顔のむくみ解消には、起きてすぐのマッサージが最適です

顔のむくみ解消には、起きてすぐのマッサージが最適です
朝起きたら、顔がむくんでいるという人もいるでしょう。この場合にはマッサージが最も効果的と言われています。

起きてすぐに首周囲を丁寧にもみほぐしましょう。また口を膨らませるなどのエクササイズも行うと、より解消しやすくなります。

顔のむくみは寝不足などが原因と言われています。睡眠時間を確保することも予防に繋がるでしょう。

女性の場合にはホルモンのリズムでむくみが出ていることがあります。マッサージしても症状が変わらない、またはひどくなる場合には一度病院やクリニックで検査を受けた方が良いでしょう。

朝起きて、すぐにマッサージやエクササイズを実践しましょう

朝起きると、顔がパンパンにむくんでいることがあります。顔がむくんでいるだけでテンションは下がり、外出したくない気分になってしまいます。

特に朝はゆっくりとした時間もないため、早くむくみを解決したいはずです。そんな時にはマッサージやエクササイズが効果的だと言われています。

少しでもむくみが気になるときには、実践してみてください。

顔のむくみをとるマッサージ

顔がむくんでいると、すぐ顔のマッサージをする人がいますが、実際は顔よりも首のマッサージの方が良いと言われています。顔の余計な水分を流すためには首が凝り固まっていれば、スムーズに流すことができません。

そのため首をマッサージしましょう。

  1. 肩甲骨をゆっくり大きく動かす
  2. 首を左右にゆっくり回す
  3. 鎖骨のくぼんでいるところを2~3回程度押す
  4. マッサージクリームを使用し、顔全体をもみほぐす

