ミネラルウォーターとして市販されているものは大腸菌群の検査が陰性なものです


大腸菌とは細菌の一つで、健常者にも存在していることがあります。ミネラルウォーターとして市販する場合、大腸菌群の検査はすべて陰性でなければなりません。

殺菌などを行う前の原水から大腸菌群が発見されたときには、原水として使用することができません。他の細菌に対しても高いハードルが設定されています。

海外製のミネラルウォーターは基準が異なります。ハードルが低めの国もあるため注意しましょう。

不純物に不安がある方は、ピュアウォーターを飲むようにしてください。

高いハードルをクリアしたお水だけを販売しています

大腸菌は細菌の一つで、健常者の大腸にも存在しています。大腸菌が増えることで、嘔吐などの症状を招く恐れがあります。

市販されているミネラルウォーターは、大腸菌の検査がすべて陰性のものだけです。陰性の目安として、50ミリリットルの水分の中に大腸菌群が存在していない状態です。

つまり大腸菌群は、ほぼ含まれていないと考えて構いません。大腸菌群と言っても、大腸菌だけを指す訳ではないです。

・シトロバクター属
・クレブシェラ属
・エロモナス属

これらの菌も大腸菌群にすべてまとめられています。これらの菌は、土の中にも存在します。

そのため原水を採掘する場所で、これらの菌が発見された際は原水に用いることができなくなります。

大腸菌以外に別の細菌がミネラルウォーターに入っている可能性はあります。それらの菌にも高いハードルが設定されています。

殺菌などの過程を行わない場合には、1ミリリットルあたり5以下であれば原水にすることができます。殺菌処理を行う場合には、1ミリリットルあたり100以下と設定されています。

この量は、人体に害を与えないと言われています。そのため安心してミネラルウォーターを飲むことができます。

海外製のミネラルウォーターの場合は定義や基準が違います


日本のミネラルウォーターのハードルは、とても高いと言われています。海外製のミネラルウォーターは、その国ごとでハードルが違います。

EUのミネラルウォーターも、とても高いハードルを設定しています。そもそもミネラルウォーターという名称のものは、加熱殺菌していません。

加熱殺菌など手を加えてしまうとミネラルウォーターの名称をつけることができなくなります。しかし加熱殺菌していないから危険という考えは間違いです。

EUの場合、原水に対し細菌の量などの管理が厳密に行われており、安全に飲むことができると考えられています。

しかし中にはハードル自体が低い国や殺菌などのやり方が不適切な国なども存在します。そのため海外製のミネラルウォーターは、リスクなどを理解した上で購入するようにしてください。

また海外製のミネラルウォーターは、硬度が高いものが多くあります。そのため腹痛などの症状を招く場合があると言われています。

飲む際には、体調をみながら量を増やすように心がけてください。

不安がある方はピュアウォーターを飲みましょう

ミネラルウォーターは、できる限り自然のままの味わいを残しています。そのためミネラルウォーターには、健康を害さない程度に不純物が入っています。

しかし腎臓が衰えている人にとっては、その不純物が負担となる可能性があります。

そのため少しでも不安がある方は、不純物が入っていないピュアウォーターにしてください。ピュアウォーターであれば、何歳の方でも問題なく飲むことができます。

また薬を飲む際のお水としても最適です。家族全員が安心して飲めるお水を選びましょう。

最適なお水を選ぶことで、自分の体調を整える効果が期待できます。日常の生活にお水をプラスしてください。

継続することによって、体の内部から変化させることができると言われています。ウォーターサーバーなどを用いて、気軽にお水を取り入れましょう。

(まとめ)ミネラルウォーターには大腸菌群が含まれるの?

1.ミネラルウォーターとして市販されているものは大腸菌群の検査が陰性なものです

大腸菌は細菌の一つです。大腸菌群の検査が陰性のものをミネラルウォーターとして市販しています。

他の細菌にも高いハードルが設定されています。海外製のミネラルウォーターは基準が違います。

不純物に不安がある場合にはピュアウォーターを選びましょう。

2.高いハードルをクリアしたお水だけを販売しています

大腸菌が増えることで、嘔吐などの症状を呈する恐れがあります。大腸菌群の陰性とは、50ml中に大腸菌群が存在していない状態です。

他の細菌にも高いハードルが設定されています。人体に害を与えないように設定されており、安心して飲むことができます。

3.海外製のミネラルウォーターの場合は定義や基準が違います

海外製のミネラルウォーターは、その国によってハードルが変わってきます。EUのミネラルウォーターは、ハードルも高く比較的安全に飲むことができると言われています。

国によってハードルが低い地域もあるため注意しましょう。

4.不安がある方はピュアウォーターを飲みましょう

自然のままの味わいを残しているため、ミネラルウォーターには不純物が入っています。少しでも不純物に不安がある人は、ピュアウォーターを選びましょう。

ピュアウォーターであれば、年齢を気にすることなく安心して飲むことができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。