軟水と硬水の違いとは、ミネラルの含有量の差です

軟水と硬水の違いとは、ミネラルの含有量の差です
ミネラルウォーターは大きく分けると、軟水と硬水に分類することができます。軟水はミネラルの含有量の少ないお水のことで、一方硬水はミネラルが豊富に含まれているお水です。

軟水は日本の多くの地域で採掘することができ、水道水も軟水が一般的です。そのため日本人にとって最も馴染みやすいお水でしょう。

ミネラル自体は少ないというデメリットがあります。硬水は非常にクセが強いお水です。

料理などで上手に軟水と硬水を使い分けるようにしましょう。

軟水と硬水の定義は国によって異なります

スーパーやコンビニなどで様々な種類のミネラルウォーターが販売されていますが、どのミネラルウォーターが軟水、硬水なのか知っているでしょうか。軟水と硬水は、全く違った特徴を持っており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

軟水・硬水を正しく選ぶことができれば、お水の持つ効能を最大限生かすことができます。また、自分に向いているお水を探しやすくもなるでしょう。

軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違いを簡単に言うと、ミネラルの含有量の差です。ミネラルと言ってもカルシウムとマグネシウムの量で定められています。

WHOによる基準があります。各国自らが定めた基準もあり、一概にWHOの基準だけで軟水・硬水に分類することができないため注意してください。

WHOの基準
  • 軟水:60mg/L未満
  • 中程度の硬水:60mg/L〜120mg/L
  • 硬水:120mg/L〜180mg/L
  • 非常な硬水:180mg/L以上

上記のようにWHO(世界保健機構)では定義しています。

日本の分類
  • 軟水 100mg/L未満
  • 硬水 100mg/L以上

日本においては独自に上記のように定めています。ただし硬水の中でも100mg/L以上から300mg/L未満の硬度のお水については「中硬水」とも呼ぶこともあります。

つまり、WHOの基準と比較すると、軟水と定義している範囲が広いことが分かります。どちらで定義されているかは、商品によって異なるため、しっかり硬度もチェックしましょう。

硬度って何?

そもそも硬度という言葉は、どういう意味があるか知っているでしょうか。硬度とは、水に含有しているカルシウムやマグネシウムなどの量を、炭酸カルシウムの量として換算し数値で表したものです。

つまり硬度が高いと硬水、硬度が低いと軟水と呼ぶことができます。この違いをしっているだけでも、ミネラルウォーターを適切に選ぶことができるでしょう。

普段飲んでいるミネラルウォーターの硬度がどの程度で、軟水・硬水のどちらに分類されているのかチェックしてみてください。

軟水は非常に飲みやすいという特徴があります

軟水は非常に飲みやすいという特徴があります
硬水と軟水の定義が分かったところで、それぞれの特徴について紹介します。まずは軟水の特徴など説明しましょう。

軟水の特徴

世界各国でお水は採掘することが可能です。それぞれの土地の形状などで、含有される成分も異なってきます。

日本で採掘されるお水のほとんどが、軟水です。北海道から沖縄の水道水の多くが軟水を処理しています。

ただし、沖縄の一部地域などでは硬水が採掘される場合もあるようです。つまり、日本人にとっては軟水が最も馴染み深いお水と言るでしょう。

軟水のメリット
料理や飲み物に使いやすい

軟水の最大の特徴はクセやニオイが少ない点です。そのため、どのような料理に使っても風味などを損なう心配は少ないでしょう。

特に伝統的な日本料理の場合、素材そのものの味を大切にしています。硬水だと素材のもつ風味を邪魔してしまう恐れがあるため、日本料理をつくるときには軟水が良いと言るでしょう。

更にお茶やコーヒーを煎れるときに使用するのも問題ありません。お茶やコーヒーの香りを楽しむためにも軟水を使用してみましょう。

誰でも安心して飲める

たとえば乳児の場合、臓器は完全に出来上がっていません。そのため、極端にミネラルを摂取すれば臓器を損傷してしまい、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、腎臓などに疾患を抱えている方も硬水は適していません。軟水であれば、乳児や疾患を抱えている方、高齢者など、どなたでも安心して摂取することができるとされています。

肌や髪にも良い

硬水で髪を洗うと、パサついたように感じるかもしれません。それは、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムの影響によるものです。

肌や髪のためにはミネラルが少ない軟水を使用した方が良いとされています。また、軟水の方が泡立ちもいいという特徴があります。

泡で洗う方が肌の負担も少ないため、その点でも軟水の方が優れていると言るでしょう。

軟水のデメリット
ミネラル分が含まれていない

ミネラルウォーターを摂取している人の中には、ミネラル補給を目的にしていることもあるでしょう。軟水は、ミネラルの含有は少ないです。

ミネラルは身体を正常に機能させるためには欠かすことができない栄養素です。ミネラルによっては不足しがちなものもあり、ミネラルウォーターで少しでも補給することは効果的でしょう。

