1歳児が飲む1日の水分は、体重などによって適切な量が必要です


1歳のときの水分量は、体重や環境などによって変わってきます。体重が10キロ未満であれば、100ミリリットル×体重が必要な水分と言われています。

10キロ以上であれば1000ミリリットル+50ミリリットル×(体重-10)とされています。この量はお水だけでなく、ミルクの量も含まれます。

ただ活動量や季節などによっても水分を調節することが大切になります。脱水を起こさないように注意しましょう。

尿量や顔色などを定期的にチェックしてください。水分が取りやすいような工夫をすることも必要です。

100ml×体重が、1歳児に必要な水分量です

1歳のときには、まだ上手く自分の感情を伝えることができません。そのため大人が水分をしっかり補給させることが重要になってきます。

一般的に体重が10キロまでであれば、100ml×体重程度が1日に必要な水分量と言われています。11キロから20キロまでであれば、1000ミリリットル+50ミリリットル×(体重-10)と考えられています。

この必要量には、授乳の量も含まれています。また必ずこの量を飲ませるという訳ではありません。

発汗量や活動量、体調などによって水分量は調節する必要があります。たとえば夏場や発熱時など発汗量が多い場合には、水分を多めに飲むことが大切です。

ただ飲ませる水分は、なんでもよいという訳ではありません。糖分が多く含まれる果汁やジュースなどは、カロリーが高く虫歯になるリスクも上がってきます。

できればお水やお茶などを中心に飲ませるようにしてください。1歳頃から味の濃い飲み物を与えてしまうと、無味のお水や味の薄いお茶などは飲まなくなってしまいます。

1歳のときには、ジュースなどはあまり飲ませないようにしましょう。飲ませる場合でも、お水で薄めるなど工夫してください。

脱水症状のサインを見逃さないようにしましょう


1歳のときには、水分が足りているのか見極めることが大切になってきます。

尿の状態

尿が出ているかどうかは、脱水症状の重要なサインになります。半日以上尿が出ていなければ、脱水症状が起きている恐れがあります。

また尿が濃い、臭いが強いなども注意が必要です。オムツを確認し、いつもと違う症状がある場合には、用心してください。

乾燥

くちびるが乾いているなど乾燥がある場合にも脱水症状の可能性があります。1歳のときには、基本的にくちびるなどは潤っています。

そのため乾燥がある場合には、すぐに水分を飲ませるようにしてください。

体温

夏なのに手足が冷たいなどの症状がある場合には注意しましょう。身体の水分が足りずに、体温調整が上手くいっていない可能性があります。

夏の遊びなどは、手足の体温も確認するようにしてください。

ほかにもグタッとしている、元気がない、声かけに反応しないなどの症状がある場合には、脱水症状が進行している恐れがあります。

そうなると水分を飲ませるだけでは、症状が改善しないと言われています。

少しでも異変があるときは、病院を早めに受診するようにしてください。

1歳児が飲みやすいように工夫しましょう

1歳のときには、少しずつ断乳を始める子も増えてきます。断乳の最初は、水分を嫌がる子も多くいます。

そのため水分を飲みやすいような工夫をすることが大切です。

ストローやコップを工夫する

乳首の硬さなどは、好みのタイプがあります。そのためその子に合った硬さなどを選ぶ様にしましょう。

またストロータイプの方が飲みやすい場合もあるため、さまざまな種類を試してください。どうしても飲まない場合には、スプーンで与えても構いません。

環境を工夫する

水分を飲みやすいように、いつでも手に届く範囲にマグなどを用意しておきましょう。マグも興味を引くように、好きなキャラクターなどにしてもいいでしょう。

健やかな成長のためにも、しっかり水分を必要な量飲ませましょう。

(まとめ)1歳のときって1日に水分をどのくらい飲むの?

1.1歳児が飲む1日の水分は、体重などによって適切な量が必要です

1日に必要な水分量は、体重が10キロ未満であれば、100ミリリットル×体重です。季節や活動量などによって、水分量を調節することが大切です。

脱水を起こさないように注意しましょう。尿量や顔色などを定期的にチェックしてください。

2.100ml×体重が、1歳児に必要な水分量です

大人が水分を調整するようにしましょう。体重の1割程度の水分を与えるようにしてください。発汗量などで水分を調整することが大切です。1歳は、お水やお茶などを中心に水分を与えましょう。

ジュースを与える場合には、お水で薄めるようにしてください。

3.脱水症状のサインを見逃さないようにしましょう

尿が出ていない、色が濃い、臭いが強いなどの症状がある場合には、脱水症状の可能性があります。くちびるが乾燥している、手足が冷たいなども脱水のサインです。

グッタリしているなど異変がある場合には、すぐに病院を受診するようにしましょう。

4.1歳児が飲みやすいように工夫しましょう

乳首の硬さなど、その子にあった好みのものを選ぶようにしましょう。どうしても飲まない場合には、スプーンで与えるようにしてください。

いつでも飲めるように、手の届く範囲にマグなどを用意するようにしましょう。