むくみ解消に効果的なグッズは弾性ストッキングです

むくみ解消に効果的なグッズは弾性ストッキングです
むくみを軽減するための色々な方法が推奨されていますが、その中でも弾性ストッキングは効果があると言われています。弾性ストッキングを使用すると、適度な圧力を加えることでポンプ作用をサポートする効果が期待できるでしょう。

つまり弾性ストッキングによって血流が押し流され、むくみの軽減や予防に繋がります。心臓の手術後にも使用するような医療用のタイプが最も理想的ですが、ドラッグストアなどで市販されているようなタイプでも一定の効果はあるでしょう。

むくみを甘く見て放置せずに、早め早めに対策をとってください。

弾性ストッキングでむくみを予防しましょう

むくみに効果があると謳われているグッズは沢山市販されています。その中でも特に弾性ストッキングは、むくみ軽減に適していると言われています。

弾性ストッキングって何?

弾性ストッキングという言葉を聞いたことがある人は多くいると思いますが、一体どんな作用があるのか詳しく知っている人は少ないでしょう。弾性ストッキングとは末端部から心臓に向かって少しずつ圧迫するように作られています。

普段使用しているストッキングなどと異なり、特別な編み方で作られているのが特徴的です。その編み方によってポンプ作用のサポートを行い、水分が溜まることを予防する効果が期待できます。

弾性ストッキングは医療用のタイプが最も良いと言われていますが、近年ドラッグストアやネットなどでも多くの種類が市販されています。手軽に手に入るタイプでも一定の効果は期待できるでしょう。

弾性ストッキングの注意点

弾性ストッキングの効果を得るためには、正しい方法で使用することが大切です。しっかりポイントを押さえて使用しましょう。

弱い圧力のタイプから試す

弾性ストッキングと言っても、加わる圧力が弱いタイプから強いタイプまで様々あります。強いタイプの方が効果がありそうですが、強ければ強いだけトラブルも増える傾向があるようです。

医療用のタイプであっても、そこまで強い圧力がかかる訳ではありません。強いタイプでなければ、むくみが軽減しないような状態であれば医療機関を受診した方が良いでしょう。

トラブルを避けるためにも、まずは弱いタイプを選び症状がどうなのかをチェックしてください。症状に合わせて徐々に圧力を上げるようにしましょう。

フィットしたものを使用する

弾性ストッキングにはS・M・Lなどサイズが決まっています。足首やふくらはぎの太さでサイズは変わってくるので、しっかり自分にフィットしたものを選んでください。

サイズが合っていなければ、効果が半減するだけでなくトラブルを引き起こす恐れもあるので注意しましょう。

あまりにも安いものは避ける

弾性ストッキングは2,000円~5,000円程度で販売されているものが多く、普通のストッキングに比べるとやや高めの金額設定になっています。決して高い物が効果があるという訳ではありませんが、安すぎる場合には編み方が雑など効果が弱い可能性があります。

そのため、適正な価格で販売されている弾性ストッキングを選ぶようにしましょう。

弾性ストッキングは仕事中などに使用すると効果的です

自分にあった弾性ストッキングを選んだ後は、使用するだけです。では弾性ストッキングを使用する方法について説明しましょう。

弾性ストッキングの使用方法
弾性ストッキングの使用方法
使用するタイミング

弾性ストッキングは一日中使用する必要はありません。一日中使用してしまうと肌にストレスをかけてしまい、肌トラブルを引き起こす可能性があるため長時間の使用は避けてください。

使用するタイミングは、むくみが起こりやすいときです。たとえば座ったまま仕事をしている方は、その仕事中に使用するのが最も良いでしょう。

そうすることで、むくみの症状が強くなる前に予防し症状を軽減する効果が期待できます。よく寝るときに使用している人がいますが、この方法では効果が薄いと言われています。

寝ているときだと、すでにむくみが出ているので予防の効果は得られないでしょう。

履き方

弾性ストッキングに履きなれていなければ、使用する際に苦戦するかもしれません。サイズが合っていないと勘違いし、大きめのサイズに変更する人もいるでしょう。

弾性ストッキングは一度にギュッと引き上げるのではなく、つま先からゆっくり履いてください。そうすることで、しっかり末端から圧力を加えることができ効果も十分に得られやすくなります。

