動物にミネラルウォーターを与える場合には注意が必要です


動物の身体は、人間とは異なります。そのため動物にミネラルウォーターを与えることで、動物に負担となる恐れがあります。

とくに硬度の高いミネラルウォーターには注意しましょう。微量を飲ませたからと言っても、すぐに健康を害する訳ではありません。

しかし継続的に与えることで結石などのリスクを高めると言われています。愛犬を元気に育てるためにもミネラルウォーターは控えてください。

ただ身体が弱っている動物や老犬、子犬は、できる限りミネラル分を含まないお水を与えましょう。

動物は上手くミネラルを処理することができません

動物の臓器と人間の臓器は、働きに違いがあります。ミネラルウォーターは健全な人間であれば、腎臓で代謝されます。

しかし動物は、代謝機能が人間のように発達していません。そのためミネラルウォーターを飲むことで、代謝ができずにミネラル分が身体の中に蓄えられる恐れがあります。

そのため尿路結石などの症状が現れる確率が高まります。つまり動物には、ミネラルウォーターを与えるのは控えるようにしてください。

もちろん1回与えただけで健康を害することはありません。毎日継続的にミネラルウォーターを与えることによって、徐々に健康に害を与える恐れがあります。

とくにミネラルウォーターに含まれるマグネシウムの成分には注意が必要です。マグネシウムはストラバイト結石の要因になると言われています。

尿路結石になると、おしっこが出にくくなる・機嫌が悪い・血尿が出るなど、症状が現れます。少しでも症状がある場合には、早めに獣医に診てもらうようにしてください。

ミネラルウォーターは硬度によって分類されます


すべてのミネラルウォーターが動物に適さない訳ではありません。ミネラルウォーターには、中に含まれる成分によって、硬水と軟水に分けることができます。

硬水は、カルシウムとマグネシウムの含まれる割合が多いお水です。そのため動物に及ぼす影響も大きくなります。

愛犬の健康のためには、硬水は避けましょう。ただヨーロッパなどは硬水がメインです。

しかしヨーロッパの動物がすべて尿路結石になっている訳ではありません。そのためどこまで健康に影響を与えるかは、はっきりわかっていない状況です。

ただリスクがあるとは言われているため、与える際は注意するようにしてください。軟水は、カルシウムとマグネシウムの割合が少ないお水です。

つまり動物に対しても、問題なく与えることができると言われています。少しでもリスクを減らしたい場合には、ミネラルが一切含まれないお水を与えるようにしてください。

愛犬にとって、どのようなお水がよいのか、きちんと考えるようにしましょう。

子犬や老犬などはとくに注意しましょう

ミネラルウォーターは、人間にとっても身体に影響を及ぼす恐れがあります。臓器の働きが弱まっている場合、ミネラルをきちんと代謝することができません。

動物も同様に子犬や老犬、病気を持っている場合には、とくに与えるお水は注意しましょう。そのためこの場合にはミネラルを含まないお水を与えるようにしてください。

水道水に関しての危険性は、はっきりしていません。残留塩素などに不安がある場合には、煮沸を行うようにしてください。

動物にとって水分は重要と言われています。そのためいつでも飲める環境を整えましょう。

ウォーターサーバーなどを利用することで、動物だけでなく人間にも適したお水を飲むことができます。たとえば動物用のお水も販売されています。

しかし一度栓を開ければ、雑菌を防ぐため早めに飲みきることが大切です。ウォーターサーバーであれば、慌てて飲みきる必要はありません。

こまめに新鮮なお水を入れ替えることで、雑菌が増えることを簡単に予防することができます。愛犬のためにも、ウォーターサーバーを検討されてください。

(まとめ)ミネラルウォーターは動物に与えてもよいの?

1.動物にミネラルウォーターを与える場合には注意が必要です

動物の身体と人間の身体は、作りが異なります。硬度の高いミネラルウォーターを与えることによって、結石などのリスクを高めると言われています。

老犬や子犬には、とくに注意してください。ミネラル分が少ないお水を与えるようにしましょう。

2.動物は上手くミネラルを処理することができません

動物は、上手くミネラルを代謝することができずに身体に蓄えられます。ミネラルウォーターを動物に与えることは、控えるようにしましょう。

尿路結石になると、尿が出にくいなどの症状をきたします。早めに獣医に診てもらい、治療を行いましょう。

3.ミネラルウォーターは硬度によって分類されます

ミネラルウォーターは、硬水と軟水があります。硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が多いため、動物への影響も大きくなります。

どこまでミネラルウォーターが影響を与えるかはわかっていません。心配があれば、ミネラルを含まないお水を与えましょう。

4.子犬や老犬などはとくに注意しましょう

子犬や老犬、病気を持っている場合には、ミネラルウォーターで健康を損ねる恐れがあります。水道水の影響はわかっていないため、心配があれば煮沸しましょう。

ウォーターサーバーであれば、新鮮なお水を常に与えることができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。