ウォーターサーバーは、コーヒーを飲むのに便利です


ウォーターサーバーは、温かいお湯を出すことができます。そのため、お湯を沸かす作業をせずにコーヒーをいれることが可能です。

さらに日本茶なども美味しく作ることができると言われています。ただ、コーヒーなどの飲み物を作る場合には、軟水や純水を選ぶ必要があります。

硬度の高いお水では、コーヒーやお茶の風味を損なう可能性があるため注意してください。ウォーターサーバーを日頃の生活でうまく取り入れることで、ワンランク上の生活を楽しめるようになります。

ウォーターサーバーで美味しいコーヒーを飲みましょう

ウォーターサーバーは、温かいお湯と冷たいお水を供給できます。そのシステムを利用することで、簡単にコーヒーを飲むことが可能です。

一般的に温かいコーヒーを飲むためには、お湯を湧かす作業を行います。その作業を省けるのがウォーターサーバーの魅力の一つとも言えます。

さらにコーヒーを美味しくするためには、熱湯は向かないと考えられています。熱湯を使用することで、コーヒーの苦みや雑味が増えるからです。

そのためコーヒーは80℃から90℃のお湯でいれた方が美味しくなります。ウォーターサーバーは90℃程度のお湯のため、コーヒーに最適な温度となります。

ウォーターサーバーでの基本的なコーヒーの入れ方

1.ティーカップにインスタントコーヒーの粉を入れておきます。
2.ウォーターサーバーのお湯を注ぎます。

これでコーヒーの完成です。熱湯で作るよりも苦みが少ないため、美味しく飲むことができます。

さらに美味しいコーヒーの入れ方

コーヒーをさらに美味しくするためには、カップなどを温めておきましょう。ウォーターサーバーのお湯をカップに注いでおきます。

一旦温めたあとにお湯を捨てれば、温かなカップの完成です。それだけでも美味しくなりますが、好みに応じてドリップコーヒーなど本格的にすることで、美味しいコーヒーを自宅で簡単に入れることができます。

本格的なコーヒーを飲みたい方は、一度試されてください。

ウォーターサーバーで美味しいお茶を飲みましょう


コーヒーだけでなく、お茶もウォーターサーバーを用いることで美味しくなると言われています。

お茶の種類によるお湯の温度

・日本茶
80℃程度の高温
・玉露
50℃前後のぬるめのお湯

お茶はお湯の温度が高ければ、渋みや香りが強くなると考えられています。そのため香りを楽しむお茶の場合には高め、茶葉の旨味を楽しむ婆にはぬるめのお湯を使用するようにしましょう。

ウォーターサーバーで美味しいお茶の煎れ方

ウォーターサーバーであれば、日本茶を飲むのに適した温度をすぐに給水することができます。玉露であっても、お湯に冷たいお水を少量加えることで、最適な温度に調整することができます。

ただ、美味しいお茶のためには蒸らし時間も重要です。

・日本茶
30秒から1分程度
・玉露
2分程度

蒸らすときは、急須を揺すらず静かに待ちましょう。揺らしてしまうと、渋みが出やすくなるため注意が必要です。

ウォーターサーバーを上手く使うことで、美味しいお茶も簡単に煎れることができます。急な来客時もお湯を沸かす作業もないため、慌てることもありません。

またウォーターサーバーのお湯の温度によって、味も美味しくなれば、さらに嬉しいポイントではないでしょうか。ウォーターサーバーで美味しい飲み物を気軽に飲んでください。

硬度の高いお水は風味を損なう可能性があります

コーヒーやお茶など飲み物に用いるお水は、何でもいいとは言えません。風味を損なう恐れもあるため、お水は適したものを選ぶようにしましょう。

硬度の低いお水や純度の高いお水

飲み物を作る場合には、純度の高いお水が理想と言われています。重度の高いお水であれば、コーヒーや日本茶が持つ風味を邪魔することはありません。

また純度の高いお水がなければ、硬度の低いお水を選ぶようにしましょう。硬度が低ければ風味をできる限り維持することが可能です。

硬度の高いお水

硬度の高いお水には、豊富な成分が入っています。そのため独特の癖がお水にあります。

つまり、お水の癖によってコーヒーなどの味を変化させる可能性があります。素材の味を味わうためには不向きのため控えるようにしてください。

水道水でも良いの?

日本の多くの地域の水道水は、硬度の低いお水です。さらに日本の水道技術は優れており、安全性が高いと言われています。

しかし細菌の増殖などを予防するために塩素が含まれています。一度沸騰させても、カルキ抜きが十分でなければ残留塩素が含まれてしまいます。

その結果、風味を変えてしまうためコーヒーに最適とは言えません。水道水を用いる場合には20分以上沸騰させ、十分に塩素を取り除くようにしましょう。

純水ならどなたでも安心して飲めるやさしいお水です


純度の高いお水とは、不純物などをほとんど除去したお水です。そのため、どなたでも安心して摂取することができます。

純度の高いお水とは?

