ミネラルウォーターが何歳から飲めるかは、決まっていません


赤ん坊や幼児の体は、大人と同じではありません。そのためミネラルウォーターを飲むことで、体に悪影響をきたす場合があります。

その結果として赤ん坊や幼児にはミネラルウォーターを与えない方がよいとされています。何歳頃になったら飲めるかは、人によって違います。

ある程度成長してから徐々に与え、不調をきたしていないか確認してください。与える量を少しずつ増やしていき、問題がなければ、そのまま飲ませても構いません。

不調をきたした場合には、与えることを止めてください。大人でも不調をきたすことはあるため注意してください。

赤ん坊や幼児の体は、大人と同じ臓器の強さではありません

大人の体は内臓が出来上がっているため、ある程度のストレスに耐えることができます。しかし赤ん坊や幼児の内臓機能は、まだ大人のように出来上がっていません。

そのためミネラル成分をうまく体の中に取り込むことができません。よって臓器に過度なストレスがかかってしまい嘔吐などの症状を招く恐れがあります。

最悪の場合、臓器自体に傷をつける可能性もあります。赤ん坊や幼児には、ミネラルウォーターは与えないようにしましょう。

何歳から与えてよいかは、正式な決まりはありません。それはミネラルウォーターの硬度や成長状態などが異なるからです。

軟水であれば、とくに年齢を気にする必要はないと言われています。軟水は、含まれるミネラルの量が少ないため内臓へのストレスも少ないと言えます。

ただ心配がある場合には、一度沸騰させるなどしましょう。硬水は、与えるのに注意が必要です。

硬水はミネラルの量が多いため、内臓は過度なストレスがかかります。内臓がある程度出来上がるまでは、与えない方が望ましいでしょう。

幼児の成長状態には個人差が大きいため、一概に何歳からとは言えません。小学生に上がる頃までは、むやみに与えることは避けた方がよいとも言われています。

ミネラルウォーターは、少しずつ与えるようにしましょう


ミネラルウォーターでも水道水でも、どんなお水でも初めて与える場合には、少しずつ与えるようにしてください。一度に大量に与えることで、なにか体に影響を及ぼした場合、最悪の状態に陥る可能性があります。

体の状態を確認しながら少しずつ与え、様子を観察するようにしましょう。便の状態など変化がある場合には、一度与えるのをストップしてください。

とくに状態が変わらなければ、量を増やしていきましょう。

水道水もそのまま与えることは、注意が必要と言われています。水道水には、塩素が入っているからです。

塩素によって臓器に影響を及ぼすとも言われています。そのため一度10分以上沸騰させ、塩素を飛ばすことが重要になってきます。

それはミルクを作るときも同じです。ミネラルウォーターの硬水や水道水をそのまま使用することで、嘔吐などを起こす場合があります。

ミルクを作るときも、赤ちゃんに適したお水を使用するようにしてください。

大人でもミネラルウォーターで不調をきたす恐れがあります

ミネラルウォーターは、大人でも不調をきたすことがあります。それは臓器が衰えていたり、持病を持っていたりなどする場合、ミネラルウォーターを多く飲むことで、ストレスがかかるからです。

そのため不調をきたさないためにも、軟水などのミネラルウォーターを飲むことが重要です。赤ちゃんなど誰でも安心できるお水は、ピュアウォーターと言われています。

ピュアウォーターはミネラルや菌など多くの物質が除かれています。そのため体にかかるストレスが少ないと考えられています。

ミルクを作る際にもピュアウォーターは最適です。またミルク作りなどを楽にするためには、ウォーターサーバーが適しています。

ウォーターサーバーはミルクを溶かすための熱湯やミルクを冷ますための冷水をすぐに出すことができます。気になる人は、一度チェックされてください。

(まとめ)ミネラルウォーターは、何歳から飲めるの?

1.ミネラルウォーターが何歳から飲めるかは、決まっていません

赤ん坊や幼児の体は、大人と同じではありません。ミネラルウォーターは与えないようにしましょう。

ある程度の年齢になってから、少しずつ与えるようにしてください。大人でも不調をきたす恐れがあるため、不調があれば与えるのは止めましょう。

2.赤ん坊や幼児の体は、大人と同じ臓器の強さではありません

赤ん坊の体は、内臓機能がまだ出来上がっていません。赤ん坊にミネラルウォーターを与えることで、嘔吐などの症状をきたす場合があります。

硬水は、ある程度大きくなるまでは与えないようにしましょう。軟水は、そこまで気にする必要はないと言われています。

3.ミネラルウォーターは、少しずつ与えるようにしましょう

初めて与えるものは、必ず少量ずつ与えるようにしてください。便の状態など確認しながら、量を増やすようにしましょう。

水道水にも残留塩素が入っています。水道水を使用する場合には、10分以上沸騰させたものを与えるようにしてください。

4.大人でもミネラルウォーターで不調をきたす恐れがあります

持病を持っている人や臓器が衰えている人は、ミネラルウォーターで不調をきたす恐れがあります。誰でも安心して飲めるのは、ピュアウォーターです。

ピュアウォーターはミルク作りにも適しています。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。