市販されているものであれば、履き方についての説明も記載されているので確認してください。

効果がないと感じたら医療機関へ

弾性ストッキングは、医学的にも効果が認められているグッズです。しかし中には効果がないと感じる人もいるでしょう。

その場合には、医療機関でむくみの原因を調べてもらった方が良いでしょう。何らかの内科的要因でむくみを発症している場合には、弾性ストッキングよりも医療的治療が必要です。

水分摂取を怠ると、余計にむくみがひどくなります

弾性ストッキングは、むくみが出ないように働きかけているグッズです。グッズ以外に、むくみの対策として効果があると言われているのが水分です。

水分摂取を怠ると、むくみが出やすい

「むくんでいるから、水分を減らす」という人がいますが、これでは逆効果です。むくみは水分が滞っている証拠だからです。

つまり水分の流れを良くするためにも水分を十分に摂取することが大切です。水分を減らしてしまうと、更に血流が滞ってしまい、むくみの症状が強くなってしまうでしょう。

水分を減らすよりも、何を摂取するかが大切

水分の量を調節するよりも、どのような種類の水分を摂取しているかが大切です。水分の中には、むくみを助長させるものもあり、摂取することでむくみがひどくなる恐れもあります。

むくみ対策のためには、お水を摂取するようにしてください。お水であれば、他の成分がほとんど含有していないためストレスをかけずに摂取できるでしょう。

むくみの症状を出さない身体をつくりましょう

むくみの症状を出さない身体をつくりましょう
むくみは見た目だけの問題ではなく、身体が発している危険信号です。何らかのストレスでむくみが出ていると考え、放置しないようにしましょう。

むくみの放置は危険

むくみをそのまま放置してしまうと、冷え性やセルライトを引き起こすリスクが高まると言われています。反対に冷え性の方は、むくみやすいとも言るでしょう。

また、むくみを長期間放置してしまうと、症状を軽減することが難しくなります。症状が軽いうちに対策を講じることで、悪化を予防することができるでしょう。

身体の内側から変える

弾性ストッキングなどのグッズは予防や軽減することが目的であり、根本的な解決ではありません。根本的に解決するためには日常生活から変えるようにしましょう。

食事や運動などによって身体を変えることができ、むくみが出にくい身体へと整えることができます。

(まとめ)むくみ解消できるオススメのグッズって何?

1.むくみ解消に効果的なグッズは弾性ストッキングです

弾性ストッキングにはポンプ作用をサポートする作用があり、むくみの軽減や予防に効果が期待できます。医療用のタイプが理想的ですが、市販されているタイプでも問題はありません。

むくみを甘く見ずに、早めに対策を講じることが大切です。

2.弾性ストッキングでむくみを予防しましょう

弾性ストッキングは特殊な編み方によって、末端から心臓に向かって圧を加えるものです。選ぶ際には、圧力が弱いタイプから使用してください。

自分にフィットするものでなければ効果が半減してしまいます。値段も適正な価格のものを使用しましょう。

3.弾性ストッキングは仕事中などに使用すると効果的です

弾性ストッキングは、座り仕事などのタイミングで使用してください。長時間使用すると肌トラブルの原因になります。

寝ているときだけ使用しても効果は薄いと言われています。つま先からゆっくり履くことで、圧力をしっかり加えることができるでしょう。

4.水分摂取を怠ると、余計にむくみがひどくなります

むくみは水分が滞っている証拠なので、水分を減らしてしまうと余計に症状を悪化させてしまいます。むくみ軽減のためには水分を十分に摂取するようにしましょう。

むくみ対策のためには、お水が最適です。

5.むくみの症状を出さない身体をつくりましょう

むくみがあると冷え性やセルライトを引き起こす恐れがあります。冷え性の方は、むくみの症状が出やすいでしょう。

根本的な解決をするためにも、日常生活から変えることが大切です。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。