ウォーターサーバーは停電時でもすぐであれば安心して使用することが可能です


ウォーターサーバーは、停電時に使用できるタイプと使用できないタイプがあります。使用できるタイプであれば、停電後すぐであれば、安心してお水を利用することが可能です。

ただし長時間の停電の場合、衛生面を考慮すると飲み水には適さない恐れがあります。そのため長時間の停電の場合には、必ずお使いのウォーターサーバーのコールセンターに問い合わせするようにしましょう。

停電後は、自動で復旧するウォーターサーバーもあります。その場合、いつも通りの温度のお湯や冷たいお水が出るのか確認しましょう。

ウォーターサーバーは停電でも使えるタイプがあります

ウォーターサーバーには、多くの種類があります。種類によって、お水を出すシステムが違います。

コック式

お水を出す際に、レバーを手で押すなどを行いお水を出す方法です。アナログタイプのため、電気が通っていない環境下でもお水を出すことが可能です。

ボタン式

ボタンを押すことで、お水が出るタイプです。この方法は電子式のため、電気が通っていないとお水を出すことができません。

つまり停電も使用出来るウォーターサーバーは、コック式です。

ただしコック式であっても、HOTやCOOLを出すことはできません。それはお水を温める、冷ますのには電力を要するからです。

HOTやCOOLを作る仕組み

ウォーターサーバーの内部には、基本的にHOTとCOOLそれぞれのタンクが存在します。お水をCOOLにする仕組みは、電子式とコンプレッサー式が採用されています。

電子式は、特殊な電子部品に電力を流すことによって、温度を下げることができます。比較的省エネですが、大容量は冷やせないデメリットもあります。

一方コンプレッサー式は、冷却タンクに冷媒を設置し冷やす仕組みです。大容量も冷やすことが可能ですが、やや大型化になるというデメリットがあります。

HOTにする仕組みは、単純で電気ポットと同じような仕組みが採用されています。温水タンクの内部に金属の棒が通ってあり、そこに電気を流すことで、お水を温める方式です。

つまりHOTでもCOOLでも電気が必要となるため、停電時には作り出すことができないため注意しましょう。

長時間の停電の場合には使用を控えるようにしましょう


停電したからと言っても、すぐにお水が飲めなくなる訳ではありません。そのためコック式であれば、停電時も少しの間であれば、安心して摂取することができます。

停電して、どのくらいの時間お水が飲めるの?

24時間以上停電が続く様な場合には、お水が安全に摂取できるとは言えません。時間が経過するとともに、細菌は増えていきます。

停電状態であれば、自動クリーン機能も働きません。さらに保温機能も働かないため、HOTでもCOOLでも常温に近づきます。

もちろん、その時の温度や湿度など外部の環境によって菌の増え方は変わってきます。そのため24時間以内であれば、必ず安全とは一概に言えません。

状況に応じて、自己判断でお水を摂取するようにしましょう。つまり停電したら、ウォーターサーバーのお水はできるだけ早く使い切ることが大切と言われています。

どうしても使い切れないお水は飲料水ではなく、トイレ用のお水や茶碗洗い用のお水などに再利用すると良いでしょう。

停電時コンセントは抜くの?

