ミネラルウォーターで下痢をするのは、合わない水質だからです


ミネラルウォーターを飲むことで、体調を崩すという人もいます。それはミネラルウォーターの水質が影響していると言われています。

ミネラルウォーターにはマグネシウムなどの割合で硬水や軟水に分けられます。硬水を飲むことで、下痢を起こす恐れがあります。

下痢を起こす場合には、硬度が低いミネラルウォーターを選ぶようにしてください。自分にあった水質のミネラルウォーターを選ぶことで、マイナス的な症状を起こさなくなります。

徐々に量を増やしていくなど調節しましょう。

マグネシウムは、下剤にも用いられる成分です

ミネラルウォーターを飲むことで、中には体調を壊すという人がいます。それはミネラルウォーターに含まれるミネラルの影響と言われています。

ミネラルウォーターには、カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムなどのミネラルがイオン化して溶け込んでいます。

カルシウム

骨などを強くするための成分です。小魚などに多く含まれています。カルシウムを多く取り過ぎることで、結石ができる恐れがあります。

また他のミネラルの吸収を阻害する可能性もあると言われています。

マグネシウム

神経の興奮を抑える、骨などを作るためにも欠かせない栄養素です。下剤にも用いられる成分になっています。

過剰に摂取することで下痢や高マグネシウム血症などの症状をきたす恐れがあります。

カリウム

血圧の調整などに関わっている栄養素です。過剰に摂取しても排出されるため問題はないと言われています。

しかし腎臓の疾患などを患っている場合には注意が必要です。

ナトリウム

ナトリウムも欠かせないミネラルと言われています。過剰に摂取することで、高血圧や脳卒中などのリスクが高まります。

つまりミネラルウォーターを飲むことによって、これらの成分の影響が体に起こります。そのため胃腸などが強くない場合には、マグネシウムの働きによって下痢を起こす可能性があります。

硬度の低いお水であれば、下痢を起こしにくくなります


ミネラルウォーターは、硬度が記載されています。カルシウムとマグネシウムの量を数値化したもので、硬度が高い方がカルシウムやマグネシウムの溶け込んだ割合が多くなります。

そのため胃腸が強くなければ、この硬度をしっかり確認することが大切です。マグネシウムの量が多ければ、胃腸の症状をきたしやすいミネラルウォーターと言われています。

そのため下痢などを起こす場合には、硬度の低いお水を飲むようにしてください。硬度が低いミネラルウォーターでも、健康のためには十分効果があると考えられています。

それはミネラル自体が普段の生活でも十分採れているからです。ミネラルウォーターでしか補えないミネラルはありません。

ミネラルウォーターは硬度が低いものを飲み、普段の生活でバランスのよい食事を摂るようにしましょう。

自分にあったミネラルウォーターを探しましょう

ミネラルウォーターは、品物によってミネラルの含まれる割合が異なります。そのことで風味やまろやかさなど、品物独自の味となります。

ミネラルの配合割合によって、自分の体に合うか合わないかが決まります。体調に合わないものを飲んでも、体によいとは言えません。

合わないと感じた場合には、すぐに飲むことを止めるようにしてください。自分の体に合うミネラルウォーターを探すようにしましょう。

自分の体調に合うか試す場合には、少しずつ飲むようにしてください。体調に変化がないかを確認しながら、徐々に増やすようにしましょう。

自分にあったミネラルウォーターを見つけることによって、体によい影響を及ぼすことが期待できます。ピュアウォーターを飲むことによって、体に起こるマイナスの影響は少なくなると言われています。

上手にミネラルウォーターを取り入れるようにしてください。

(まとめ)ミネラルウォーターで下痢をする理由とは?

1.ミネラルウォーターで下痢をするのは、合わない水質だからです

ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムによって、下痢症状を起こす人がいます。下痢を起こす場合には、硬度の低いお水を選びましょう。

徐々に量を増やし、体調をみながら飲んでください。自分にあった水質であれば、悪い症状を起こすことはありません。

2.マグネシウムは、下剤にも用いられる成分です

ミネラルウォーターはマグネシウムなどのミネラルが溶け込んでいます。ミネラルは過剰に摂取することによって悪影響を及ぼす場合もあります。

胃腸が強くない場合、ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムによって下痢を招く可能性があります。

3.硬度の低いお水であれば、下痢を起こしにくくなります

カルシウムとマグネシウムの量によって硬度が記載されています。硬度が高いと下痢症状を起こしやすくなります。

ミネラルウォーターでしか摂れないミネラルはありません。硬度が低いものでも、バランスのよい食事でミネラルを摂りましょう。

4.自分にあったミネラルウォーターを探しましょう

ミネラルウォーターは、ミネラルの配合割合によって風味などが異なります。合わないと感じた場合には、すぐに飲むことを止めてください。

ピュアウォーターなら、体への影響は少ないと言われています。上手にミネラルウォーターを飲むようにしてください。