逆浸透膜を利用し、放射能物質やダイオキシンなど体外に有毒なもの、ミネラル、細菌などあらゆる成分を除去したお水です。H2O以外の成分が含まれていないため、内臓機能にも負担が少ない特徴があります。

純度の高いお水を飲むメリット

多くの人がミネラルウォーターの方が身体に良いと誤解しています。もちろんミネラルは、身体にとって必要不可欠な栄養素です。

しかしミネラルは、基本的に食事から摂取することができます。そのためお水から摂る必要はありません。

人によっては、ミネラルを摂り過ぎることで胃腸などの臓器に負担をかけてしまう恐れがあります。そのためミネラルウォーターを飲む場合には、体調の変化に注意が必要となります。

・乳幼児や高齢者にもやさしいお水
・持病を患っている人にもやさしいお水
・薬を飲む際にも利用できる
・ミネラルウォーターでお腹を壊す人も摂取することができる

上記のようなメリットも多くあります。大人数の家庭でウォーターサーバーを利用するのなら、純度の高いお水が向いているでしょう。

普段の生活にウォーターサーバーを活用してください

ウォーターサーバーは、飲み物として利用するだけではもったいないです。せっかくウォーターサーバーを利用するのであれば、生活のさまざまなシーンに用いるようにしましょう。

お米を炊く

お米を洗うとき、水道水で洗っていませんか?お米はお水を吸収しやすい特徴があると言われています。

そのため研ぐときのお水も味を左右する要因です。お米の味をアップ差せるためには、ウォーターサーバーの美味しいお水を利用しましょう。

水道水とは、一味違った風味になるはずです。

乳幼児の調乳

調乳にもウォーターサーバーは活用できます。お湯と冷水を上手く活用することで、普通に調乳するよりも短時間で行うことが可能です。

さらに純度の高いお水を用いれば、乳幼児の身体に害を与える心配は要りません。

味噌汁や煮込みなどの料理

美味しいお水であれば、どんな料理にも利用することができます。純度の高いお水を選べば、素材の味をしっかり生かすことができます。

お湯を沸かすような料理であれば、料理時間の短縮にも繋がります。

他にも水割りやお湯割りなどの場面でも利用することができます。

ウォーターサーバーを上手く活用することで、家事のストレス軽減に繋がります。さらにお水を摂取する回数も増えるので、熱中症予防など身体にプラスの効果も期待できます。

ウォーターサーバーは自分に合ったものを選びましょう

ウォーターサーバーは、多種多様の製品が販売されています。そのため、どの製品が自分に合っているのか考えてください。

本体の大きさ

ウォーターサーバーを置きたいと思っても、家に置くスペースがなければ意味がありません。まず自宅のどこに置くのかシミュレーションを行いましょう。

ウォーターサーバーの多くが縦長のため、実際に置くと圧迫感を覚える場合もあるため注意しましょう。

お水の味

次に大事になるのが、お水の味です。自分の口に合わないものであれば、せっかく置いても活用するシーンは減ってしまいます。

そのため一度味見を行い、自分の口に合うのかチェックしましょう。乳幼児がいるご家庭であれば、できれば純度の高いお水を選択されてください。

購入後のフォロー体制

購入後に、どのようなフォローがあるのかも確認しましょう。実際置いたものの、利用しなかったなどのケースもあります。

その場合のことを考え、解約などの手順も目を通すようにしましょう。製品によっては、違約金などを請求される場合もあります。

ほかにも宅配方法やお水の使用ノルマなども確認して下さい。自分に合ったウォーターサーバーを選ぶことで、後悔することなくウォーターサーバー生活を楽しむことができます。

(まとめ)ウォーターサーバーでコーヒーが簡単に飲めるの?

1.ウォーターサーバーは、コーヒーを飲むのに便利です

ウォーターサーバーの温かいお湯でコーヒーやお茶を美味しく煎れることができます。硬度の高いお水を利用すると風味を損なうため注意しましょう。

日頃の生活にウォーターサーバーをうまく活用することで、ワンランク上の生活を楽しめます。

2.ウォーターサーバーで美味しいコーヒーを飲みましょう

コーヒーを美味しく入れるためには、熱湯は避けましょう。80度から90度前後のお湯を使用することで、苦みや雑味を抑えることができます。

ウォーターサーバーであれば、90度前後のお湯が出せるためコーヒーも美味しくなります。

3.ウォーターサーバーで美味しいお茶を飲みましょう

日本茶は80℃程度の高温、玉露は50℃前後のぬるめのお湯が最適と言われています。ウォーターサーバーであれば、高温はすぐに給水することができます。

冷水を加えることで、ぬるめのお湯も簡単に調整することができます。

4.硬度の高いお水は風味を損なう可能性があります

コーヒーなどの飲み物を作る場合には、純度の高いお水が最適と言われています。純度の高いお水であれば、風味などを邪魔することはありません。

硬度が高いお水は避けるようにしましょう。水道水の場合、十分に塩素を取り除いてから用いてください。

5.純水ならどなたでも安心して飲めるやさしいお水です

純度の高いお水とは、逆浸透膜を利用し、放射線物質やダイオキシンなどの成分を除去したお水です。乳幼児や高齢者など幅広い世代に安心して飲むことができます。

持病を患っている人や薬を飲む際にも安心して用いることができます。

6.普段の生活にウォーターサーバーを活用してください

ウォーターサーバーは、お米を炊く、調乳するなどさまざまなシーンで活用することができます。また水割りやお湯割りなども利用できます。

ウォーターサーバーを上手く活用し、家事のストレス軽減に繋げてください。

7.ウォーターサーバーは自分に合ったものを選びましょう

ウォーターサーバーを購入する前に、本体の大きさを確認しシミュレーションを行いましょう。さらに購入後のフォローなども調べておくことで、後悔すること確率が減ります。

自分にあったウォーターサーバーを見つけてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。