食べ物の栄養素がむくみ解消に影響を及ぼすのは本当です

食べ物の栄養素がむくみ解消に影響を及ぼすのは本当です
むくみの原因は色々考えられますが、食べ物が原因になっていることも多いと言われています。特に日本人の場合、塩分の過剰摂取が問題になっています。

塩分はむくみを招く原因の一つです。体のむくみによって、冷え症など体調に不調をきたすことがあります。

そのため早めにむくみ緩和に努めるようにしてください。まず味の濃い食べ物は避け、減塩を意識しましょう。

またカリウムの多い食べ物を選ぶのもいい方法です。カリウムには摂りすぎた塩分を排出する効果が期待できます。

積極的に食べるようにしてください。

食べ物による成分もむくみの原因です

食べ物による成分もむくみの原因です
むくみを引き起こしているのはリンパ管や静脈から溢れ出した水分です。その水分が皮下組織の間に溜まってしまい、皮膚が腫れあがり見た目にもわかるような状態になっています。

正常な状態であれば、水分が溢れ出すことなく、しっかり循環しています。しかし、何かの原因で循環低下が起きてしまいます。

生まれ持った体質

人間の血管やリンパ管の太さは、生まれつきの体質があります。もともと細い方もおり、その場合には血液の巡りは悪くなりやすいです。

遺伝的要因が強いと言われており、母親がむくみやすいとその子供も同様にむくみやすい体質の可能性があります。

性別

男性と女性を比較すると、基本的に男性の方が筋肉量は多いです。筋肉の働きによって心臓に血液を戻すことができます。

そのため筋肉量の少ない女性は、その作用が弱いと考えられ、むくみやすい状態になってしまいます。

運動量が少ない

運動をしていない場合、徐々に筋力が減ってしまいます。特に歩かずに車などの移動が基本の方の場合、下肢の筋力が衰えやすいでしょう。

むくみのためには、ふくらはぎの筋力が最も大切です。ふくらはぎは第2の心臓と言われるほど重要な筋肉であり、ふくらはぎが弱くなると血液を心臓に戻すことができなくなってしまいます。

食べ物による影響

日本人の塩分の摂りすぎは問題になっています。たとえばジャンクフードなどは塩分の多い代表的な食べ物です。

塩分を摂りすぎてしまうと、体内濃度を薄くしようと水分を沢山溜め込んでしまいます。その結果、むくみを発生してしまいます。

水分による影響

私たちは尿や汗、呼吸などから常に水分を蒸発させ失っています。その失った水分をそのままにしてしまうと、体の中は脱水傾向に陥ってしまうでしょう。血液がドロドロになり、上手く体をめぐることができません。そのため、水分は十分に補給する必要があるのです。

特に、むくむから水分を制限している人は大変危険です。むくみの症状を更に進行させる結果になってしまいます。

水分は適正な量をしっかり補うことが大切です。

女性ホルモンによる影響

プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンには、水分を溜め込む作用があります。月経前には、このホルモンの分泌が増えてしまい、自然にむくみやすい状態になってしまいます。ホルモンの影響なので仕方ないと思いがちですが、あまりにも症状がひどい場合には婦人科を受診し相談してみましょう。

ストレス

自律神経のバランスが崩れると、血流にまで影響を及ぼすことが分かっています。ストレスは自律神経のバランスを崩す要因の一つです。そのため過剰にストレスが溜まると、むくみの症状が強くなってしまいます。

加齢

誰でも平等に年を取ります。残念ながら、年齢とともに代謝は低下してしまうでしょう。その結果、水分の調節が難しくなり、むくみやすくなってしまいます。

病気

むくみの症状が起こる病気は沢山あります。たとえば下肢静脈瘤を発症していると、むくみやすくなります。

体のむくみによる悪影響で体調を壊す恐れがあります

体のむくみによる悪影響で体調を壊す恐れがあります
むくみを甘く見るのは良くありません。むくみを放置してしまうと、悪循環に陥ってしまう可能性があります。

むくみによる悪循環とは

むくみが起こると、冷え症も起こりやすいと言われています。それはむくみも冷え性も、血液循環の問題で引き起こされるからです。そのため、むくみを発症すれば冷え症になり、冷え症になればむくみやすくなると言った悪循環に陥ってしまいます。また余分な水分や老廃物は、そのまま時間が経ってしまうと脂肪細胞に吸収されるでしょう。

その結果セルライトができやすくなってしまいます。このセルライトも問題を引き起こしてしまうでしょう。

血管などは脂肪によって圧迫されてしまい、余計に循環を悪くさせてしまいます。そうなれば、むくみや冷え症はひどくなる無限のループのような状態に陥るでしょう。

この悪循環を断ち切るためにも早めに対策を行うことが大切です。すぐに治ると放置せずに、ちゃんとしたケアを実践しましょう。

病気のサインの可能性もあり

むくみは病気のサインで、症状が起こることもあり重症な病気が隠れているケースもあります。

血管の病気

たとえば下肢静脈瘤などが当てはまります。下肢静脈瘤は静脈弁が破壊されることによって、血液の逆流が起こり足に血液が溜まってしまう病気です。

症状が進行すると、湿疹やかゆみなどの症状も一緒に現れてきます。また皮膚の色が黒くなるなども特徴的です。

肝臓の病気

肝臓は、アルブミンを合成するのに欠かすことができない臓器です。アルブミンは血管の中の水分をキープする作用があり、アルブミンが減ってしまえば、水分を血管内に留めることができなくなります。