停電時には、コンセントを抜くことが推奨されています。コンセントにさしたままだと、停電が回復した瞬間に、大量の電流が流れてしまう恐れがあります。

大量の電流によって、ウォーターサーバー自体が故障する恐れもあります。最悪の場合、電源ケーブルがショートし火災になりかねません。

そのため故障を防ぐためにも停電時にはコンセントを抜きましょう。

停電後に自動で復旧するタイプもあります

ウォーターサーバーの中には、停電したあとに自動で復旧するタイプもあります。停電時間が短ければ、自動復旧したウォーターサーバーをそのまま使用することが可能です。

数分程度の停電であれば、菌の増殖も気にする必要はほとんどありません。ただし停電が長くなれば、お水を交換するなどの作業が必要となります。

その方法などはウォーターサーバーによって異なるため、確認しましょう。

HOTとCOOLが普段通り出るか否か

復旧したあとは、普段通り使用出来るのかチェックすることが最も大切です。HOTとCOOLを給水し、最適な温度かどうか確認しましょう。

異様な音がないか否か

今までと同じように使えているかどうかを確認してください。異様な音が出ているなどの場合は、故障している可能性もあります。

その際には、必ずコールセンターに連絡を取るようにしましょう。そのまま使用することで、さらに悪化させる場合があるため注意してください。

少しでも気になることがあればコールセンターに確認しましょう


日本で停電は、滅多に起きません。そのため急に停電が起こると慌ててしまうのは仕方ないでしょう。

停電がすぐに復旧すれば、特に心配なく使用できます。しかし、停電時間が長くなればなるほど、どのような対応をとったら良いか迷うでしょう。

迷ったら、コールセンターに確認しましょう

少しでもウォーターサーバーに対して不安がある場合には、コールセンターに連絡してください。間違った状態で使い続けることは、マイナスでしかありません。

さらに細菌が増える原因になることもあるため、注意されてください。

指示通りに対処しましょう

コールセンターに連絡すると、正しい対処法を教えてもらうことができます。場合によっては、ウォーターサーバーのメンテナンスを行うこともあります。

指示通りに行うことで、停電前のような安全なお水を摂取することができます。

停電に備え事前に準備を行いましょう

基本的に停電はいつ、どこで起こるかわかりません。そのため万が一に備えて、あらかじめ準備しておくことが大切です。

停電時でもお水が使えるかどうか

普段使っているウォーターサーバーが、停電時でもお水を供給してくれるタイプかどうかをチェックしましょう。

自動復旧機能があるかどうか

短時間の停電の場合、自分が気がつかないこともあります。自動復旧機能がなければ、安全なお水を摂取することができない可能性もあります。

しかし自動復旧機能があるからと言って、停電時にコンセントをそのままにするのはやめてください。

コールセンターの連絡先

不安な点がある場合など、すぐに連絡することが大切です。そのため、コールセンターの連絡先を事前に確認しておきましょう。

故障などの場合も、すぐに連絡することで、いち早く対処できるようになります。

普段から異常がないかをみておく

ウォーターサーバーが故障する原因は、停電だけではありません。そのため、日頃から異様な音がないか、異臭がしないか、お水の味が変わっていないかなど日頃から確認しましょう。

これらを事前にチェックすることで、停電時にも慌てることなく対処することができます。

ウォーターサーバーで万が一のときも乗り切りましょう

ウォーターサーバーは、他の家電と一緒です。そのためウォーターサーバーだから、特別な対応をする必要はありません。

ただお水の状態には、配慮することが必要となります。それはお水が、空気と接することで細菌が増える恐れがあるからです。

身体に入れても大丈夫なお水なのかどうか、しっかり確認しましょう。ウォーターサーバーなら菌だけ注意すれば、いつでも安全なお水を摂取することができます。

新陳代謝がアップする

HOTのお水を摂取することで、内蔵の温度が高くなり代謝が良くなると言われています。さらに血流が良くなるため、冷え性やむくみ改善効果も期待できます。

便通改善効果

お水を飲むことで、腸の動きが活発になります。さらに便に水分を含ませることができるため、便が出やすい環境に整える効果が期待できます。

肌の状態が良くなる

お水によって、毛細血管にまで血流が流れやすくなると言われています。そのため、肌の血流も良くなり、肌のハリも上がる効果が期待できます。

お水には、身体にとって嬉しい効果がたくさんあります。停電の対策も行いながら、ウォーターサーバーでお水を摂取できる環境を整えましょう。

(まとめ)ウォーターサーバーは停電しても使用できるの?

1.ウォーターサーバーは停電時でもすぐであれば安心して使用することが可能です

ウォーターサーバーは停電時に使用出来るものと使用できないものがあります。長時間の停電の際には、衛生面を考慮し使用を控えるようにしましょう。

復旧後には普段と変わらないかチェックしてください。問題があれば、必ずコールセンターに連絡しましょう。

2.ウォーターサーバーは停電でも使えるタイプがあります

ウォーターサーバーのコック式のようにレバーでお水を出す方法であれば、停電でも使用することはできます。HOTとCOOLのお水を作り出すためには、電気が必要です。

そのため停電時には、HOTとCOOLのお水を使い分けることはできません。

3.長時間の停電の場合には使用を控えるようにしましょう

停電した直後であれば、飲料水としてウォーターサーバーのお水を摂取することができます。停電状態が長く続く場合には、温度や湿度などを考慮して判断しましょう。

停電時は火災や故障を予防するためにも、ウォーターサーバーのコンセントは抜きましょう。

4.停電後に自動で復旧するタイプもあります

ウォーターサーバーの中には、自動復旧機能が付いているタイプもあります。数分程度の停電であれば、そのままウォーターサーバーを使用することができます。

温度が適温かどうか、音などの異常がないか確認しましょう。

5.少しでも気になることがあればコールセンターに確認しましょう

停電後、少しでも不安がある場合には、コールセンターに連絡しましょう。間違ったまま使い続けることで、菌を増殖させる原因に繋がります。

コールセンターの指示通りの対処を行い、ウォーターサーバーで停電前のような安全なお水を摂取しましょう。

6.停電に備え事前に準備を行いましょう

停電する前から、万が一に備えて準備を行う様にしましょう。ウォーターサーバーの性能をチェックしてください。

コールセンターの連絡先などもすぐにわかるようにしておきましょう。日頃から音や臭い、お水の味などもチェックするようにしてください。

7.ウォーターサーバーで万が一のときも乗り切りましょう

お水は、空気と接することで細菌が増える恐れがあります。停電後には身体に入れても大丈夫かどうか確認しましょう。

停電への対策を行いながら、ウォーターサーバーでお水を飲む習慣を作ってください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。