農林水産省による定義は、ミネラルウォーターを分類する指標です


私たちが普段言っている「ミネラルウォーター」は正式名称ではない可能性があります。それは農林水産省によって、ミネラルウォーター類の分類が、しっかり定義されているからです。

しかし日本と海外では、ミネラルウォーターの定義が異なります。そのため海外のミネラルウォーターを購入する際には注意しましょう。

まず、品名・硬度・PH値などをチェックしてください。それらをチェックすることで、どういったミネラルウォーターなのか知ることができます。

ナチュラルウォーターやミネラルウォーターなどに分類されます

「ミネラルウォーター」と普段言っているお水は、実はミネラルウォーターではない可能性があります。それは農林水産省によって、ミネラルウォーター類について、きちんと定義されているからです。

つまりミネラルウォーター類は、工場で行う作業内容によって名称が変わります。

ナチュラルウォーター

いわゆる天然水です。ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターに分類することができます。

1カ所の地下水を原水とし、ミネラルを含まないものをナチュラルウォーターと言います。また自然のミネラルを含んだものをナチュラルミネラルウォーターと定義しています。

工場で行う作業として、加熱殺菌までは認めています。しかし化学的な殺菌や除菌を行った場合には、ナチュラルと言うことができません。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターに対し、化学的な作業を行ったものです。つまりミネラル分の調合や複数の原水を組み合わせる、オゾン殺菌を行うなどをした場合にミネラルウォーターと言います。

他にもボトルドウォーターなどがありますが、これはミネラルウォーター類ではありません。ボトルドウォーターとは、飲料水全般を指します。

つまり原水などに決まりはありません。水道水などもボトルドウォーターに当てはまります。

海外ではミネラルウォーターの定義が異なります


ミネラルウォーター類の分類は、海外では全く異なります。ナチュラルミネラルウォーターは、ヨーロッパの場合加熱殺菌を施していないものです。

基本的に加熱などの殺菌処理をしたものは、ナチュラルと名乗ることができません。そのため原水において加熱殺菌が必要ないレベルの水質を求めています。

国際規格では、別の定義がされています。この規格では殺菌処理の作業内容についての規定はありません。

つまりどの定義を用いているかを私たちが把握する必要があります。とくに海外のミネラルウォーターは、日本と定義が異なるため注意しましょう。

定義をしっかり理解した上でミネラルウォーターを選ぶようにしてください。どのようなミネラルウォーターを購入したいかなど、事前に考えましょう。

ミネラルウォーターを購入するときにラベルもチェックしましょう

ミネラルウォーター類には、作業による定義だけでなく、硬度による分類もされています。カルシウムなどの含有量によって硬水や軟水に分類することができます。

さらにPH値によって、酸性かアルカリ性、中性なのかも明記されています。それらを総合的にチェックすることで、自分に最適なミネラルウォーターを発見することができます。

ミネラルウォーターは、それらの情報がラベルに明記されています。普段飲んでいるミネラルウォーターが、どんなお水なのかチェックしてください。

お水の状態によって、特有の味や臭いなどが変わります。ラベルをチェックすることで、自分好みのミネラルウォーターを見つけやすくなります。

豊富な種類から自分好みのミネラルウォーターを選びましょう。自分好みのミネラルウォーターなら、自然とお水を飲むことができるはずです。

健康な体を作るためにも、ミネラルウォーターを飲むようにしてください。

(まとめ)ミネラルウォーターの農林水産省による定義とは?

1.農林水産省による定義は、ミネラルウォーターを分類する指標です

ミネラルウォーターは農林水産省によって、しっかり定義されています。日本と海外では、ミネラルウォーターの定義が異なります。

ラベルなどで品名や硬度、PH値などをチェックしましょう。どういったミネラルウォーターなのか、知ることができます。

2.ナチュラルウォーターやミネラルウォーターなどに分類されます

ナチュラルウォーターは、1カ所の地下水を採水したお水です。ミネラルの有無によって、さらに分類されます。

ミネラルウォーターはミネラルを調合する、オゾン殺菌などの作業を施したお水です。ボトルドウォーターは、ミネラルウォーターではありません。

3.海外ではミネラルウォーターの定義が異なります

ミネラルウォーター類は、海外での規定と異なります。ヨーロッパの場合、加熱殺菌したものはナチュラルミネラルウォーターとして認められていません。

国際規格で別の定義がされています。ミネラルウォーターがどの定義を用いているのか、チェックしましょう。

4.ミネラルウォーターを購入するときにラベルもチェックしましょう

ミネラルウォーターには硬度やPH値などでも分類されています。それらの情報は、ラベルにしっかり明記されているためチェックしましょう。

豊富な種類から、自分好みのミネラルウォーターを選んでください。ミネラルウォーターを飲み健康な体になりましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。