しかし、ミネラルは水分でしか補給できないものではありません。基本的には食事からの補給が重要となります。

軟水を選ぶ場合には、食事からしっかりミネラルを補給することでデメリットは解消できるでしょう。

硬水はミネラルが豊富なため、便秘解消効果が高いです

硬水はミネラルが豊富なため、便秘解消効果が高いです
次に硬水について紹介していきます。

硬水の特徴

硬水は日本ではほとんど採掘されていません。主な採掘エリアはヨーロッパ地域です。

そのため、ヨーロッパの方々にとってなじみのあるお水と言るでしょう。日本人には馴染みが少ないため、やや飲みにくいと感じてしまうかもしれません。

硬水のメリット
便通促進効果が高い

硬水はマグネシウムの含有量も多いお水です。マグネシウムは便秘薬に使われている成分で、便通を促進させる効能があると言われています。そのため、硬水を飲むことで便通を促進させる効果が期待できるでしょう。そのことからもダイエットになると言われ、ダイエット中の女性から注目されているようです。

ヨーロッパ地域の料理に適している

硬水には、肉のニオイを消臭する、灰汁を出すなどの効果があると言われています。そのため、煮込み料理やお肉料理に適しているでしょう。

動脈硬化などの病気予防

ドロドロ血液の場合、動脈硬化のリスクが高いと言われています。硬水を飲むことによって血液をサラサラにし、心筋梗塞などの予防に繋がるでしょう。

硬水のデメリット
お腹がゆるくなる

メリットで述べたように便通促進の効果が高いお水です。その反面、体質によっては下痢などの症状を招いてしまう恐れがあります。

硬水を摂取し、腹痛やお腹の緩みなどの症状がある場合には、一旦摂取を控えた方が良いでしょう。

乳児などは摂取できない

硬水は乳児に与えるのは良くないとされています。ミルクを調乳する際の水分としても使用するのはやめましょう。

和食に適さない

硬水は非常にクセやニオイが強いお水です。そのため香りなどを大切にする和食には適していません。

また、コーヒーなどの風味も損なうため、あまり使用するのはおすすめできないでしょう。素材の風味などを大切にしたい場合には、軟水を選ぶようにしてください。

日本料理には軟水の方が適しています

日本料理には軟水の方が適しています
軟水と硬水は様々なシーンで使い分けることが大切です。合う、合わないなどを把握して使用することで、よりお水の効果を実感することができるでしょう。

日本料理には軟水

日本料理やコーヒーなどを飲む際には、軟水の使用がいいとされています。また、お米を炊く際にも軟水がいいでしょう。

お米を炊く際に硬水を用いると、ご飯の香りを損なってしまう恐れがあります。

カラダを洗うときには軟水

洗髪や体を洗うときには軟水が最適です。軟水であれば、髪や肌への影響も最小限に抑えることができるでしょう。

純水も利用しましょう

純水と言うお水があるのを知っているでしょうか。純水とは、特殊な膜を用いて、お水に含まれるミネラルや不純物を最大限除去したお水のことです。

不純物が含まれないため、体に余計な負担をかけることはありません。そのため乳児でも安心して与えることができるでしょう。

更にミネラルウォーターだとお腹を壊す人でも純水はミネラルが含まれないため、そのような症状を引き起こす恐れもありません。つまり誰でも安心して飲めるお水と言えるでしょう。

(まとめ)軟水と硬水って何が違うの?

1.軟水と硬水の違いとは、ミネラルの含有量の差です

ミネラルウォーターには軟水と硬水に分類することができます。軟水はミネラル分が少ないですが、非常に飲みやすいのが特徴です。

硬水はクセが強いですが、ミネラルが豊富に含まれています。料理のシーンなどでは、二つを上手く使い分けることが大切です。

2.軟水と硬水の定義は国によって異なります

軟水・硬水はカルシウムやマグネシウムの含有量の違いによって分類されます。含有量が少ないお水を軟水、多いお水を硬水です。

WHOによって定義されていますが、各国で別の基準の定義もあります。普段飲んでいるお水を一度チェックしてみてください。

3.軟水は非常に飲みやすいという特徴があります

軟水は日本のほとんどの地域で飲まれているお水です。軟水は料理や飲み物の風味を損なうことはないとされています。

また、乳児や高齢者でも安心して飲むことができます。ミネラルの含有量が少ないというデメリットはありますが、食事から補給することで解消できるでしょう。

4.硬水はミネラルが豊富なため、便秘解消効果が高いです

硬水はヨーロッパエリアを中心に採掘されているお水です。硬水に含まれるマグネシウムの成分によって、便通を促進する効果が高いでしょう。

乳児に直接与える、調乳で使用することは控えてください。体質によっては下痢になるため注意しましょう。

5.日本料理には軟水の方が適しています

軟水と硬水は使い分けることで、お水の効果を最大限得ることができます。日本料理には軟水がいいでしょう。

純水はミネラル分などをほとんど除去したお水です。乳児など誰でも安心して与えることができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。