むくみ解消を即効でできる方法はないので、予防が大切です

むくみ解消を即効でできる方法はないので、予防が大切です
たとえば仕事から帰ってきてできたむくみを即効で解決する方法は、残念ながらありません。むくみをとるためには、どうしても時間がかかってしまいます。

そのためむくみは症状が出る前に予防することが最も大切です。弾性ストッキングの使用や同一肢位を控えるなどの予防を徹底的に行いましょう。また日中は靴ではなくスリッパなどで過ごすのも良いでしょう。

また日ごろからむくみが出ないようにトレーニングなどもしっかり行ってください。日々継続して行うことによって、むくみを解消することができるでしょう。

むくみは予防することが最も大切です

むくみで悩んでいる人の多くが、仕事が終わった時間帯のむくみでしょう。結論から言うと、このむくみの症状を一瞬で解消する方法はありません。

すぐにでもむくみを解消したいと思っているのであれば、むくまないように予防に力を入れることが大切です。

弾性ストッキングの着用

弾性ストッキングとは、下肢静脈瘤などの方に対し医療行為の目的で着用されたものです。そのため以前までは医療機関でしか入手できませんでした。

しかし近年ネットなどでも販売されるようになり、非常に手軽に着用することができるアイテムになっています。弾性ストッキングを着用することで、水分を押し流す力をアップさせる効果が期待できます。

そのためむくみにくい状態にしてくれるでしょう。

同一肢位を控える

むくみは水分が押し流されないことで悪化します。そのため押し流すためにも、姿勢をコロコロ変えることで予防に繋がるでしょう。

座ったまま、立ったままの仕事の方がむくみやすいため、少しウォーキングの回数を増やすことでもむくみの症状は予防できます。どうしても勤務中にウォーキングができない場合には、かかと上げや足の指先を動かすだけでも十分に効果はあるでしょう。

足をリラックスさせる

ピタッとした靴や靴下を履いたままだと、水分が押し流されるのを阻害してしまう恐れがあります。可能であれば勤務中はスリッパなど締まりが強くないものを用いてください。

リラックスの状態を作ることで、スムーズに押し流すことができるでしょう。

むくみのない身体にするためにトレーニングを行いましょう

むくみのない身体にするためにトレーニングを行いましょう
予防を徹底的に取り組むことで、むくみの症状は随分軽減できるのではないでしょうか。しかし、それでも全く浮腫まない訳ではありません。

浮腫まないようにするためにも、全体的なライフスタイルを見直すことが大切です。

トレーニングを行う

トレーニングを行うことで、筋力を増やすことができます。筋力には水分を押し流す作用もあり、筋力をつけることでむくみの症状を解消してくれるでしょう。

特に足のむくみの場合には、下腿部のトレーニングが重要です。かかと上げやスクワット、片足立ちなどのトレーニングを実施してください。

急に始めると筋肉痛などを招く恐れがあるので、段階的に強度や回数を増やしましょう。

水分を補う

水分を補うこともむくみには重要です。よく水分のせいで浮腫むという話を聞きますが、それは全くのデタラメです。むしろ水分を補わない方が浮腫んでしまいます。

ただアルコールなどの水分は、むくみ解消には繋がりません。お水やお茶などを選ぶようにしてください。

冷え症を治す

冷え症とむくみは深く関わっています。そのため冷え症を解消することで、むくみの症状も落ち着いていきます。

冷え症のためには身体の循環を良くすることが大切です。たとえば湯船にゆっくり浸かる、身体を温める献立にするなど取り組みましょう。

口にするものを考える

むくみに効果的と言われているのがカリウムです。カリウムの含有量が多い食品を積極的に補うようにしましょう。

生野菜やキノコ、大豆製品などに幅広く含まれています。そのためバランスよく献立を考えることで、カリウムは十分に補うことができるでしょう。

むくみの症状に合わせたケアを行うことが大切です

むくみの症状は身体からの危険を知らせるサインと言われています。健康な体であれば、むくみに悩まされることは少ないでしょう。

危険なサインとは

夕方少しむくみが出て、翌朝には症状が消失しているような一時的なむくみであれば神経質に考えなくても大丈夫でしょう。しかし長期間むくみの症状が続いている、むくみ方が左右違う、痛みやかゆみもあるなどの場合、内臓などの疾患を併発しているかもしれません。

内蔵などの疾患を併発している場合には、いくら弾性ストッキングを着用しても症状は悪化してしまいます。少しでも早く医師に相談することが大切です。

症状に応じたケアを行いましょう

むくみの症状は千差万別です。そのため自分の症状に合ったケアを行うことが最も大切になります。

上記で述べたように内臓疾患も併発している場合には、医師の指示に従ったケアが重要でしょう。それ以外の場合には筋力が衰えている方はトレーニング、食生活は乱れてる方は食生活の見直しと言った具合に、なぜ浮腫むのかを考えたケアを実践してください。

自分にあったケアを行うことによって、最短の期間でむくみ症状を改善することに繋がるでしょう。つまり合っていないケアだと、なかなか改善することができないため注意してください。

日々継続してケアを行うようにしましょう

日々継続してケアを行うようにしましょう
むくみの症状をケアする場合に、即効性や短期間での効果を求める人がいます。しかしむくみは簡単に改善できる訳ではありません。

長期的な視点で、日々ケアを実施することが最も大切です。

その日のむくみは、その日のうちに

むくみの症状をそのままにしておけば、症状は次第に悪化の一途をたどります。そうなれば改善するまでに余計に時間がかかってしまうでしょう。

少しでも早くむくみの症状を改善したい場合には、その日のむくみはその日のうちにケアを行ってください。そうすることで悪化させることなく、短期間で症状の改善が行ます。

健康な身体が大切

健康な身体に整えることで、血液の流れもスムーズにすることができるでしょう。また内臓などの疾患を予防することもできます。

まずは規則正しい生活を意識してください。過度なストレスなども自律神経に影響を及ぼし、循環に悪影響を与えると言われています。

上手に息抜きしながらストレスの軽減も図りましょう。

(まとめ)即効で、むくみ解消できる方法ってあるの?

1.むくみ解消を即効でできる方法はないので、予防が大切です

一度むくんでしまうと、症状を解消するために時間がかかります。むくみを出さないように予防に力を入れましょう。

長時間の同一肢位を避ける、弾性ストッキングの着用などが効果的です。またトレーニングなどを行い、むくみにくい体質を手に入れてください。

2.むくみは予防することが最も大切です

むくみの症状を一瞬で解消できるような方法はありません。弾性ストッキングを着用し、水分を押し流すようにしましょう。

こまめにウォーキングを行うなどもむくみの予防に繋がります。足を締め付けない格好をすることも大切です。

3.むくみのない身体にするためにトレーニングを行いましょう

浮腫まないようにするためにはライフスタイルを見直すことが大切です。下腿部のトレーニングを行うことで、水分を押し流す効果が期待できるでしょう。

お水やお茶などの水分も積極的に補ってください。湯船にゆっくりと浸かることで冷え性改善に繋がります。

4.むくみの症状に合わせたケアを行うことが大切です

むくみの症状は、身体からの危険を知らせるサインです。長期間むくみの症状が続く、左右差があるなどの場合には、医師に診てもらってください。

自分に合ったケアを行うことで、効率的にむくみ症状を改善することができるでしょう。

5.日々継続してケアを行うようにしましょう

短期間でむくみの症状を改善するためには、その日のむくみはその日のうちにケアしましょう。悪化させてしまうと改善するまでに余計な時間を必要とします。

ストレスも循環に悪影響をきたすので、上手にストレス解消も図りましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。