーの電源をオフにする人がいます。これは衛生面を考えると、絶対にやめて下さい。

電源が入っていないと、細菌が増えやすくなってしまいます。その結果、衛生面が悪くなる恐れがあります。

お水によってはミネラルが蓄積しやすいものもあります


ウォーターサーバーには、色々なお水の種類があります。そのお水の種類によっても、ウォーターサーバーの衛生状況は大きく左右します。

ミネラル成分が多いお水

ミネラル成分が多いお水を利用しているウォーターサーバーもあります。ミネラルをお水から摂れるため、美容などを意識している人から人気となっています。

しかしミネラル成分が含まれるために、ウォーターサーバーの内部に蓄積する恐れがあります。その結果、衛生面を欠く可能性が出てきます。

ミネラル成分が多いお水を利用する場合には、プロのメンテナンスをこまめに行うことが重要です。

ミネラル分が少ないお水

比較的飲みやすいお水です。そのため日頃の水分補給に向いていると言われています。

ミネラルが多いお水と比較すると、蓄積する割合は少ないですがゼロではありません。そのためしっかりとしたケアを行うようにされてください。

ピュアウォーター

特殊な膜を使用し、ミネラル成分など不純物をほとんど取り除いたお水のことです。ウォーターサーバーには、ピュアウォーターが最適と言われています。

それはお水の成分以外含まれないため、ウォーターサーバー内部に不純物が蓄積されないからです。そのため比較的衛生面を保ちやすいと考えられています。

衛生面を保つためには業者を見極めるようにしましょう

ウォーターサーバーは業者による工夫によって、より衛生面に配慮している商品です。しかし全ての業者が工夫を行っているとは限りません。

そのためきちんと衛生面に配慮した業者なのか見極めることも大切です。

プロのケアがしっかりしている

ウォーターサーバーを購入しても、その後のケアが全くないこともあります。そうなれば、ウォーターサーバーの内部を衛生的に維持することはできません。

必ずケアがあるか否かもチェックするようにしましょう。

ウォーターサーバーの性能

クリーン機能があるだけでなく、どのような仕組みのクリーン機能なのかもチェックしましょう。熱いお湯をウォーターサーバーの内部に流す仕組みや抗菌ランプを使用しているものなどがあります。

また日頃のケアが楽かどうかも重要なチェックポイントです。水受けがとれにくいなど手間がかかってしまえば、日頃のケアも苦痛になってしまいます。

しっかりやり方をチェックし、少しでも簡単なものを探しましょう。

どのようなお水なのか

ウォーターサーバーの衛生面を保つためにも、お水の種類は必ずチェックして下さい。安心して飲めるお水なのかは、ウォーターサーバーにとって最も重要となります。

さらに自分自身が飲みやすいお水を選ぶことで、日頃の水分補給にも繋がっていきます。

(まとめ)ウォーターサーバーは衛生面に問題はない?

1.ウォーターサーバーは衛生面に最大限配慮した商品です

ウォーターサーバーのボトルは、ワンウエイ方式を採用しているところもあり、真空状態を保つ工夫があります。お水も厳しい基準があり、満たしたものだけが販売されています。

ウォーターサーバー本体もプロのお手入れを行うことで衛生面を保つことが可能です。

2.お水のボトルには細菌が繁殖しない工夫がされています

お水は、空気と触れることによって細菌が繁殖しやすくなります。ガロンタイプは、特別なフィルターによって空気中の菌を排出する仕組みを取り入れています。

ワンウエイ方式は、ボトルが凹むため真空状態が保たれ衛生をキープしています。

3.ウォーターサーバーのお水には厳しい基準が設けられています

日本で販売されるお水には、厳しい基準が設けられています。ナチュラルウォーターやミネラルウォーターと呼ぶ基準もあります。

水質チェックの方法など業者によって異なるため、ウォーターサーバーを検討する際はチェックしてみましょう。

4.ウォーターサーバー本体も綺麗に保つようにしましょう

ウォーターサーバー本体の衛生面も保つようにしましょう。こまめにセルフケアを行い、推奨されているプロのケアも実施しましょう。

クリーン機能を利用することで、より衛生面が保たれます。ウォーターサーバーの電源は、絶対に切らないようにしてください。

5.お水によってはミネラルが蓄積しやすいものもあります

ミネラルが含まれているお水の場合、ミネラル分が蓄積する恐れがあります。プロによるメンテナンスを行い、サーバー内部を綺麗に保つようにしましょう。

ピュアウォーターであれば、不純物が蓄積する心配はないため、衛生面を保ちやすいと言われています。

6.衛生面を保つためには業者を見極めるようにしましょう

ウォーターサーバーは業者によって、衛生面への配慮が異なります。アフターケアがしっかりしているかどうか、自分での清掃が行いやすいかどうかなどチェックしましょう。

さらにウォーターサーバーの性能やお水についても、しっかり見極めるようにして下さい。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。