乳児のお風呂上がりにお水などの水分摂取は、必ずしも必要ではありません


乳児の身体は、代謝がよいため多くの水分を必要としています。多くの汗が出たときには、水分をきちんと摂取する方がよいと言われています。

そのためお風呂上がりには、水分を与える方が望ましいです。ただムリして与えずに、乳児が望んだ量を与えればよいと言われています。

喉が渇いていれば、乳児は泣いて水分を欲します。しかし乾きがなくなれば、あまり飲まないようになります。

乳児が必要な量を飲ませるようにしてください。お風呂上がりには、水分摂取以外にも保湿などのケアをきちんと行いましょう。

乳児が欲する量を与えましょう

乳児の身体は非常に代謝が良く、何もしていなくても多くの水分がなくなっています。そのため体重あたりの水分量は、大人よりも必要になると言われています。

活発に動いた後など多くの汗が出たときには、きちんと水分を摂取することが大切になってきます。お風呂も多くの汗を出します。

つまりお風呂上がりにも水分を摂取する必要はあります。しかし摂取する量は、乳児が欲する量でよいと言われています。

乳児自身が喉が渇いていれば水分を欲するため、お水もたっぷり飲みます。しかし喉が渇いていなければ、あまり飲みません。

ムリに飲ませようとすると、吐くなどの症状をきたす恐れがあるため注意しましょう。ただ乳児によっては、お水などを嫌がる場合もあります。

その場合は母乳を飲ませるようにしましょう。母乳を勢いよく飲むのであれば、喉が渇いている証拠です。

乳児の状況に応じて、何を飲ませるか決めるようにしてください。

・母乳
・ミルク
・白湯
・麦茶
・果汁
・イオン飲料

果汁やイオン飲料には糖分が含まれているため、飲ませすぎには注意するようにしてください。またお風呂前に飲ませすぎるのは控えましょう。

母乳などを飲んだ直後にお風呂に入ることで、吐く場合があります。授乳直後は控え、時間をおいてから入浴を行うようにしましょう。

乳児には、優しいお水を与えるようにしましょう


乳児の消化器官は、まだ発達していません。そのため与えるお水は、なんでも大丈夫という訳ではありません。

消化器官に負担がないように優しいお水を選ぶ必要があります。乳児には、軟水がよいと言われています。

軟水はミネラルなどの成分をほとんど含んでいません。そのため乳児の消化器官に負担をかけずに、飲ませることができます。

ペットボトル飲料などでお水を与える場合は、ラベルを確認してから選ぶようにしてください。市販のペットボトルの場合、ミネラルウォーターなどの製品も多いです。

ミネラルウォーターは、乳児にはあまり向かないと考えられています。乳児の体調を守るためにも、きちんとチェックするようにしてください。

ただし開封してから時間が経過すれば、菌などが増える恐れがあります。できれば開封後は、早めに飲むようにしましょう。

軟水は、ペットボトル以外にもウォーターサーバーでも飲むことができます。ウォーターサーバーであれば、慌てて早く飲む必要はありません。

またお水以外の成分はほとんど含まれていない超軟水も選ぶことができます。超軟水であれば、乳児に安心して与えることができます。

お風呂上がりの保湿ケアも忘れずに行いましょう

お風呂上がりには、水分以外にも保湿ケアが重要になると言われています。まだバリア機能が発達していません。

そのためお風呂上がりの乳児の肌は、乾燥しやすい状態です。しっかり保湿を行うことで、あらゆる肌トラブルを予防することができます。

乳児に優しいタイプの保湿剤などを使用し、きちんとケアするようにしましょう。また乳児を拭く際は、優しく包み込むようにしてください。

ゴシゴシこするようにすることで乾燥を招く恐れがあります。乾燥肌を防ぐためには、お風呂上がり以外にも日々の水分は重要です。

身体の水分が足りないと、乾燥肌になりやすいと言われています。乾燥肌を予防するためにも、毎日しっかり水分を飲ませるようにしましょう。

(まとめ)乳児に風呂上がりに水分は飲ませた方がよいの?

1.乳児のお風呂上がりにお水などの水分摂取は、必ずしも必要ではありません

汗が出たときには、きちんと摂取する必要があります。お風呂上がりなど、乳児が欲していれば飲ませるようにしましょう。

乾きがなければ飲まなくなるため、ムリに飲ませる必要はありません。お風呂上がりには保湿などのケアも行うようにしましょう。

2.乳児が欲する量を与えましょう

体重あたりの水分量は、大人よりも多いと言われています。発汗するときには、水分を補給するようにしましょう。

お風呂上がりも水分は必要です。乳児が欲するまま与えるようにしてください。授乳直後に、お風呂に入るのは控えるようにしましょう。

3.乳児には、優しいお水を与えるようにしましょう

乳児の消化器官は、まだ発達していません。そのため乳児に合ったお水を選ぶようにしてください。

軟水であれば、消化器官に負担をかけずに与えることができます。ペットボトルで与える場合には、開封後早めに飲みきるようにしましょう。

4.お風呂上がりの保湿ケアも忘れずに行いましょう

乳児の肌は、バリア機能が未熟なため肌トラブルが起こりやすいと言われています。お風呂上がりの乳児の肌は、乾燥しやすいと考えられています。

しっかり保湿を行うようにしましょう。水分が足りなくても乾燥するため注意しましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。