上記のような流れでマッサージをすることで、余計な水分を心臓へ運ぶことができます。決して強い力をかけるのはやめてください。

気持ちいいと感じる力加減で実施しましょう。

顔のエクササイズ
  1. 頬を膨らませる
  2. そのまま5秒程度キープ
  3. もとの状態に戻し、5回程度繰り返す

このエクササイズをすることによって、血液の巡りが良くなりむくみの症状を緩和してくれるでしょう。

ローラーなどのアイテムを使う

美顔ローラーなど多くの商品が販売されており、それらの商品を使うのも一つの手です。コロコロ転がすだけなので、手軽にむくみを緩和できます。

ただし顔だけでなく首筋も意識して行ってください。また美顔ローラーも力を入れすぎると、皮膚に負担をかけてしまうので優しくマッサージしましょう。

睡眠不足なども顔のむくみをひどくさせます

睡眠不足なども顔のむくみをひどくさせます
顔のむくみには、原因があると言われています。朝の顔をむくまないようにさせるためには、原因を取り除くようにしましょう。

アルコールや塩分の過剰摂取

アルコールには利尿作用があるため、水分の排出を促します。しかし水分が不足することで、スムーズに老廃物が流れずに溜まってしまうことが考えられるでしょう。

更にアルコールを摂取するときのおつまみは、塩分が多いものが多い傾向にあります。そのため塩分の過剰摂取となりむくみがでやすくなるでしょう。

運動不足

仕事が忙しい、ゲームにはまっているなどで運動をしていない人が多くなってきています。運動不足になると筋力の低下が起こり、むくみやすい身体になってしまうでしょう。

栄養バランスの偏り

健全な身体になるためにも、様々な栄養をバランスよく摂取することが大切です。栄養バランスが偏ってしまうと、身体に不調をきたすリスクが高くなってしまいます。

更にリンパや血液の流れも悪くなり、むくみを呈しやすくなるでしょう。

表情筋の衰え

最近、あまり笑っていないという人もいるかもしれません。顔は小さな筋肉の集合体です。

笑顔など色々な表情をつくることによって、表情筋は鍛えられ血流が良くなります。しかし、反対に表情があまり変えらなければ、筋肉は衰え顔のむくみが出やすくなります。

腎臓など臓器の衰え

腎臓は老廃物などのろ過を行ってくれる重要な臓器です。この臓器が衰えてしまうと、老廃物が蓄積されむくみの要因になるでしょう。

睡眠不足

睡眠時間もむくみがでる要因と言われています。睡眠不足になると自律神経のバランスが悪くなり、血流を阻害される恐れがあるでしょう。

その結果、顔などの部位にむくみとして表れてしまいます。

ホルモンなどの影響でむくんでいる可能性もあるでしょう

女性の場合、ホルモンの分泌によってもむくみやすい時期があります。

月経前症候群

生理の3~10日前ぐらいになると、身体が怠い、ねむいなどの症状が起こることはありませんか?それはホルモンの影響による症状、月経前症候群と言われています。

月経前症候群の症状の一つがむくみです。そのため普段は全くむくみ知らずにも関わらず、一定の期間だけむくみに悩まされることもあります。

ホルモンの影響なので、どんなに日常生活を改善してもむくんでしまいます。そのため、この時期はゆったりと過ごし精神状態を安定させるようにしましょう。

頑張りすぎてしまうと、余計にむくみが強くなるため注意してください。

ホルモンバランスを整えるようにしましょう

年齢に伴ってもホルモンの分泌バランスが乱れてしまいます。そうなれば若いときにはむくみがなくても、年齢とともに症状を招くことがあるでしょう。

ストレスを上手く緩和させることも、ホルモンバランスを整えるためには欠かすことができません。リラックスする時間をつくる、適度に体を動かすなど自分なりのストレス発散方法を見つけてください。

症状がひどくなる場合には、医療機関で検査を受けましょう

症状がひどくなる場合には、医療機関で検査を受けましょう
むくみの中には重篤な症状を患っているケースもあります。

甲状腺機能低下症

甲状腺から分泌するホルモンの量が減ってしまう病気です。この病気を患うと、顔面のむくみなどの症状が起こります。

アレルギー

アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、接触性皮膚炎などの病気でも顔のむくみが起こります。

症状が続くときは医療機関へ

顔のむくみが毎日続く、マッサージなどしても症状が変えらない、症状がひどくなっているなどの場合には、何らかの病気を患っている可能性があります。万が一のことを考え医療機関で検査を受けた方が良いでしょう。

もちろん何もなく生活による影響の可能性もありますが、症状が進行する前に検査を受けることで重篤化を予防することができます。

(まとめ)顔のむくみ解消ってできる?

1.顔のむくみ解消には、起きてすぐのマッサージが最適です

朝のむくみには、マッサージやエクササイズが効果的です。朝起きてから、首周囲をもみほぐす、口を膨らませるなどを実践してください。

睡眠時間を確保することで、むくみ予防に繋がります。症状が変えられない場合には医師に診てもらいましょう。

2.朝起きて、すぐにマッサージやエクササイズを実践しましょう

顔のむくみを緩和するためには、顔だけでなく首のマッサージも大切です。肩甲骨や首などを動かした後で顔のマッサージを行いましょう。

頬を膨らませるなどのエクササイズも効果的です。また、ローラーを使用することで気軽にむくみケアが行えます。

3.睡眠不足なども顔のむくみをひどくさせます

顔のむくみをなくすためには、むくむ原因を取り除くことが大切です。アルコールや塩分の過剰摂取、運動不足、無表情など様々な要因が考えられます。

睡眠不足による自律神経の乱れでもむくみの症状は現れてきます。

4.ホルモンなどの影響でむくんでいる可能性もあるでしょう

女性の場合、生理前にむくみが強くなることがあります。月経前症候群と言われ、倦怠感や眠気などの症状も現れるでしょう。

年齢とともにホルモンのバランスは乱れてしまうため、リラックスタイムを設け、ホルモンバランスを整えましょう。

5.症状がひどくなる場合には、医療機関で検査を受けましょう

甲状腺機能低下症やアレルギーなどの病気を患っている場合も、顔のむくみが現れてきます。顔のむくみが毎日続く、マッサージしても症状が変えらないなどの場合には、早めに医療機関で検査を受けましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。