ダイエットのためには、レモン入りの水分も効果的です


レモンには古くから消毒や殺菌などの効果があると考えられていました。古代エジプト時代には、魚や肉を腐食させないためにもレモンを使っていたと言われています。

レモンには胃もたれを予防する効果が期待できます。胃腸のぜん動運動を促進するため、便通促進などに繋がるでしょう。

そのため朝1杯のレモン水が良いと考えられています。10分程度時間をかけて摂取してください。

胃腸が弱い方は、レモンの量を減らすようにしましょう。ダイエットのためには、エクササイズも行ってください。

レモンには疲労回復などの効果も期待できます

レモンは古い時代から広い範囲で栽培され、使用されてきました。古代エジプトでは、魚や肉の腐食を予防するためにレモンを使用していたという報告もあります。

基本的にレモンは食用ですが、強い殺菌や消毒作用があるため豊富な用途があるでしょう。

消毒・殺菌

レモンには抗菌性が高いと言われています。そのため掃除などにも用いられる場合があるでしょう。

レモンとしてだけでなく、レモンに含まれるクエン酸として広く販売されています。

肌のシミ予防

レモンにはビタミンCが多く含まれています。その含有量は、ほかの柑橘系の中でもトップクラスと言われるほどです。

ビタミンCには、メラニン色素を減少させる作用があると考えられています。さらに抗酸化作用も高いため、肌のシミやそばかすなどを予防し、美白に導いてくれるでしょう。

疲労回復

レモンと言えば、疲労回復と考えている人もいるでしょう。それはレモンに含まれるクエン酸によるものです。

クエン酸はエネルギーを生成する作用があります。運動などで疲れた時は、レモンが効果的でしょう。

リラックス・ストレス解消

レモンの香り成分には、脳内のα波を増やす効果が期待できます。α波には、脳をリラックスさせる作用があります。

特に、この成分は皮に多く含まれているため、皮も捨てずに活用してください。

血圧を低下させる

レモンにはポリフェノールなどの成分が含まれています。その成分によって、血管を丈夫にさせ血圧を低下させる効果が期待できるでしょう。

さらにコレステロールの上昇を予防する効果などもあると言われています。

体内時計を整える

レモンの酸味によって、交感神経を刺激することができます。そのため朝飲むことで、目覚めを良くする作用があるでしょう。

消化促進

レモンには消化を助ける作用があると言われています。さらに胃腸のぜん動運動を促進する効果も期待できるでしょう。

そのため食べ過ぎた時や胃もたれ時に摂取してください。

レモンには豊富な効果が期待できます。症状に応じて、レモンを取り入れると良いでしょう。

朝に1杯程度、レモン水を摂取すると良いでしょう


レモンの効果を得るためには、どのような方法でレモンを摂取しても構いません。その一つの方法がレモン水です。

レモン水の作り方

1.お水を沸騰させます。
2.コップに200㎖程度注ぎましょう。
3.レモンの果汁を5滴ほど加えます。

これでレモン水の完成です。ただレモンは刺激が比較的強い特徴があります。

そのため胃腸が弱い方は、レモンの量を少なめに調節してください。体調をみながら、レモンを増やすようにしましょう。

レモン水の摂取方法

レモン水は朝摂取すると良いと言われています。10分程度時間をかけながら、ゆっくり摂取しましょう。

一気に摂取すると、刺激によって胃腸に負担をかけてしまう恐れがあります。また摂取のし過ぎは良くありません。

1日1杯程度に抑えるようにしましょう。

レモン水を摂取する注意点

屋外での活動がメインの方は、朝の摂取はおすすめできません。レモンは紫外線に反応し、シミやそばかすの原因になる恐れがあります。

そのためレモン水を摂取した直後は、紫外線に当たらないようにしましょう。夜に摂取することで、疲労回復やリラックス効果を得やすくなるでしょう。

ダイエットのためには冷やさない方が良いでしょう

レモン水を冷やした状態で摂取する人がいます。冷やした方が飲みやすくはなりますが、ダイエットには向きません。

ダイエットのためには冷やさずに温めるようにしましょう。

冷やすと良くない理由

冷たい飲み物を摂取すると、胃腸の温度を下げてしまいます。その結果、代謝を落とす原因になってしまうでしょう。

ダイエットのためには代謝を上げることが大切です。そのため冷たい水分は控えてください。

レモン水も温かな状態で摂取しましょう。

レモン水以外にお水を摂取する

レモン水は胃腸のためにも1杯程度が良いでしょう。そのため日常の水分摂取は、お水にしてください。

お水はノンカロリーです。そのためダイエットには最適な飲み物でしょう。

1日あたり1500~2000㎖摂取してください。常にお水を持ち歩くことで、効率的に水分摂取ができると言われています。

いつでもお水が摂取できるような環境をつくりましょう。

ダイエットにはエクササイズも取り入れましょう


ダイエットのためには、エクササイズも大切です。エクササイズを行うことで消費カロリーを増やします。

また筋肉量が増えれば、基礎代謝も上がりやすくなるでしょう。つまり痩せ体質に変化させる効果が期待できます。

日常にエクササイズを取り入れる

エクササイズに時間をさけるのであれば、問題はないでしょう。ただ仕事などが忙しければ、エクササイズを毎日行えません。

そのため階段を使う、歩く距離を増やすなど日常の生活でエクササイズを取り入れましょう。簡単なもので構いません。

続けられるエクササイズを行うことが大切です。

痛みや違和感に注意する

痛みや違和感があるのに、エクササイズを無理して行えば、症状を悪化させてしまう恐れがあります。その結果、エクササイズができなくなってしまうでしょう。

そのため早めに痛みを取り除くことが大切です。痛みが取れない、腫れがあるなどの症状がある場合には整形外科などで診てもらってください。

痛みに応じて、無理のない範囲のエクササイズを選択しましょう。

(まとめ)ダイエット中の水分は、レモンを加えた方が効果的?

1.ダイエットのためには、レモン入りの水分も効果的です

レモンは古代エジプト時代にも使っていた食材です。胃もたれを予防する効果が期待できます。

朝1杯のレモン水を飲みましょう。胃腸が弱い方はレモンの量を調節してください。

ダイエットのためにはエクササイズも行いましょう。

2.レモンには疲労回復などの効果も期待できます

レモンは古い時代から広い範囲で栽培され、使用されてきました。消毒や殺菌、リラックスなどの効果など様々です。

消化を促進するなどの効果が期待でき、胃もたれ時に摂取しましょう。レモンを上手に取り入れてください。

3.朝に1杯程度、レモン水を摂取すると良いでしょう

レモン水は200㎖程度にレモン果汁を5滴ほど加えましょう。胃腸が弱い方は、レモンを少なめに調節してください。

朝、10分程度時間をかけて飲みましょう。屋外で活動する方は朝の摂取は控えてください。

シミなどの原因になる恐れがあります。

4.ダイエットのためには冷やさない方が良いでしょう

冷たい飲み物は、代謝を落とす原因になってしまいます。温かな水分を摂取し、代謝を上げるようにしましょう。

レモン水は1日1杯にしてください。日常はノンカロリーのお水を飲みましょう。

お水を常に飲めるような環境をつくることが大切です。

5.ダイエットにはエクササイズも取り入れましょう

ダイエットのためにはエクササイズを取り入れましょう。筋肉量が増えれば、痩せ体質に変化させる効果が期待できます。

階段を使用するなどのエクササイズを日常的に取り入れましょう。痛みなどがないように無理せず行ってください。