その結果血管の外に水分が出やすくなってしまい、むくみを招いてしまうでしょう。

腎臓の病気

腎臓は、ろ過の役割を果たす器官です。腎臓が弱くなると、毒素などをろ過できなくなり、余分な水分の排出も困難になってしまいます。

ほかにも心不全などの心臓の病気など、むくみを発症する様々な病気が挙げられます。もちろん、むくみ=重篤な病気という訳ではありません。

しかし、症状が続く場合は病気の確率も高くなってしまいます。そのため、むくみを甘く考えずに、ちゃんと診てもらうようにしましょう。

むくみを起こしやすい食べ物は、味付けが濃いものです

むくみを起こしやすい食べ物は、味付けが濃いものです
むくみの対策として最も有効なものが食べ物の見直しです。先ほど述べたように、食べ物の影響でむくみの症状は強くなってしまいます。

そのためむくみを起こしやすい食べ物は控えるようにしましょう。

加工してある食品

加工してある食品の多くには、味付けのために食塩が多く含まれています。そのため加工してある食品を用いるときには食塩の量に注意しましょう。食塩の摂取量の目安は女性の場合1日7ℊ程度です。目標値は、更に低い5ℊとされています。

そのため、減塩や無塩などの製品を選ぶようにしましょう。また醤油などではなく、お酢や出汁など塩分の含まないもので味付けをするようにしてください。

ラーメンやうどんなどのスープ

ついラーメンのスープも全部飲み干していませんか。これらのスープの中には多量の塩分が含まれています。全部飲み干してしまうと、1日の摂取推奨量をはるかにオーバーしてしまいます。そのためスープは全部飲まずに残すよう意識してください。

漬物など

漬物などはかつて保存食として親しまれてきました。そのため、日持ちするよう多くの塩分が含まれています。漬物などを日常的に食べる習慣がある人は、食べ過ぎないように注意してください。また、減塩の漬物なども販売されているので、そちらを選ぶのも良いでしょう。

むくみ解消に良い食べ物・栄養素は、カリウムです

むくみ解消に良い食べ物・栄養素は、カリウムです
では、むくみ対策のために積極的に食べたい食べ物や栄養素は何があるのでしょうか。

カリウム

むくみと言えば、カリウムというほど重要な栄養素です。おもに果物や生野菜などに含まれています。カリウムには塩分を排出する働きがあり、摂りすぎてしまった塩分を調整してくれるでしょう。

ポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用の働きが期待できる栄養素です。そのため臓器の働きを正常にする作用があり、むくみの改善にも効果を発揮する可能性があります。赤ワインやお茶、ブドウなどに多く含まれています。

ビタミンB1

糖質がエネルギーに変えるために必要な栄養素です。米ぬかや豆類などに多く含まれているでしょう。

ビタミンB6

貧血を予防する栄養素です。カツオやマグロなどに多く入っているでしょう。

ビタミンE

抗酸化作用の働きをしてくれる栄養素で、卵などに入っています。これらの栄養素が含まれる食べ物をバランスよく食べるようにしてください。むくみに効くからと言って栄養が偏ってしまっては意味がないので注意しましょう。

(まとめ)食べ物がむくみ解消に影響するって本当?

1.食べ物の栄養素がむくみ解消に影響を及ぼすのは本当です

むくみの原因には、食べ物の影響が強いと言われています。むくみを放置してしまうと、冷え症など不調を招く恐れがあるため早めに対策しましょう。

味の濃いものを避け、減塩を意識してください。カリウムの多い食べ物を食べるようにしましょう。

2.食べ物による成分もむくみの原因です

むくみの原因は人によってバラバラです。生まれ持って血管やリンパ管が細いなどのケースもあります。

ジャンクフードなどで、塩分が摂りすぎになっている場合もむくみやすくなるでしょう。しっかり原因を把握し、対策をとることが大切です。

3.体のむくみによる悪影響で体調を壊す恐れがあります

むくみを放置すると冷え症を引き起こします。冷え症はむくみの原因にもなるので、悪循環に陥りやすくなるでしょう。

セルライトの原因にもなるので早めに対策をとることが大切です。血管や腎臓、肝臓などの病気の可能性もあります。

4.むくみを起こしやすい食べ物は、味付けが濃いものです

むくみの対策のためには、塩分を控えることが大切です。加工してある食品やラーメンなどのスープ、漬物などは塩分が多い食べ物の代表でしょう。

減塩や無塩などの食べ物をできる限り選ぶように心がけてください。

5.むくみ解消に良い食べ物・栄養素は、カリウムです

むくみ対策のためには、カリウムやポリフェノール、ビタミンB1などの栄養素が大切です。これらの栄養素が含まれる食べ物を積極的に食べるようにしてください。

ただし偏りすぎては意味がないので、バランス良く食べましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。